絵が実体化!?箱を生み出し砲弾を防げ!「Drawfender」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
top image

線を引いて描いた箱が実体化する…… そんな、まるで「ドラえもん」の世界のような現象を用いて攻略するゲーム。
それが、今回ご紹介する「Drawfender」です。

おじさんを守る立体を生み出せ!

線を引ける範囲は、方眼が表示されている内側のみ。
クリックしたポイントから次のクリックポイントまで直線を引き、それを繰り返して、最後にスタートのクリックポイントまで戻れば完成です。
線で囲まれた範囲内が木製の箱となり、その後発射される大砲やレーザーからおじさんを守りましょう。
もちろん、描いて作り出した箱がおじさんを傷つけてもいけません。

生み出した箱と地形がどうからむのか?

線を描き終わって実体化し質量を持った箱は、ひっかかるものがなければ落下しますし、衝撃を受けたら倒れたりすべって移動したりもします。
体積によって重さも変わるので、囲む範囲の大きさを計算しなければいけません。
ときにはムダを省いて軽量化をはかる攻略を求められるシーンも。
また、空中に支点が存在する場合もあります。
内側に支点を含むように囲んで作り出した箱は、支点のみが固定され回転するようになるのです。
この性質を利用したり、この性質のせいでおじさんが危険に陥るのを回避したりと、さまざまな工夫を強いられる要素と言えるでしょう。

親切になった続編「Drawfender Level Pack」

1作目「Drawfender」と続編の「Drawfender Level Pack」は、まったく同じルールで操作感も変わりません。
基本的に同じゲームとして楽しめるでしょう。
ただ1点違うのは、「Drawfender Level Pack」では失敗したあとのリトライ時に、前回引いた線がガイドとして表示されるようになっている点です。
失敗を教訓に、新たな線を引いてクリアを目指しましょう。

実際にプレイしてみましょう

では、「Drawfender」の序盤レベルをちょっとだけご紹介いたします。レベル1では「こんなふうに線を引いてください」というガイドが表示されているので、そのまま従いましょう。
1

線で囲った範囲が木製の質量を持ち、フタの役割をはたしました。
2

レベル2は描画できる範囲が大きいですね。
3

試しに、範囲いっぱいを囲ってみましょう。分厚いバリケードが完成し、見事砲弾からおじさんを守れました。
4

レベル3では、支えるもののないおじさんの上空に描画することになります。
5

もし、この上に適当な箱を作り出してしまうと…… おじさーん!!
砲弾をかまえていたマフィアたちも「俺たちが手を下すまでもなかったぜ」といった雰囲気です。
6

では、おじさんに危険がないよう、箱にくぼみを作ってみましょう。作ったスキマにちょうどスッポリ収まって、砲弾も跳ね返すことができました!
7

レベル4では、おじさんと砲台の間の空間、その上空に描画します。
8

試しに、大きな箱を作ってみると…… 左右にあるレンガにひっかかって、何の役目もはたしていません。この後、アワレなおじさんは砲弾に撃ち抜かれてしまいました。
9

では、ひっかからないように立体の幅を調節してみましょう。
10

すると…… できあがった立体は、ひっかかる場所も着地する地面もなく、画面外へ落下していきました。やはりガードを失ったおじさんは撃ち抜かれます。
11

すべてが落下しないように、しかしおじさんを守る部分は下に出るように、ひっかかるレンガを利用した形を作り出しましょう。
12

これが正解でした! 見事にこの場に留まっておじさんを狙う砲弾を跳ね返したのです!
13

このようにして、前回の失敗をふまえて新たな形を考え出してみてください。
ときには、形成の考え方は間違っていないのに、ちょっとのバランスの差で結果の明暗が分かれることもあります。
方眼をガイドとして体積の微調整を行い、重量を計算に入れて立体を作り出しましょう。
ネタバレとなってしまうので、レベル攻略のご紹介はここまでといたします。
ここから先は、あなた自身の手で攻略してみてください!

おわりに

過去記事「まるでペイントソフト?ドラッグで範囲指定するおすすめパズルゲーム4選」では、範囲指定の操作がお絵かきソフトに似ているゲームをご紹介しました。
今回ご紹介した「Drawfender」は、より「お絵かきソフト」に近く、線を引いて図形を描画するという操作を楽しめるゲームなのです。

■Drawfender:http://www.notdoppler.com/drawfender.php
■Drawfender Level Pack:http://www.notdoppler.com/drawfenderlevelpack.php

画像出典元:©2005-2016 Not Doppler

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket