ミッキーも!エルサも!楽しくお絵かき「ディズニーアートアカデミー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
1

3DSには、当サイトでも過去に何度かご紹介してきたように、お絵かきソフトが多数登場しています。
純粋なツールのみばかりではなく、レッスンを含むソフトにもさまざまなものがありました。
今回ご紹介するディズニーアートアカデミーは、幅広い層に人気があるディズニーキャラクターの描き方を教えてもらえるレッスンソフトです。
タッチパネルを使った3DSお絵かきは紙に鉛筆で絵を描くような操作感で描けるので、初心者にもハードルを低く感じさせてくれます。
小さな子供からお絵かきになじみのなかった大人まで、さまざまな方が楽しめるでしょう。

ポケモンアートアカデミーの続編!

「アートアカデミー」シリーズといえば、過去にはまだ記憶に新しい「ポケモンアートアカデミー」がありました。
今回のディズニーアートアカデミーは、そのレッスン内容がディズニーキャラクターに変更されただけかと思いきや、お絵かきツール部分にもさまざまな変更点があり、「デジタルお絵かきツール」としてもより洗練されています。
ポケモンアートアカデミー自体「レッスン内容をポケモンキャラクターに変更しただけの絵心教室かと思えば、そうではなかった」という存在でしたが、さらに進化を遂げたわけですね。

新ツールを使いこなして!

注目したい新ツールが、ペンの「さきぼそモード」です。
デジタル寄りになったペンツールは常に太さが一定で、ポケモンのようなキャラクターをえがくには向いていました。
しかし、ディズニーキャラクターには動物から人間・モンスター・ロボットなどさまざまな質感があり、メリハリをつけにくいペンでは表現しきれないケースもあり、そこで登場したのがさきぼそペン。
ペンを動かすスピードによって太さが変わる仕様です。
3DS下画面のタッチパネルには筆圧感知機能がないので、パソコン用お絵かきソフトでペンタブレットを使うように「入り」「抜き」を再現することは不可能とされてきました。
ディズニーアートアカデミーは、それをスピード感知という方向から解決したのです。
他にも、マーカーの「たいらモード」やえのぐの「もこもこモード」など、画材によってさまざまなモードが登場しているので、どんどん試してみましょう!

出力画像ファイルの仕様は……?

ポケモンアートアカデミーからの変更点で、唯一「パワーダウン」と感じてしまう点が、出力画像のサイズです。
「3DSから出力する画像としては最大級」といえるサイズ 1024×768 のポケモンアートアカデミーに対して、ディズニーアートアカデミーの出力画像サイズは 640×480。
しかし、これは決して「小さい」わけではありません。
3DSカメラで撮影した写真もこのサイズ、3DSが扱う画像の標準サイズなのです。
ポケモンアートアカデミーが、大きなサイズの画像を出力できるにもかかわらず「3DSお絵かきソフトとして並ぶもののない一強」の存在にまではなりきれなかった原因のひとつに「強制的に入るロゴ」がありました。
今回、ディズニーアートアカデミーではそれがなくなっています。
画像サイズは小さくなってしまいましたが、ポケモンアートアカデミーと同等以上のツールで描いたイラストをロゴなしで出力できることは大きな魅力。
ロゴの位置を気にせず、キャンバスすべてを使ってお絵かきを楽しんでください!

実力アップは忍者修行のごとく

2
出典元:©Nintendo ©2016 Disney. ©2016 DisneyPixar.

レッスン内容は、単純なキャラクターの顔スケッチから美しいプリンセスの完成度高いイラストまで、実にさまざま。
テレビCMでエルサを描くシーンを見た方も多いかもしれませんね。
しかし「あんな風に描けたらいいな」と思う反面「自分に描けるだろうか」という不安もあると思います。
安心してください!
簡単な作業から入り徐々にハードルを上げていくレッスンは、忍者が成長の早い植物を飛び越える修行のようなもの。
先生が言うとおりにツールを選び筆を動かしているだけで、気がつけば自分でも驚くほど複雑で美しいイラストができあがっていくのです!

5
出典元:©Nintendo ©2016 Disney. ©2016 DisneyPixar.
画像は筆者がレッスンを受けて描いたエルサ。

キャラデザを理解することが上達への近道

3
出典元:©Nintendo ©2016 Disney. ©2016 DisneyPixar.

レッスンを通じて、ディズニーのキャラクターデザインが優れている点についても学べます。
キャラクターの性格や性質に合わせて、顔つきやヘアスタイル・服装などを練りできあがったデザインであることを、あらためて認識させられました。
「なぜそのキャラクターがそのデザインなのか」を説明しながら教えてもらえるので、より理解が深まり、ただお手本を見て描き写すよりもうまくキャラクターを描写できるようになる気がします!

■公式サイト:https://www.nintendo.co.jp/3ds/bwdj/
■NINTENDO3DSページ:https://www.nintendo.co.jp/titles/50010000039716

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket