ボードゲーム「マンション・オブ・マッドネス」をレビュー!クトゥルフ神話の世界を体験できるぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
マンション・オブ・マッドネス

「クトゥルフ神話」をご存知ですか?アメリカで作られた小説から生み出された架空の神話体系のことで、謎解きやサスペンス、ホラーやモンスターなど、様々な要素を兼ね備えた物語が多く存在しています。

その「クトゥルフ神話」を題材にした「マンション・オブ・マッドネス」というボードゲームがあります。
このゲームは複数人のプレイヤーが、物語のゲームマスター(敵役)に立ち向かう、対戦型になっており、付属のシナリオで遊ぶことで「クトゥルフ神話」の世界を堪能できるのです。
発売当初から人気があり、売り切れることもあったほどの話題の作品なので実際に遊んでみると、本当に時間を忘れて熱中してしまう作品でした。


スポンサーリンク

繰り返し遊べるマルチシナリオで何度でも挑戦したくなる!

マンション・オブ・マッドネス

ゲームの内容としては、プレイヤーは探索者として怪しげな館や墓地を調査し、不可解な出来事の解決を目指します。プレイヤーの選択や調査の内容によってシナリオが分岐し、実際にパズルを解くことやモンスターを退治するイベントに遭遇します。

ゲームのシナリオはプレイヤー全員が知っていますが、なぜそうなってしまったのか、何が起ころうとしているのかを知るのはゲームマスターだけ。
そして、一番重要な「時間が経つと、どんなイベントが起こるのか」を知っている人は誰もいないのが面白さの一つ。

プレイヤーはフィールド上をあちこち探し回り、事件解決の手がかりを探します。
ゲームマスターは目的達成の為、プレイヤーの妨害や達成条件を満たすための準備をします。
しかし、ゲーム内でも時間は有限です。ターンが進むごとに用意されたカードをめくり、内容を確認してイベントが発生します。

このカードの内容は公開されるまで誰も知らないもので、プレイヤーに不利なイベントが起こるかもしれませんし、ゲームマスター側にとって厳しい条件が与えられる可能性もある為、毎回全員がドキドキする要素になっています。

さらに「いつ、何を発見し、どのような選択をしたか」によって分岐するシナリオも用意されており、どちらが勝っても違うシナリオの結末が気になるようにできています。

プレイヤーもゲームマスターも100%楽しめる!

一見謎解きをする、プレイヤーの方が楽しめるように思えますが、ゲームマスターもできることがたくさんあり、プレイヤーとは違った楽しみ方ができます。
モンスターで戦うだけなく、悩んでいるプレイヤーの背後に神話生物を出現させることや、逃げ惑うプレイヤーの目の前に落とし穴を仕掛けて負傷させることなど、さまざまな嫌がらせや意地悪ができるのです。
これによりプレイヤーとして遊んだ後、交代してゲームマスターとして再度同じシナリオを遊んでも飽きることなく、楽しめるようになっています。

クトゥルフの世界観を再現する多彩なフィギュアと付属品

マンション・オブ・マッドネス

クトゥルフ神話に欠かせないのが、神話生物の存在。
このモンスター達が、精巧なフィギュアとして多数同梱されています。
ただのフィギュアなのですが、どこか奇妙な生物達がゲームの雰囲気を盛り上げます。
プレイヤーの使用するフィギュアに合わせた等身で作られているので、その大きさや姿形を想像しやすくなっています。

付属品はすべてカラー印刷で、暗く不気味な世界観を演出してくれるので、遊んでいるうちにクトゥルフの世界にのめり込んでいきます。

多彩なシナリオ、終わらない物語でクトゥルフ神話の世界を体験できる

マンション・オブ・マッドネス

1つのシナリオに結末が3つほど用意されており、基本セットでは5つのシナリオが付いています。
たった5つと思うかもしれませんが、1つのシナリオで3時間ほど遊べます。

5つのシナリオを普通に遊んでも15時間、すべて遊び尽くそうと思うと45時間ほどかかる計算になりますが、それでも足りない人の為に追加シナリオやカード類の付属する拡張セットが販売されています。セットによっては新たなモンスターが追加され、複数のシナリオが付属する大型の物もあります。
これだけ揃えれば、毎日遊んでも何日かかるかわからないボリュームです。

マンション・オブ・マッドネス

世界的に有名なクトゥルフ神話が大好きな人も、知らないけどホラーな雰囲気のボードゲームを遊んでみたい人にもおすすめしたい「マンション・オブ・マッドネス」。
本体の値段は8000円ほどと、ボードゲームの中でも高額な部類ですが、セット内容と遊べる時間を考えると妥当な価格だと思います。
遊ぶ人数は最低2人なので、TRPGの用に多く人を集める必要もありません。

ルール自体も最初はゲームマスター一人が分かっていれば、進めながらプレイヤーに教えることが可能なレベルです。
まずは購入者が自分でルールを理解しゲームマスターを務めて、友人や仲間を誘って遊んでみましょう。少しずつ慣れて来て、スムーズな進行ができるころにはクトゥルフの世界に入り込んでいること間違いなし。(でも、初心者の方にあまり意地悪ばかりすると、遊んでくれなくなるので注意!)

気になる方は、是非購入して遊んでみてください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket