世界初のVRボードゲーム『アニュビスの仮面』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
title

VRとはヴァーチャルリアリティー(仮想現実)の略称だ。
このVRを使ったボードゲームが世界で初めて製作された。
それがこの『アニュビスの仮面』だ。


スポンサーリンク

VRとボードゲームが見事に融合!

まずはこちらの動画を見てもらいたい。
参加者はまず、「アニュビスの仮面」と呼ばれる仮面をかぶる。
この仮面の中には、iPhoneが入っており、アプリでVRを体感できるのだ。

back

もちろん、ただ感動しているだけではいけない。
プレイヤーは仲間と協力して、VRで体現されたピラミッドの迷宮を解読し、ピラミッドの地図を完成させなければならないのだ。

だが、この記事を読んでいるだけなら、簡単に見えるかもしれない。
VRはとても鮮明だし、迷宮もそこまで複雑じゃなさそうだからだ。
しかし、やってみるとこれが一筋縄ではいかない。

もう1度、VRを見てみよう。
今、この動画ではくるくると方向を変えてみることができる。
しかし、この動画を見ている人(=仮面をかぶっている人)は、ゲームを実際にプレイしている中ではひとりしかいない。

つまり、そのひとりがうまく他の人に迷宮の構造を伝えなければならないのだ。
しかも伝えられる制限時間はたったの1分。これがかなり難しい。
しかし、達成したときに感動は計り知れないのもまた事実だ。
まさにVRとボードゲームが見事融合した作品といえるだろう。

ニッチを攻めるゲーム会社「ギフトテンインダストリ」

今回、世界初のVRボードゲームを開発したギフトテンインダストリさんの濱田さんにいろいろとお話を聞いてみた。

ギフトテンインダストリさんといえば、「アラビアの壺」をはじめ、視覚障害者向けのゲームを中心に製作していたイメージの会社だ。

alabia

今回のゲームは視覚障害者の方にはプレイできないゲームであり、個人的には方向性を変えたゲームかと思っていたが、ギフトテンインダストリさんの軸は「視覚障害者向けのゲーム」ではなく、「ニッチな市場向けのゲーム」というお話だった。なるほど。

さて、このゲームが生まれたきっかけは昨年の6月にゲーム開発者の集まりがあり、濱田さんがそこで再会した方から「VRネタで何かやりたい」と持ちかけられたのがスタートだったそう。

alabia-vr

開発期間は濱田さんとその方のふたりで、3ヶ月を経て試作が完成。
最初、世界観は一切なく、色や図形を目印に遊ぶものだったそうだ。
たしかに完成した今のゲームとはかなり違うようだ。

map
(ちなみにこちらが当時の地図。目が怖い!)

濱田さんは、このゲームの世界観の選定にとても悩んだという。
今回は、最もベタ(開発者談)な「冒険者とピラミッド」というテーマになったが、「博物館と怪盗」というテーマも上がっていたそうだ。

thema
(「博物館と怪盗」テーマ版がこちら。こっちもいい雰囲気!)

ギフトテンインダストリさんのこだわり、ここにあり!

kodawari

今回のゲーム『アニュビスの仮面』のこだわりといえば、やはりこの仮面。
VRを使うのであれば、VRを見るためのiPhoneを入れるスペースさえあればいい気もするが、『アニュビスの仮面』というタイトルの元ネタでもある「アヌビスの仮面」が忠実に再現されているのがわかる。

仮面の設計を担当した佐藤さんにもお話をお聞きしたところ、佐藤さんは立体物が得意で仮面の開発にあまり苦労はなかったとのこと。
しかし、それでも試作は8つくらいあるそうだ。
今回はその貴重な途中経過もいくつかご紹介したい。

mask
(仮面試作 no.1 ロボットみたいな見た目ですね)

mask2
(仮面試作 no.2 若干動物のように見えますね)

mask3
(仮面試作 no.3 かなり完成に近づいていて、かっこいいです)

今までの試作の仮面を見ているだけでも、こだわりが伝わってきますね。

さて、ギフトテンインダストリさんのゲームは、「アラビアの壺」、
「ダッタカモの文明の謎」、そして「アニュビスの仮面」とエジプトや古代文明のテーマが中心となっています。

dattakamo

これは、開発者の濱田さんや佐藤さんが好きなのではないかと思い、お聞きしてみたところ、濱田さんは中東と南米にバックパッカー旅行を
していたことがあり、その影響が出たのかもしれないとお話していました。

ちなみに佐藤さんは、エジプトが好きすぎて、ヒエログリフが書けるそう!
ゲームにもモノリスがいくつか登場し、ヒエログリフが書かれていますが、もしかしたら、佐藤さんからのメッセージがあるかもしれませんね(笑)

ちなみに、そんな佐藤さんの最近のお気に入りはボリビアのプマ・プンク遺跡だそう。
石器時代の初めにつくられたのにもかかわらず、とても正確な形が特徴で、もしかしたら異星人がつくったのではないかと終始ワクワクしているそう。
(※ボリビアの遺跡???と思いながら調べてみたら、すごかったです!)

今までになかった全く新しいボードゲームを体験せよ!

game all

以上、世界初のVRボードゲーム『アニュビスの仮面』を紹介してきました。
世界初という名にふさわしい、今までに体感したことのないゲームですね。

さらにこのゲーム、ボードゲームに普段慣れていない人でもとても楽しめます。
仮面をかぶるのも楽しいですし、VRを初めて見たのも感動しました。
また、みんなで地図を完成させていくので仲間意識も芽生えますし、難しさも調整できますので、難しさを求める方にもおすすめです。

もし、興味のある方は、ぜひ一度、体験してみてはいかがでしょうか?

■『アニュビスの仮面』HP:http://anyubis.com/
■「ギフトテンインダストリ」HP:http://gift10.net/

画像出典元:©GIFT TEN INDUSTRY K.K.

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket