超高速正体隠匿型徳島御当地寿司作りゲーム『いきあたりバッテラ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
13177227_1005794762829847_1644335147953749197_n

今回のゲームマーケット2016春では、初めてATMに駆け込むほど金欠し、購入数が40個を超え、新記録を樹立したわけですが、その数ある中をプレイし、衝撃的なゲームに出会えたので、勢いでこの記事を書いてしまいました。

その衝撃をくれたゲームがこの『いきあたりバッテラ』。
バッテラって書いてあるのに、表紙のイラストが唐揚げなのが非常にユニーク。


スポンサーリンク

13240170_1005794856163171_4767535243381849172_n

そもそもこのゲームを買う前、販売ブースの「しらたまゲームズ」さんにて、
「このゲームを体験したお客さんはほぼ100%購入されたんですよ〜。」
という話が耳に入っていたんですが、
「500円でタイトル面白いから、そりゃね」
くらいにしか思っていなかったのですが、今思うと、本当に買ってよかった。

日本でも人気のカードゲーム「お邪魔者」の超シンプル版

13179359_1005794776163179_8493730081500712723_n

早速、ゲームの紹介に入ろう。

このゲームはざっくりいうと、「超お手軽な”お邪魔者”」だ。これは、しらたまゲームズさんも言っていたから、問題ないと思う。

ゲームが始まる前に、「役職」というカードが配られる。役職は2種類。真面目にバッテラをつくる職人(通称:おやじ)、こっそりとバッテラ作りを邪魔する邪魔者(通称)よそもの)だ。

この2種類のうち、どちらかが配られ、プレイヤーはチームわけされる。しかし、このカードはゲームが終わるまで公開されないのだ。
(上記の写真は6人プレイの場合。よって、1枚は使われない。)

つまり、ゲームをしている間は、誰がおやじで、誰がよそものかわからない。
そんな疑心暗鬼(ゲーム中はそんな空気は微塵もないが)な状況でやるのだ。

さぁ!今日も”いきあたりバッテラ”でバッテラをつくろう!

13164469_1005794849496505_4171174406236527596_n

このゲームのバッテラ作りはさほど難しくない。
各プレイヤーには、2枚の手札が配られ、自分のターンになったら、1枚場に出していくだけだ。

3枚目が出されたら、バッテラが完成したかチェック。
上記のような「昆布」「鯖」「酢飯」の3枚を場に出したら完成だ。

13178805_1005794779496512_4510646794629876748_n

もちろん、具材が揃わなければ、バッテラは完成しない。
例えば、鯖が足らず、酢飯が多くなって、ただの昆布飯になってしまうだとか、なぜか唐揚が混じってしまったりすると、失敗になるのだ。

13179359_1005794776163179_8493730081500712723_n

そんな感じでバッテラをつくっていき、バッテラを2個完成させると、おやじに1点。バッテラを3個失敗させると、よそものに3点が入る。
全体で10個のバッテラ作り(完成・失敗に関係なく)が終わったら、ラウンド終了。3ラウンド行って、得点が高い人の勝ちだ。

『いきあたりバッテラ』名物!究極奥義『故郷へ帰れ』!!

13177624_1005794766163180_2313187232258927249_n

ここまでも十分面白いのだが、このゲームで一番面白いのは、「故郷へ帰れ」カードを使うときで、間違いないだろう。
(※左は「故郷へ帰れ」の裏側にある得点を表すカード)

このカードの能力は正直、とても恐ろしい。それは「誰か1人を指名し、カードを出させなくする」というもの。

そもそも、このゲーム、やることは「カードを出すこと」しかない。つまり、「故郷へ帰れ」カードをくらったプレイヤーは、何もできなくなるのだ。

文字通り、「追放」である。

そして、さらに恐ろしいのが、このカードを使用する敷居の低さだ。
条件はたったの2つしかなく、プレイヤー自身には、ほとんどリスクがない。

  • 役職カードを公開し、自分がおやじであること。(よそものは使えない)
  • このカードを使ったターンは、材料カードを出すことができない。

たったこれだけ。間違ったら自分が脱落とかそういうのは一切ない。
極論的に言えば、1ターン目でいきなり、誰かを追放することだってできる。
しかも、独断と偏見だけで可能なのだ。これは恐ろしすぎる。

そして、見事、故郷へ帰らせた相手がよそものであれば、帰らせたプレイヤーだけに+3点が入る。(チームでもらえるわけではない!)ちなみに、故郷へ帰らされたよそものは、自分だけ、得点が0になってしまう。

そんなスリルと戦いながら、今日もよそものはバッテラを失敗させるのだ。

さぁ、あとはみんなで、Let’sいきあたりバッテラ!!

13177227_1005794762829847_1644335147953749197_n

普通にバッテラをつくろうとしても、手札が2枚しかないので、
なかなか思うようにつくれない点、というか、おやじさんは、
真面目につくっていても、あまり得点が稼げません。

13177624_1005794766163180_2313187232258927249_n

なので、必然的に「故郷へ帰れ」で、よそものをあぶり出して、
自分だけ+3点の高得点を狙うわけですが、正体は非公開のため、間違えて仲間を故郷へ帰らせてしまうと、自分の首をしめることになります。

また、よそもの側も手札2枚というきつい縛りで、「ないんです〜」とか言いながら、ちゃっかり妨害するのも楽しいし、だからといって、調子乗るとすぐにバレて故郷に強制送還されます。なかなかのスリル。

日本でも有名なカードゲーム『お邪魔者』は、金鉱堀よりも、お邪魔者側が楽しいというイメージが強いですが、『いきあたりバッテラ』のいいところは、どちらの陣営でも、それぞれの面白さが際立っているところとも言えるでしょう。

と、いろいろ語りましたが、本当に久方ぶりに素敵なゲームに出会えた。
と感じました!しらたまゲームズさん、ありがとうございます!
もし、見かけたら、みなさんもぜひプレイしてみてください。

13177227_1005794762829847_1644335147953749197_n

■しらたまゲームス:http://lazfrozentear.tumblr.com/

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket