やりこみ系シミュレーションゲーム好きに!同人ゲームサークル「犬と猫」の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
犬と猫

始まりはフリーウェア。
今では毎年シェアウェア新作をリリースする同人ゲームサークル「犬と猫」をご存じだろうか?
今年出た新作『ダンジョン少女』は第24回ベクタープロレジ大賞・ゲーム・アミューズメント部門賞を受賞した。
「犬と猫」のゲームはどれも共通の世界観とキャラの元に成り立ち、やりこみ要素が満載という魅力にあふれている。


スポンサーリンク

同人ゲームサークル「犬と猫」~毎年、新作がリリース!~

犬と猫
出典元:©2003 犬と猫

ゲーム制作サークル「犬と猫」からは、多くのゲームがリリースされている。その種類は、フリーウェア・シェアウェアにくわえて商業作品(アプリ・ニンテンドーDS)まで。公式サイトを見ると分かるが、シェアウェアに切り替わってからは、ほぼ毎年新作がリリースされている。

「犬と猫」が作るゲームの多くは、シミュレーションゲーム(一部ロールプレイングゲームとパズルチックRPGあり)。ジャンルは、お店や商店街、レストランや農家の経営、同人即売会体験、薬剤調合や戦闘育成などなど幅広い。

その、一番の魅力はやりこみ要素と言えるだろう。公式サイトの作品一覧にはどれにも「やりこみ系」と記載されているのだが、実際どうかというと本当に「やりこみ系」である。筆者はいくつかのゲームを遊んだことがあるのだが、どのゲームも気づいたらやりこんでしまっていた。一時はほぼ毎日1時間以上は遊んでいたのだが、マックスにやりこんでいた時間は数えられない。というよりも恐ろしくて数えたくない。

しかも、どのゲームも穏やかな雰囲気を有しているため、ほっとした気持ちになれる。さらに、世界観やキャラクターも魅力的だ!

■「犬と猫」公式サイト:http://inutoneko.jp/
■「犬と猫」公式Twitterアカウント:https://twitter.com/Inu_to_Neko

「ワールドガイド」で知る「犬と猫」の世界観とキャラクター

ワールドガイド
出典元:©2003 犬と猫

ワールドガイドでは、「犬と猫」のゲームに登場するキャラクターや世界観などが紹介されている。かんたんにお話ししよう。

「犬と猫」のゲームに主に使われるのは、イシュワルド王国という国だ。アリシア大陸の西に存在するこの国は、王都イシュワルド、花の都フルト、海洋都市イシュワルドの3つの都市がメインとなる。外に出ると、メロウの森やファシミア平原、水色の塔など建造物や自然が広がる。ファンタジー要素が好きな人にとってはたまらない世界だろう。

主人公としてフィル・セーノ(イシュワルド王国に移民してきた少年)、ヒロインとしてシオ・ミサキ(腕の立つ剣士、なお可愛い!!)がいる。だが、彼ら以外にも多くの魅力的なキャラがおり、彼らとはゲームごとに会えるのだ。

しかも、どれもほぼ同じ世界の中で進むストーリーのため、ゲームを次々と遊んでいくたびに、「前やったゲームで会ったキャラと再び会う」「その後、こうなっていたという後日談を垣間見る」などディープな楽しみ方ができるのだ。RPGなどで経験したことはないだろうか?続編を遊んだ際、前シリーズで会ったキャラと遭遇することが。そこで後日談を聞くと懐かしさとともに「あれからこうなったんだ」と感慨深い気持ちになるだろう。あのような体験が可能なのだ。

「犬と猫」ワールドガイド:http://inutoneko.jp/guide.html

2015年新作『ダンジョン少女』はパズルチックRPG!

ダンジョン少女
出典元:©2015 犬と猫

こちらの『ダンジョン少女』は今までと異なるパズルチックRPGで、第24回ベクタープロレジ大賞・ゲーム・アミューズメント部門賞を受賞している。

「水色の地下」をパズルで掘り進めていくのだが、最深で1000階に達する!登場アイテムは300種類、スキルは200種類とさまざまな点からボリュームが多い作品で、体験版を遊ぶとあっという間に時間が経過してしまう。PVを見ると、どのようなゲームか分かりやすいだろう。


『ダンジョン少女』公式PV/YouTube

また、体験版は必ず試していただきたい!もちろんゲームの内容を見るという点もあるが、「ゲームが自分の環境で動作するかどうか?」確かめることが大切だからだ。なお筆者は、体験版を遊んでみたところ、パズル要素と潜入とさまざまな要素に心惹かれ、早速シェアウェアを購入した。後日改めて、レビューにて紹介しよう。

■『ダンジョン少女』公式サイト:http://inutoneko.jp/game/d_syoujyo/syoujyo_top.html

やりこみ系好きなあなたに「犬と猫」、次回はゲームをまとめてご紹介

今回紹介した「犬と猫」は、個人的にファンであるサークルの1つ。シミュレーションゲームなどのゲーム的な要素だけでなく、世界とキャラが共通した部分から、愛着がわくからだ。次回は、実際どのようなゲームがあるのか、まとめ記事にて紹介しよう。

【こちらの記事もあわせていかがですか?】
「犬と猫」のシミュレーションゲーム(フリー・シェアウェア)5選

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket