2大TCG(カードゲーム)!マジック・ザ・ギャザリング(MTG)と遊戯王の始め方と予算比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
MTG

ギネス世界記録で「世界で最もよく遊ばれているTCG(カードゲーム)」と認定された、マジック・ザ・ギャザリング(以下MTG)と「最も売れているTCG」の認定を受けた、遊戯王は2大TCGとも呼べる代表的なゲームです。
どちらのゲームも「名前は聞いたことがあるけれど、始め方がわからない」と思っている方は多いのではないでしょうか。
そこで今回はこの2つのTCGの始め方と最初にかかる予算を簡単に紹介します!


スポンサーリンク

5~6千円で始められるMTGは初心者にも優しいイベントも開催中!

MTGカード紹介

敷居が高く、始めるにもお金がかかるイメージのあるMTGですが、だいたい5,000~6,000円ほどあれば十分遊べるようになります。
そもそもちょっと遊んでみたい、少しカードに触ってみたいといった場合は無料で体験できます。
例えば、iPadやPC用にリリースされている、『マジック2015 デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ』というゲームは、MTGと同じルール、同じカードを使って無料でチュートリアルが遊べるデジタルゲームなので、入門用に最適です。
その他「ティーチングキャラバン」という無料のイベントも全国のカードショップなどで随時開催されています。こちらでは、販売会社のティーチングスタッフが実際のカードを使いながらゲームの流れをレクチャーしてくれます。また、参加するだけでカード収納用のケースや初心者に最適のハーフデッキを、こちらも無料でもらうことができます。

そして、本格的に始めようと思った場合は2つの始め方があります。
1つは「エントリーセット」(1,200円)と呼ばれる、比較的扱いやすいデッキを購入し、それを元に始めるスタイル。
2つ目は「イベントデッキ」(2,500円)や「対戦キット」(3,000円)と呼ばれる、少し強いレアカードが多めに構成されているデッキを購入する方法。

1つ目の「エントリーセット」の場合はデッキ自体がそこまで強くないのですが、少しずつルールやカードを覚えていくには最適のセットです。
さらに中身がランダムなブースターパックが2つ入っているので、ここから強力なカードを入手できれば、「エントリーセット」のデッキをどんどん強化していくことが可能です。
ただし、元々のデッキがそこまで強くないため、欲しいカードを買い足ししていくと4,000円くらいは使うでしょう。

それに対し2つ目の方法の「イベントデッキ」や「対戦キット」はある程度強いカードが揃っているので、同じ物を2つ購入して強いカードを中心に1つのデッキを組めば十分戦えるようになります。

MTGオフィシャルHP

まずは『マジック2015 デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ』や「ティーチングキャラバン」から体験してみてください!

【参考】世界で人気!TCG(カードゲーム)の元祖『マジック・ザ・ギャザリング』を始めよう!

遊戯王を始める予算は約4,000~5,000円!

遊戯王カード紹介

先程紹介したMTGに比べ、若干安く始められる遊戯王。
現在おすすめの始め方は、同じ種類の「ストラクチャーデッキ」(1,000円)を3つ購入して1つのデッキにする方法です。
3つ購入する理由は、1つの「ストラクチャーデッキ」に1枚の強いレアカードやキーカードが入っているので、これらを3枚集める為です。
3つの「ストラクチャーデッキ」から、強いカードを集め、好きなカードやブースターパックを少し追加すれば、自分のデッキの完成です。

遊戯王での注意点は「使えるカードが非常に多い」という点です。
MTGと違い今まで発売されたカードのほとんどが使用可能なので、使えるカードは数え切れないほど存在します。
そしてそれらから、カードを組み合わせていかに早く相手を倒すかを極めたデッキを作り上げます。
手慣れたプレイヤーは複数のカードを一気に使い、勝負を決めてくるので、慣れないと全く何が起こっているのかわからないまま負けてしまうこともあります。
ですので、ある程度流行っているカードやデッキを調べて覚えておくことも、強くなるために必要なことになります。

カードの種類が多い分自分の好みのデッキを作る楽しみは大きく、一度辞めた人も復帰しやすいとも言えます。

遊戯王アークファイブHP

全くの新規スタートならMTG!周りにプレイヤーが多いなら遊戯王!

上記に紹介した通り、新規スタートの人にはMTGをおすすめのします。
無料で体験できて、始めやすい環境が整っているのでTCG自体が初めてでも大丈夫です。

逆に周りの友達がやっていて、教えてくれる人がいるならば遊戯王もおすすめです。
どんなデッキが強くて、どんなカードに注意しなければいけないかを学ぶことができれば、すんなり楽しめるようになるでしょう。
どちらのゲームも10年以上前からあるTCGなので、おもしろさは保証されています。
プレイヤー年齢としては、若干遊戯王の方が低い傾向がありますが、上は同じくらいの年齢までプレイされていると思いますので、大人になってからの趣味としてもピッタリ!

週末や定期的に開催されている大会の為に、日々デッキを強くするのも楽しいです。
是非TCGを始めて、大会出場をするという刺激的なイベントを体験してみてください!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket