ワクチンでウィルス退治!「BioLabs Outbreak!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
title

壮大なストーリーも複雑なルールもなく、ただ淡々とした作業をさせられるだけ…… それなのになぜかプレイが止まらない、スルメをかむような中毒性の高いゲームがあります。
今回ご紹介する「BioLabs Outbreak!」もそんなスルメゲームのひとつです。

マウスは注射器!ワクチンを射ち込め

how

ワクチンを射ち込んでウィルスを滅することが目的です。
うごめいている赤いトゲトゲがウィルスで、これが死ぬと緑色に変化。
右側に表示された注射器を見ると、使用可能なワクチンの量が確認できます。
ウィルスをすべて退治する前にワクチンが尽きてしまうと、ミッション失敗……!

マウスクリックを長押しする間、ワクチンの注入が行われます。
ワクチンはバブル状に膨らんでいきますが、膨らませる途中でウィルスに触れると破裂するので注意!
破裂した場合にも使ったぶんのワクチン量は消費されてしまいます。
クリックを離すと注入されたワクチンは状態が安定し、ウィルスに触れても壊れることがなくなるので、このワクチンでウィルスを囲い込み死滅に追い込むのです。

ウィルスとワクチンの性質を理解せよ

big

ゲームオーバーになっても同じステージのリトライから開始できるので、あきらめずにチャレンジを続ければ先へ進むことができるゲームです。

第一に、ワクチン不足によるゲームオーバーを回避しなければいけません。
画面内をまんべんなく埋め尽くすほどの量はないので、細かい注入を繰り返してはすぐに残量が尽きるでしょう。
なるべく大きなバブルを作り、円同士のスキマにウィルスを追い込むことが重要です。
ステージが進むとウィルスの数が増えるので、大きく膨らませるのは至難の業。

そこで役立つのが、安定すると上方向に浮上するワクチンバブルの性質です。
ワクチンの下からバブルを投与すると、ウィルスは上方向へ押し上げられます。
活発に動き回るウィルスはピッタリと閉じ込めなければ脱出されてしまいますが、大きなバブルを作るためのスペースと時間稼ぎには少し押し上げるだけでも十分!

場が狭くなってくると、ウィルスに触れないようにワクチンを投与することが難しくなってきます。
ウィルスが動き回っているスペースに直接ではなく、バブルをひとつはさんだ裏側に空間があるならチャンス!
バブルの後ろから投与を繰り返すテクニックを試してみましょう。
安定したワクチンバブル同士で押し合い影響しあう性質があるので、既にあるバブルを安全な場所から押し出すのです。

飽きたわ~!300ステージはプレイしたけどね

このゲーム、ステージが進むにつれておきる変化は「ウィルスが増えること」だけ。
あまりに単純な内容なので、プレイヤーの間からは「飽きた」という声が上がっている様子も見られます。
しかし、その発言に至るまでのステージ数を聞いてみると…… なんと、100~200ステージは進んでいるというのです。
これは、100ステージは遊べるだけの中毒性がある証拠かもしれませんね。

また、進むたびにウィルスが増えて難易度が上がっていくことは前述のとおりです。
しかし、その常識が通用するのも序盤ステージまで。
あるラインから、難易度の変化には面白い傾向が見られます。
ウィルスが増えすぎてお互いがお互いの行動を阻害し、ワクチンをほとんど投与しなくても勝手に死滅していく状態になるというのです。
その状態を見るためだけにゲームページを閉じずに数日プレイを続けるというプレイヤーも少なくありません。

■ARMOR GAMES:http://armorgames.com/play/1005/biolabs-outbreak

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket