ゲームマーケット 2016 春 戦利品プレイレポート Vol.4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
top image

ゲームマーケット2016春の新作評価アンケートも近づいてきましたね。
今年はいつにも増して、新作をプレイしています。
それだけワクワクする国産ゲームが増えたということでしょう。
それでは、今回も紹介していきます。


スポンサーリンク

関連記事
ゲームマーケット2016春 戦利品プレイレポート Vol.1
ゲームマーケット2016春 戦利品プレイレポート Vol.2
ゲームマーケット2016春 戦利品プレイレポート Vol.3

No.001 どっちの始末show

show

まずは評判高いこちらから。
「5本のきゅうり」という伝統カードゲームの亜種。
簡単にいえば、トリックテイキング系。複数枚出せるのが最大の特徴。

イラストとテーマが素晴らしく、ドキドキする設定となっている。
しかし、全くゲームをしていない人にはあまり向かないと思う。
逆にある程度、ゲーム慣れしている人には、新鮮な味わいが楽しめる作品。

No.002 ゲット★スマートラブ

get

去年、デビューした「ゲット★スイートラブ」というゲームの男版。
彼氏をつくるのだが、性格はプレイヤーが全て決めるというとんでもないゲーム(笑)。
ちなみに写真はメスラブと合わせた8人プレイ。

前のゲームとは逆に、ゲームを普段やらない人にとてつもない人気を誇る。
とくに女子にオスラブをやらせたときのハイテンションは異常。
このゲームってこんなに面白かったっけ?とびっくりするくらい。ほんとに。

No.003 夏休み大作戦

summer

タイトルとパッケージの可愛さとは裏腹にかなりガチ目のゲーム。
軽いゲームかと思ってプレイすると、おそらくびっくりする。
「フォーセール」というゲームの大枠を使い、戦略を大幅にあげている。

ゲーム自体は前半と後半に分けて構成されており、どちらも戦略必須。
前半では、友達をつくり(数値が高いカードを獲得する)、後半では、思い出をつくって絵日記を完成させなければならない。

イラストとコンポーネントのクオリティが高く、とくに全友達カードが違うのは必見。
どれも味わい深い。
また、なかなかのボリュームであるのに、コンパクトな箱に収まるのもすごい。

No.004 デンポー

denpo

買う前からおもしろそうと思っていたが、期待を裏切らなかった作品。
まさにタイトル通り「デンポー」をして、相手にお題を伝えなければならない。

しかし、書けるのは「カタカナ」のみ。読むのも解答者だけ。
なので、発音のニュアンスで受け取り方が変わるのが非常に面白い。
また、文字数が少ない人からデンポーが届くので、長く書けばいい訳でもない。

「大工」というお題で「(大工の)源さん」を「ゲンサン」と書いた人がおり、文字数が短かったため、最初に読んだところ「原産」と間違えられて、とても盛り上がった。デンポー時代の大変さも味わえる作品だった。

今回はここらへんで。
またゲームマーケットの新作をプレイしたら、記事をあげようと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket