2015年にプレイした「ボードゲームベスト10選」を選んでみた(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ブレーキングアウェイ

こちらは、後編となっておりますが、このベスト10は、あくまで「セレクション」であり、「ランキング」ではございません。ですので、前編を読んでいない方でも問題なく楽しんで読むことができると思います。

前編はこちらから↓
2015年にプレイした「ボードゲームベスト10選」を選んでみた(前編)

それでは、2015年の後半にプレイしたボードゲームの中から、特に印象に残ったボードゲーム10個の後編をお楽しみください。


スポンサーリンク

No.006 『8と1/2』

8と1/2

「このゲームは人生の縮図である」と言われたカードゲーム。
内容はウノのように自分の手札を出し切るゲームなのだが、ほぼ運ゲー。
だが、「人生の縮図」と思っているだけで、雰囲気がものすごく変わる。
インストって大事だなと改めて気づかせてくれた作品。
ぜひとも「人生の縮図」という謎の不条理をこのゲームで体感してほしい。

No.007 『スープぎらい』

スープぎらい

他の人に料理をおしつけ、太らせてしまうというテーマのボードゲーム。
こんな豪華なボードやいろんな料理が書かれたカードがあるのに、内容はこれまたウノのように手札を出し切れば良いというシステムだ。
このゲームもまた、テーマは大事ということを教えてくれた。
人にカロリーの高い食事をおしつけるというだけで、とても盛り上がった。
知らない人とやるよりも、なんでも言える仲の友人とやるとさらに面白い。

No.008 『ザ・ゲーム』

ザ・ゲーム

やっと今年出たゲームの登場となります(笑)2015年ノミネート作品。
個人的にはノミネートされた3つの中で一番好きな作品。
協力ゲーといえば、面倒くさい複雑なルールが多いイメージがあったが、このゲームにはそれがなかった。それでいて、異様な見た目もこれまた面白い。
そして何より数字を上げ下げするだけなので、ボードゲームを全く知らない人でも楽しめる作品というところも良かった。タイトルがSEOガン無視なところも今となってはノミネートされて有名だから、結果オーライだと思う(笑)

No.009 ニュー・オーダー

ニュー・オーダー

今回紹介する中で、おそらく一番入手が難しい。というかほぼ不可能。
ゲームマーケットの記念すべき第1回に発売されたボードゲーム。
日本のクニツィアとも呼ばれた古参のボードゲームブランド「骨折ゲームズ」の作品の1つで、「さすが日本のクニツィア」と思わせるような作品だった。
コンポーネントも可愛らしい消しゴムを使うなど、テーマにこだわらないところもまたクニツィアらしい。また製作してくれないかな・・・。

No.010 ブレーキングアウェイ

ブレーキングアウェイ

ゲームマーケット2015秋の新作。今回紹介する中で一番手に入りやすい。
1991年に登場した傑作レースゲームのリメイク。古参のボードゲーマーに人気だが、レアゲーのため、なかなかプレイできなかったが、やっとプレイ!
噂通り、レースゲームの中ではトップクラスの面白さだった。あと、弱虫ペダル読んでいる人は絶対好きだと思うからぜひ。ただし、大人数でやるとグダりやすいので、4人か5人、多くても6人がベスト。ここだけは注意。

といった感じで2015年のボードゲームベスト10をまとめてみました。
2015年、本当にたくさんのボードゲームと一緒にプレイしてくださる人に恵まれ、幸せな時間を過ごせたと思います。

来年もどんなゲームをプレイできるか楽しみでしかたありません。
世の中にはまだまだいろんなゲームがありますので、
みなさんも自分にあった素敵なボードゲームを見つけていきましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket