テトリス…じゃない!高みを目指す積み上げゲーム「99 Bricks」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
title のコピー

一見すると「テトリスかな?」と思わせるゲーム画面ですが、実際にプレイしてみるとその目的も積みあがっていく感触も大違い! 今回ご紹介するのは、積み上げ系バランスゲーム「99 Bricks」です。
過去記事「バランス感覚を鍛えよう!積み上げ(物理演算)ゲーム4選」では、他にもさまざまなバランスゲームが登場します。興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

なじみ深い操作方法

落下してくるブロックを方向キーで移動、スペースキーで回転して、足場に積み上げていきます。[↑]キーでも回転できますが、スペースキーと回転方向は同じ。本家テトリスで逆方向の回転に慣れてしまっていた方は、少し戸惑うかもしれませんね。
[C]キーを押すと、現在出ているブロックを一瞬で捨てることができます。画面左右の足場がない部分へ落下させることでもブロックを捨てられますが、[C]キーを使いこなせばより効率が上がるでしょう。

how
出典元:©WeirdBeardGames/©2015 Kongregate

テトリスとどう違う?

まず、プレイを開始した直後に、誰もが「横一列にスキマなく並べても、ブロックは消えない」という点に最初に気がつくでしょう。ただし、だからといって「スキマなく並べる行為にまったく意味がない」とは言い切れません。バランスが重要な積み上げゲームなので、ブロック1マス分さえ重量の差が出ることは避けたいですよね。
また、ブロックが物理演算により制御されているので、どんなにキレイに積み上げていても、高さが増すごとにバランスが崩れやすくなっています。ブロック20マス分の高さをこえるあたりから、積み上げたブロックがユラユラと揺れ始めることでしょう。ピッタリ位置を合わせて落下させたはずのブロックも、角にひっかかって思い通りの位置にフィットしない可能性が高くなってくるのです。

tower
出典元:©WeirdBeardGames/©2015 Kongregate

物理演算ならではの攻略法

また、ただ敷き詰めるだけではない「ブロックのかみ合わせ方」も重要な要素になってくるでしょう。例えば、土台となる下段のブロックの継ぎ目をふさぐように積んでみてください。
本家テトリスの感覚でプレイしていると、ついつい一番端にいわゆる「テトリス棒」を立ててしまいがちですが、このゲームにおいては悪手と言わざるを得ません。ブロックタワーが揺らぎ始めると、左右の端にある縦長のブロックが真っ先に「はがれ落ち候補」となるのです。
途中からタワーの幅を土台より少しずつ細くする「ピラミッド積み」も有効です。
画面右に「BRICKS LEFT:」とある下の数字が残りのブロック数です。ここをチェックし、残りわずかとなったらラストスパート! 最後の1~2個でテトリス棒が出たなら、思い切って縦に積んで高さを稼ぐのも良いかもしれません。スコアは、最終的な高さではなくプレイ中に到達した最高地点で決まります。タワーが崩れるリスクを抑えるのは中盤まで! 終盤にはあえて冒険してみてもいいでしょう。

high
出典元:©WeirdBeardGames/©2015 Kongregate

おわりに

筆者のハイスコアは469です。みなさんもぜひ、より高い自己ハイスコア目指してがんばってみてください! コツをつかめば筆者の記録はすぐに超えられるでしょう。私もやり込めばもっと伸ばせそうな気はしていますが…… いえ、負け惜しみではないですよ!

■KONGREGATE:http://www.kongregate.com/games/WeirdBeardGames/99-bricks

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket