スライドパズルで道を切り開け!脱出アクションゲーム「Continuity」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
title&1

今回ご紹介する「Continuity」は、方向キーで移動・ジャンプ、そしてカギを入手してドアを目指す…… そんなオーソドックスな操作の脱出アクションゲームです。
通常の脱出アクションと違うのは、ステージそのものをスライドパズルのように操作できる点。
ジャンプアクションとスライドパズル、2つの要素を組み合わせた新感覚脱出アクションゲームを、どうぞお楽しみください!

よくある棒人間アクションのようだけれど…?

「Continuity」の操作は、方向キーで移動・ジャンプ。
そして、スペースキーでカメラアングルを引く・寄せるの切り替えができます。
引きのアングルでステージのスライドパズル、カメラを寄せてジャンプアクションの操作ができるのようになるのです。
ステージをスライドさせて、壁や床・天井の構成がピッタリ一致すると、そちらのステージへ通り抜けができるようになります。
目的のステージまでの道のりを切り開くのも自分、というわけですね。
キャラクターのジャンプ力は高めで、自分の身長よりも高く飛ぶことができます。
そのぶん微調整がむずかしく、狭い足場に乗る難易度が高いので注意!

実際にプレイしてみました!

では「Continuity」を攻略していきましょう。
スタートメニュー画面では「Play Game」でキャッシュに保存された続きのレベルから、「Restart Game」でレベル1からのやり直しができます。
初めてプレイする方なら、どちらをえらんでもレベル1からの開始です。

最初は、棒人間の操作と「カギを入手してドアを開ける」というルールを覚えるチュートリアルから。
title&1

ステージのスライドはできますが、ステージパネルはすべて四方を壁に囲まれていて切り替える意味はありません。
スペースキーでカメラを寄せて、棒人間を操作しこの部屋を脱出しましょう。
カメラを寄せるとBGMの音量が増し、臨場感を演出しています。

2

右側にドアが見えますが、カギを取るまでは脱出できません。
さらに右奥にあるカギを先に入手しましょう。

3

カギを手に入れたらドアまでダッシュ!
これでレベル1はクリアです。
4

レベル2は、このゲームの特徴でもある「ステージのスライド」のチュートリアルです。

5

同じステージパネル内にカギがあるのが見えますね。
まずはスペースキーを押してカメラを寄せ、カギを入手しましょう。

6

では一度スペースキーを押してカメラを引きます。

7

方向キーでステージをスライドさせ、棒人間がいるパネルとドアがあるパネルとを連結させましょう。

8

もう一度スペースキーを押してカメラを寄せ、ドアのある右側のパネルへ向かってダッシュ!
天井と床がまったく同じ高さで一致しているので空間がつながり、右側のパネルへ通り抜けることができました。

9

これでレベル2もクリアです。

10

レベル3からは、攻略に縦の連結が加わります。

11

棒人間と同じパネル内にドアとカギも見えますね。
試しにスペースキーでカメラを寄せ、このままジャンプで届かないかチャレンジしてみましょう。

12

ギリギリ届きません! なんという絶妙な幅の穴……!

13

ステージパネルの外へ飛び出してしまったのに、それを受け止めるステージが用意されていなかったので、棒人間は次元のはざまに飲み込まれました。
初期位置に復活してリトライです。

14

では、ステージパネルをスライドさせて、落下した先の受け止め準備を整えましょう。
壁の厚さは同じなので、下段にあるパネルのどちらともつながることができます。
この場合、中央に足場のある下段左のパネルへ移動すると、もう一度その下にステージパネルを用意しなければいけなくなるので、下段右の逆L字のパネルへ直接向かうほうが効率が良いですね。

15

では、下に用意したパネルへ向かって飛び降りて……

16

もう一度ステージパネルのスライドを行い、カギとドアのあるパネルと連結させましょう。

17

あとは、カギを拾ってドアへダッシュ! でレベル3クリアです。

18

レベル4では「空間がつながっているように見えて、実はつながっていない」というケースを覚えます。

19

一見、階段を上ってカギのあるパネルまで飛び降りて行けそうに…… 見えますよね?
でも、行こうとすると…… エラー音が鳴り響いて、進めません!
これが「壁・床・天井の構成が一致していないと空間がつながらない」ということです。

20

床の高さが一致した連結となるよう、スライドパズルで整えましょう。

21

いったん階段の高さに合うパネルへ移動したら、そこからカギのあるパネルへつながることができました。

22

カギを入手し、またスライドパズルで今度はドアのあるパネルと連結させます。
天井の出っ張りの位置もバッチリつながりました!

23

これでレベル4もクリアです!

24

ここまでで覚えたことを活用すれば、この先のレベルは攻略できます。
次のレベル5を見てみましょう。

25

この場合、カギを取得したあと右隣のパネルへ駆け抜けたくなりますが、天井の高さが一致していないので抜けられません。
一度右隣に目を向けると、ついつい右に行こうとしてしまうものですが、このレベルで初期位置のパネルから右へ抜けられる連結パネルはないですよね?
つまり、このパネルの右は壁が描写されていないだけで実質行き止まりであり、左へ抜ける道を探すのが正解なのです。

このようにして、ひとつの方向にとらわれず、さまざまな可能性を模索して攻略していきましょう。
後半のステージになると、スライドさせるパネルが増えたり、パネル同士のつながりかたが複雑になってきます。
しかし、攻略のために必要な知識の基本は、レベル4までにすべて覚えているのです。
落ち着いて考えれば、必ず解けるはず!

■Continuity:http://www.kongregate.com/games/glimajr/continuity

※画像出典元:©2016 KONGREGATE.

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket