「ドラゴニックエイジ」開始から3カ月経過、好調な滑り出し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
1

昨年末、2015年12月に正式サービスを開始したMMORPG「ドラゴニックエイジ」。
今回は、サービス稼働3カ月目に突入したこのゲームをご紹介いたしましょう。
運営会社はベクターで、過去に当サイトでもご紹介した「ソラノヴァ」でMMORPG運営の実績があります。
順調にプレイヤーを増やし、ワールドサーバーを増築し続けているもよう。
ベータテスター募集時や正式サービス開始直後など、積極的に広告バナーが配信されていた時期があるので、ゲームに興味がある方なら見た覚えがあるかもしれませんね。

ドラゴニックエイジは、当サイトにて何度かご紹介している「放置系RPG」「ながらRPG」に分類されるMMORPGです。
もともとナビゲーションが親切で至れり尽くせりなシステム。
そのうえ、同種のゲームとインターフェースのレイアウトはほとんど変わらないので、これまでに同種ゲームを体験している方なら戸惑うことなくゲームに入り込むことができるでしょう。

究極の作業用RPG!

2
出典元:©Vector Inc.

後発の最新ゲームだけあって、ナビゲーションの便利度は最上級であると言えます。
自動移動しかないゲーム・進行するクエストを自分で選んでクリックする必要があるゲーム・戦闘や移動は自動でもアイテム採集など手作業を強いられる作業もあるゲームなど、同種ゲームであっても、古くから運営が続いているゲームほどプレイヤーの操作を必要とする場面が多く登場します。
しかし、このドラゴニックエイジは…… 例えば連続クエストなら、一度開始してしまえば報告後も続けてクエストを受け、ボタンを押せばそのまま自動移動で現地へ向かい、自動行動でクエストをクリアし、自動移動で報告しに戻り、そして報告が終わればまた続けてクエストを受けるの繰り返しが可能。
この流れのなかでプレイヤーがすることといえば、「報告」と「受領」のボタンを押すことだけ。
実にスムーズに作られています。

ニコニコアプリやmixiゲームなど利用者の多いプラットフォームで展開されている他、運営会社ベクターの「VectorGame」からはYahoo!IDやGoogle+、Twitter、Facebook、mixiなどのアカウントでログインすることも可能で、新規開始までのハードルが低い点にも要注目です。
気軽に始められることはブラウザーゲームの魅力のひとつですが、ドラゴニックエイジはそのなかでも一歩抜きん出た気軽さを持っていると言えるでしょう。

忘れっぽい方にはうれしいシステム

ドラゴニックエイジは、キャラクターの強化に関する告知がとてもマメに行われます。
例えば、装備品を強化する素材を所持し条件が整っている場合には、右下のウィンドウに「強化できる装備があります」と表示されます。
これにより、常にマイキャラは現時点で可能な限りの最強状態を保てるといって過言ではないでしょう。
また、時間限定のイベントが開催されるときにはダイアログでお知らせが入り、見逃すことがありません。
ログインするタイミング次第で始まる瞬間を見逃していたとしても、画面上でアイコンが派手なエフェクトで光り続けているので、すぐに気付けるでしょう。

ソラノヴァとの違いは?

最大の違いは、グラフィックの印象です。
ソラノヴァが登場した当初はグラフィックの美しさをウリのひとつとしていました。
しかし、キャラクターが頭の大きい二頭身デフォルメ体形であったために、せっかくのグラフィックの美しさが伝わりにくいという弱点がありました。
キャラクターの頭身が高くなったドラゴニックエイジでは、その弱点を完全に克服したといえるでしょう。
また、ブラウザーMMOではもはやおなじみの「ペット」「乗り物」「羽」などの要素。
ドラゴニックエイジでは、それらのデザインが初期に手に入れるものが既にゴージャスである点も必見です。
他プレイヤーの姿やエフェクトを非表示にするオプションがあるので、マシンパワーが不安な方でも安心!
また、ボイス効果音が追加された点にも注目です。
マイキャラの攻撃行動や必殺技発動時にボイスが再生されるので、より感情移入しやすくなりました。

■VectorGame:http://dragonic.vector.co.jp/
■ニコニコアプリ:http://app.nicovideo.jp/app/ap407
■mixiゲーム:http://mixi.jp/view_appli.pl?id=41123

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket