インタラクティブなトレジャーハント!「星探」シリーズの魅力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
title

「星探」シリーズは、さまざまなジャンルのフリーゲームを公開している「NEKOGAMES」の代表作です。
NEKOGAMESには他にも「花」シリーズや「どっち?」シリーズなどがあり、共通する特徴には「マウスの使い方に着目した独創的な操作感」があります。

たったひとつのルールに多彩なステージ

stage
出典元:©2007NEKOGAMES. YOSHIO ISHII

ルールは「ステージに隠された星を見つけ出す」たったそれだけ。
星を隠しているものを排除したり、潜んでいる星の姿をあぶり出しのように引き出したりと、その方法はさまざまです。ステージが進むたびに、製作者の発想の多彩さに驚かされます。1作につき多くのステージが用意されているうえに、さらに続編が多数登場している大長編シリーズです。
星探はPCブラウザー向けゲームですが、他に、スマートフォン用ブラウザーで遊べるバージョンと、Androidアプリ版があります。PCブラウザー向けの星探シリーズは以下の12種類。

・星探
・星探2
・星探3
・星探林檎
・星探林檎飴
・星探林檎園
・星探林檎姫
・星探毒林檎
・みんなの星探
・みんなの星探2
・星探零式
・みんなの星探3

マウス操作が特徴的な星探シリーズですが、例外として「星探零式」のみマウスを使いません。
キーボードの方向キーとエンターキーを使って操作するバージョンなのです。

「探して」「見て」楽しさ2倍

stage2
出典元:©2007NEKOGAMES. YOSHIO ISHII

「星探」の簡単なステージを見ると、インタラクティブな反応表現の習作のようにも思えるでしょう。しかし、難易度をあらわす「★」の数が多いステージに挑戦してみると、その考えが間違っていることにすぐ気がつくことと思います。とはいえ、反応表現や効果音が美しいことも、確かに「星探」の魅力。展開を見ているだけでも心が癒やされます。

2方向からの難易度

stage3
出典元:©2007NEKOGAMES. YOSHIO ISHII

製作者の視点から判断された難易度をあらわす「★」がつけられていますが、このゲームの難易度は2種類あります。
ひとつは、発想の難しさ。マウスをどう操作すると星を見つけられるか、なかなか見当がつかないパターンです。操作できる部分でカーソルが指の形に変化するとは限らないので、クリックしたりドラッグしたりとさまざまな操作を、怪しい場所で徹底的に試すしかありません。
もうひとつは、操作の難しさ。操作方法が判明し、あとは結果として星を完成させるだけなのに、なかなか成功しないパターン。筆者はこれが苦手です……。

みんなで作れば発想も無限大!

stage_mendokusai
出典元:©2007NEKOGAMES. YOSHIO ISHII

「みんなの星探」シリーズは、製作者の「ステージたくさんつくるのめんどくさ~」というつぶやきから始まる「みんなでステージを作った星探」です。どれだけ発想力あふれる製作者でも、一人で多彩なステージを生み出し続けることに限界を感じることもあったのでしょうか? 大人数の発想からなる星探は、ひとりの発想による星探とはまた違った雰囲気の世界観を味わえます。

■NEKOGAMES:http://nekogames.jp/
■HOSHI SAGA:http://hoshisaga.jp/
■スマホブラウザー版:http://hoshisaga.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/hoshi13/html/title.html
■Androidアプリ版:https://play.google.com/store/apps/details?id=air.nekogames.jp.hsr&hl=ja

【関連記事】
目指せマウスマスター!「さわって観察するゲーム どっち?」シリーズ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket