君も監督官になろう!「Fallout Shelter」は1日中遊べるスマホシミュレーションゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
fallout shelter

先日新作発表があった「Fallout」シリーズですが、同時に発表されたスマートフォン向けタイトルとして、6月15日に配信開始になりました。
Fallout本編はオープンワールドRPGですが、「Fallout Shelter」は地下核シェルターを運用して中に住む人たちを繁栄させていくのが目的のシミュレーションゲームです。

最初は普通のシミュレーションゲームかと思っていたのですが、意外にもテンポよく遊べるFalloutの世界観にマッチしたゲームに仕上がっています。

できることがたくさん!Fallout Shelter

プレイ画面
出典元:© 2015 Bethesda Softworks LLC.

まずは資源を生産する部屋を作成したり、人員の配置をします。ここまでは普通です。
ここで最近のシミュレーションゲームアプリだと数分待つか、課金アイテムで時間短縮をすることが多いのですが、Fallout Shelterでは「RUSH」というボタンをタップするだけですぐに資源の回収ができます。
もちろんリスクがないわけではなく、失敗すると火災やゴキブリが発生してしまいます。でもこのトラブルを対処することで、住人の経験値になりレベルアップにつながります。
成功するとゲーム内通貨のキャップと、資源がすぐに回収できます。
これがあるので、ずっと張り付いてプレイし続けることも可能になっています。要するに「できることがいっぱいある」ということ。

探索

これだけだと、Falloutらしさはあまりないのですが、住人を外の世界へ探索に出すことができるところがこのゲームの醍醐味のひとつかもしれません。
外の世界を冒険させることで、Falloutでお馴染みの武器や防具を回収できる他、探索者がモンスターと戦っている内容をログで読むことができます。
武器や防具は装備させると、ゲームに出てきた通りのデザインの見た目になるので、原作ファンはそれだけでも楽しいと思います。
ログに書かれた内容も、本編で遭遇するモンスターと頑張って戦っている様子が書かれており、自分が本編で戦った時のことを思い出して、応援したくなります。

ランチボックス

このように、時間短縮も武器も防具も全部無料で手に入るので、「逆に課金する所ってどこなの!?」と疑問になります。
探してみるとひとつだけありました。「ランチボックス」というアイテムが販売されています。
いわばカードの入ったパックのようなもので、中には4つのアイテムの書かれたカードが入っています。
カードには施設内の資源やキャップ、武器防具などが入っています。
レアなカードだと、非常に強力なアイテムや能力の高い住人が引っ越してくるものまであります。

武器防具

確かに開ける時のわくわくや、資源がすぐに補充できる点は便利ですが、序盤からすぐに必要になることがないと思います。
どんどん進めていくと、必要になってくるのかもしれません。

基本的には「資源の回収→施設の増強→暇な住人は探索へ」という流れで進めます。
日本語に対応していないので難しいように見えますが、操作も簡単で流れを掴めばずっと楽しめるゲームです。
筆者は初めて2週間くらいになりますが、施設が大きくなればなるほどできることが多くなり、気が付くと1時間くらい遊んでいることもあります。
上に紹介した流れに「RUSH」を使った資源回収や、随所で起こるイベントやアクシデント、住人同士のお見合い(うまくいくと子供が生まれ、住人が増えます)、実績の達成、探索者のログ確認をしているので、そのくらいの時間を使っています。
一度に全部やる必要はないのですが、サクサク進められるので「これをやったら終わりにしよう、あっこれもやっておこう…」という風についつい遊んでしまっています。

Fallout4発売まで待てない!そんな方は是非!

最新作であるFallout4の発売は11月10日なので、そこまでの繋ぎとしても十分に遊べると思うので、ファンの方はマストチェックですね。
原作を知らない人でも、シミュレーション好きならとにかく遊んでみて欲しいです。資源回収できるまで待っていなければならないイライラが、ほとんどないことに驚くのではないでしょうか。

【参考】全世界が待っていた!「Fallout 4」の発売決定!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket