クラウドファンディングで資金調達に成功!注目の海外ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
popup-sungeon-main

皆さんは海外のゲームをプレイしたことがあるでしょうか。
日本語訳されていないものは、ちょっと敷居が高く感じるかもしれません。

近頃はクラウドファンディングが盛んになってきたことにより、海外クラウドファンディング発のゲームの話題を目にする機会が増えてきたのではないでしょうか。
そこで今回は、今までに海外クラウドファンディングで成立した注目のゲームタイトルをご紹介します。
まだ日本に入ってきていないものも、入ってきてほしいと願うものも。
※ここでいう「注目」はあくまで筆者の主観的なものなので、あしからず・・。

Shaq-Fu: A Legend Reborn/BIG DEEZ PRODUCTIONS

shaq-fu
出典:Shaq-Fu: A Legend Reborn / Indiegogo

シャキール・オニール(シャック)をご存知でしょうか?
バスケ好きなら誰もが知ってる、NBAのレジェンドプレイヤーのひとりです。
そんな彼のゲームがアメリカの大手クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、日本円にして合計で5,000万円以上を1,300人以上から集めました。
こちらのゲーム、内容はシンプルにシャックがカンフーで敵と戦うというアクションゲーム。
「ベア・ナックル」や「ストリート・ファイター」、「デビル・メイ・クライ」などを融合させたゲームとのこと。
シャックちょっと身体締まり過ぎじゃない?と思うほどキレッキレの肉体を駆使して、現れる敵を豪快に倒していくゲームです。

実はこの「Shaq-Fu: A Legend Reborn」ご存知のかたもいらっしゃるかもしれませんが、以前(といっても、もう約20年前)発表された「Shaq-Fu」の最新作。
「Shaq-Fu」は酷評を受けましたが、本作はきっと!

シャックファンなら必ずチェックしておきたい本ゲーム。
ちなみにクラウドファンディングでのリターンのひとつは「シャックとシャックの家でバスケができる権利」・・・物凄く羨ましい!

Shaq-Fu: A Legend Reborn / Indiegogo

Lacrosse 15/CROSS STUDIOS

Lacrosse15
出典:Lacrosse 15 / Indiegogo

こちらも「Indiegogo」で日本円にして合計で2,000万円弱を1,800名を超える人たちから集めました。
「Lacrosse(ラクロス15)」はその名の通り、ラクロスゲームです。スポーツゲームは数多くあれど、ラクロスのゲームはあまり見たことがないのではないでしょうか。
本物のゲームプレイを追求し、高品質のグラフィックで作られていいる、ハイレベルなスポーツシュミレーションゲームです。
制作元のクロススタジオは現在までに10以上のラクロスゲームを制作しており、iOSとandroidでプレイできるラクロスゲームもリリースしています。

日本語版はないようですが、言葉がわからなくてもルールを知っている人はプレイできそうです。
ラクロスプレイヤーのみなさん一度はプレイしてみてはいかがでしょうか。

Lacrosse 15 / Indiegogo

popup dungeon / TRIPLE.B.TITLES

popup-dungeon
出典:Popup dungeon / Kickstarter

「Popup dungeon(ポップアップダンジョン)」はkickstarterで3,100人以上から合計で約1,200万円調達することに成功した、ダンジョン探索型ローグライクゲームです。
プレイヤーは想像し得る限りの武器、スキル、そしてキャラクターなどあらゆる部分を自ら作ることが出来ます。

popup-dungeon gif
出典:Popup dungeon

単なるダンジョンから無限に下降出来るダンジョンまで、自分のスケジュールにぴったり合ったダンジョン探索を選択することができ、テンポ良く、しっかりとした戦闘が楽しめます。
また、ダンジョンはプレイする仲間の数に応じて、規模を調整したり、敵の数を増やしたり、難易度を調整したりすることができるので、一人だけでではなく、たくさんの仲間とともに長く遊べるゲームです。

Popup dungeon / Kickstarter

Woolfe – The Red Hood Diaries / GRIN Gamestudio

woolfe
出典:Woolfe – The Red Hood Diaries / Kickstarter

ベルギーのGRIN Gamestudioが送る「Woolfe – The Red Hood Diaries」はkickstarterで合計で約900万円ほどの資金を2300名以上から調達しました。
このゲームのヒロインは事故で命を落とした彼女の父親の死の真相を確かめるために戦います。
斧を全力で振り回しながら。
童話の赤ずきんちゃんをモチーフに、独自の解釈でダークな世界観のゲームになっています。

非常に美しいビジュアルと世界観が特長のアクションゲームで、ステージにはいろいろな仕掛けがあり、ジャンプを駆使してステージの先に進んでいきます。
ストーリー性もあり、ひとつの映画を見ているかのよう。
ハマる人にはバッチリハマる世界観だと思います。

こちらは今steamで購入することができますよ!
■Woolfe – The Red Hood Diaries購入ページ/STEAM:http://store.steampowered.com/app/281940

Woolfe – The Red Hood Diaries / Kickstarter

楽しみが広がる!

今回は海外クラウドファンディングで成立したゲームを4つご紹介しました。
クラウドファンディングにはPCゲームからアナログゲームまで多くのゲームのプロジェクトが上がっていて、集めている金額も億を超えるものまであります。
ゲーム好きな皆さんは、海外の人たちがどんなゲームに注目しているのか、海外ではどんなゲームが人気なのかをクラウドファンディングを通じて見てみるのも楽しいかもしれませんよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket