ミステリーから経営まで!「アイテム探し(ものさがし)ゲーム」3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
荷物部屋

人気拡大中!無料でも楽しめる「アイテム探し(ものさがし)ゲーム」5選で紹介された「アイテム探し(ものさがし)ゲーム」。この記事を読んだ筆者、すっかりものさがしゲームにハマってしまいました。
「ものさがし」を分かりやすくいえば「ウォーリーを探せ」!指定されたオブジェクトを画面内から見つけていくゲームです!シンプルながらついついハマってしまう「ものさがしゲーム」。今回は、いくつかある中から、3つを紹介します。

『The Panic Room人形遣いの謎』~閉じ込められた主人公~

パニックルーム
出典元:© BlueQuest Inc.

ある屋敷の寝室で目覚めた主人公。
しかしここがどこなのか、どうやって来たのか分かりません。主人公を閉じ込めたのは「人形遣い」と名乗る人物。一体何があってどうなったのか?主人公は屋敷の謎を解き明かしながら脱出を試みていくのです。

ものさがしをしていくうちに、主人公は多くの住人と出会います。彼らと会話していくうちに、屋敷内部の人間関係なども少しずつ分かっていきます。
また、日記が見つかることもあり、そこから、これまでの流れや謎が分かることも。中世とミステリーの独特の世界を楽しめます。

それから、住人からの頼まれごとや人形遣いからの課題がクエストとして発生。こなしていくと、トークン(お金)や経験値が手に入ります。
それとライフも特徴的。「危機的レベル」が定められているのです。これは、そのライフがその数値以下になると、回復が遅くなるというもの。ちょっとした縛りですが、これによって危機感があおられ、ミステリアスな雰囲気が高まります。

【詳しくはコチラ!】ビクトリア朝の屋敷が舞台!ミステリー&アドベンチャー「パニックルーム」でものさがし

Yahoo!モバゲー:http://yahoo-mbga.jp/game/12019731/detail

『ミステリーハウス』~広い家を探索するものさがし、「もの」が見やすい印象!~

ミステリーハウス
出典元:©2013 6waves K.K.

1階、2階、ヤード、地下、宇宙と探索エリアが広いものさがしゲームです。
残念ながら筆者はまだレベルが低いため、1階の途中までしか移動出来ませんが・・・。

まず、「もの」自体が見やすい気がします。ゲームによっては「完全に溶け込んでいるレベル」で見つからなかった!ということがあるのですが、こちらは割と見やすいのです。(難易度が上がると見えにくいものも出てきます)

また、探索に便利なアイテムも手に入りやすいような・・・。
ゲームによっては購入するお金がなかなか貯まらないことがあります。見えない・分からないとステージで困るうちに時間が過ぎ、ステージクリアできないこともよくある話・・・。こういった便利アイテムが割と手に入りやすかったので、助かりました。

しかし、レベルが上がるにつれて、探索に使うエネルギーが多くなります。ですから、一気に探索を進めたいときはもどかしくなるときも。
イベントやクエスト量も豊富なので、どれから手がけるか迷ってしまうときもありました。

Yahoo!モバゲー:http://yahoo-mbga.jp/game/12009495/detail

『アトランティアンゲートの謎』~博物館経営とものさがし~

アトランティアンゲート
出典元:©wizQ Interactive Inc.

経営とものさがしのふたつが一気に楽しめるゲーム。
ゲートをくぐるとさまざまな時代に行き来でき、歴史ある建造物を持ち帰れます。それを博物館に飾れるのです。また、自動販売機やホットドッグスタンドなども設置でき、時間が経つとお金が回収できます。

しかし、他のものさがしゲームに夢中でなかなか進められていない筆者。博物館には、女性や戦士の像、トロイの木馬くらいしか置かれていません・・・。寂しいのでもう少し充実させたいですね。

特徴はログインボーナス。大体のものさがしゲームでは、1~5日で内容が1周します。しかしこのゲームは、ボーナス回収の期間が長いのです。つまり、毎日ログインしておくといろいろなアイテムがもらえるという!
かんたんにいいますと、A~Eのアイテムが1日ごとにもらえ、5日経つとまたAに戻るのがほとんど。しかしこのゲームでは、A~Nまであるという感じなのです。

Yahoo!モバゲー:http://yahoo-mbga.jp/game/12015781/detail

始めだしたら止まらない「ものさがし」

画面内からオブジェクトを見つけ出すというシンプルな内容の「ものさがし」。最初はなかなか見つからず苦労するのです。しかし、繰り返していくうちに慣れていくので、そのうち「もの」がぱっと見えて楽しくなってくるのです。しかしそうすると大変。今度は辞めどきが分からなくなってしまいます。(笑)

しかし安心なことに、どの「ものさがし」も、エネルギーやライフなどがあるため、プレイ上限が存在します。ですから、1日1回と決めれば大丈夫。ものさがしのワクワク感を安心して楽しめます!最近、他にもないかと Steam(PCゲーム・ソフトのダウンロードプラットフォーム)内から「hidden object」を探し始めた筆者。何か面白いものがあったらこちらも今後紹介していくかも?

【こちらの記事もいかがですか?】
人気拡大中!無料でも楽しめる「アイテム探し(ものさがし)ゲーム」5選

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket