縦スクロール弾幕シューティングゲームまとめ~CAVEの蜂シリーズから6選~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
最大往生

弾幕シューティングゲームはご存じでしょうか?
美しい弾幕に彩られる画面には思わず目が釘付けになってしまいます。それに、弾幕が画面を埋め尽くしていても、自機の当たり判定は小さめのため、避ける・やり過ごすことができるのも魅力の一つ。

今回は数多くある弾幕シューティングゲームから、CAVEよりリリースされた「蜂シリーズ」と呼ばれるものを6個紹介します。

『怒首領蜂(どどんぱち)』~真ボスは「火蜂」だよ~

どどんぱち

『怒首領蜂』は1997年にリリースされたゲームです。武器はショット・レーザー・ボンバーの3種類。自機(オプションのスタイルが異なります)は3種類、強化(ショットかレーザー)は2種類から選べます。

魅力~シンプルに爽快に進めていける~

後述する他シリーズではシステムが追加されており若干複雑になっているのですが、この『怒首領蜂』は実にシンプル。レーザーでなかなか壊れない固い敵を、ショットで雑魚敵を、つらくなったらボンバーを・・・といった形でシンプルに進められるのです!

PlayStation.com『怒首領蜂』:
http://www.jp.playstation.com/software/title/jp0571npjj00377_000000000000000001.html

『怒首領蜂大往生』~真ボスは「緋蜂」だよ~

『怒首領蜂大往生』は2002年にリリースされたゲーム。
武器はショット・レーザー・ボムの3種類。自機には、移動速度が速く前に集中した攻撃を持つAタイプ、移動速度は遅いがワイドで攻撃しやすいBタイプがあり、そこから強化によって3種類(レーザー強化・ショット強化・両方の強化)を選べるのです。

魅力~ハイパーシステムで無敵と強化とスコアアップと~

『怒首領蜂大往生』の魅力はハイパーシステム。メーターを満タンにすることで降ってくるハイパーアイテムを取得して撃ち出すと自機の攻撃がとても強くなります。
また、一定時間無敵になるため攻略の糸口になるでしょう。(道中・ボスでそれぞれ無敵時間は異なります)また、HIT(画面内に表示されるコンボで数字が高い程良いスコアにつながる)をつなぎやすくなるため、高いスコアを出すときにも役立ちます。

『怒首領蜂大往生』公式サイト:http://www.cave.co.jp/gameonline/daioujo/

『怒首領蜂大往生 ブラックレーベル』~大往生、ちょっとだけまろやかに~

『怒首領蜂大往生 ブラックレーベル』は、前述した『怒首領蜂大往生』を少々まろやかクリーミー(難易度の調整などが行われました)にしたゲームです。2002年10月にリリースされ、通称「黒往生」(ブラック=黒と大往生を合わせた)と呼ばれています。

『怒首領蜂大往生 ブラックレーベル』公式サイト:http://www.cave.co.jp/gameonline/daioujo/dai_black.html

『怒首領蜂大復活』~真ボスは「]-[|/34<#!(ヒバチ)」だよ~

『怒首領蜂大復活』は2008年に稼働開始したゲーム。スマホ(iPhone・Android)でもリリースされています。
武器はショット・レーザー・ボム・ハイパーカウンターの4種類。後に自機の追加やバランス調整、スコア上限の追加などが行われた『怒首領蜂大復活1.5』も出ています。

魅力~今作から出た「相殺」可能なシステム~

今作の魅力はハイパーカウンター。
これは、専用ゲージが満タンになると使えるもので、自機の攻撃を強くし、敵の攻撃を相殺できるのです。もちろん敵の攻撃もきつくなりますが・・・。しかし、今までのシリーズでは「相殺」する概念はなかったのです。これによって進みやすくなり、遊びやすくなりました。

『怒首領蜂大復活』公式サイト:http://www.cave.co.jp/gameonline/daifukkatu/

『怒首領蜂大復活 ブラックレーベル』~真ボスは「Zatsuza」だよ~

2010年にリリースされた『怒首領蜂大復活』のバージョンアップ版。
今回では「烈怒(れっど)システム」が追加されています。これは、レーザーとオートショットを同時に押すことで発動されるもので、攻撃の強化(自機よりレーザー、自機周りにあるオプションからショットが発射)と移動速度の低下をもたらします。しかし!強くなるだけではありません!ある程度体力のある敵をこのモードで撃破すると、その敵から撃たれた弾が消えてHITに加算されるのです。

『怒首領蜂大復活 ブラックレーベル』公式サイト:
http://www.cave.co.jp/gameonline/Xbox360/daifukkatu/black/

『怒首領蜂最大往生』~真ボスは「陽蜂」だよ~

2012年4月に稼働したゲーム。
自機は3種類、選んだ後強化を選択できます。自機といってもとても可愛い&綺麗な女性の姿をしており、見た目や声の好みから選ぶ、攻撃や攻略によって選ぶ、どちらも出来ちゃいます。今作でのハイパーシステムは、攻撃の強化やHITカウンター(スコアに影響する)の上昇といったものになっています。
また真ボスは「陽蜂」となっていますが実は・・・。

魅力~自機・・・?いいえ「エレメントドール」です~

自機は「エレメントドール」とも呼ばれ、前述したように全て女性の姿をしています。

Aタイプは朱理(しゅり)さんでCV は「ゆかな」さん、Bタイプは光(ひかり)ちゃんでCVは「喜多村英梨」さん、Cタイプは真璃亜(まりあ)さんでCVは「能登麻美子」さんです。

強化も「ドレスを選ぶ」という趣向が変わったものになっています。
参考までにショット強化の場合は華やかな衣装、レーザー強化の場合はどちらかというとカジュアル寄りな衣装、エキスパート強化(ショット・レーザー双方の強化)の場合は・・・・・・・・・「水着」です!

『怒首領蜂最大往生』公式サイト:http://www.cave.co.jp/gameonline/saidaioujou/

「蜂退治」に出掛けませんか?

春になり、空の青、菜の花の黄色と色鮮やかな季節になりました。蜂もそろそろ出現するでしょう。蜂退治に出掛けるのはいかがでしょうか?

というまとめですと「死ぬがよい」と石を投げられそうですね。(笑)

・・・それでは真面目に!
今回はCAVEからリリースされている「蜂シリーズ」から6つ紹介いたしました。
どれもシステムが異なりそれぞれの魅力を持っています。また、「シューティングゲームは普段やらない」という方でも遊びやすいよう各ゲームシステムに工夫もされています。たまには弾幕シューティングゲームもいかがでしょう?

【参考】前編:トップのシューター・スコアラーは超人ではない! 「江古田えびせん」の店長に聞く “シューティングゲーム”の○○と『怒首領蜂大往生』『斑鳩』プレイヤー

【参考】後編:『江古田えびせん』店長に聞く『ケツイ〜絆地獄たち〜』『怒首領蜂』プレイヤーの素晴らしさとシューター・スコアラーと共にある“ハイスコア”文化

【参考】スマホで本気の弾幕シューティング!「ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!~」

出典:©CAVE CO., LTD. All Right Reserved.

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket