パネルを消して敵を倒し、地下1,000階を目指す『ダンジョン少女』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
OP

「同じパネルを消して敵を倒し、アイテムを集めてどんどん潜ろう!目指せ地下1,000階!」
これがパズル系RPG『ダンジョン少女』だ。
やりこみシミュレーションゲーム好きに!今回は、やりこみ系シミュレーションゲーム好きに!同人ゲームサークル「犬と猫」の魅力でもお話ししたこのゲームを、地下を探索するこのゲームさながらにもっと掘り下げてみよう!

『ダンジョン少女』はパネルを消して進むパズルチックRPG!

ダンジョン少女
出典元:©2015 犬と猫

『ダンジョン少女』は、2015年4月29日にリリースされた「犬と猫」の新作。今まで「犬と猫」でリリースされてきたスタイルのシミュレーションではなく、「パズルチックRPG」という新しいスタイルだ。しかし、あくまでスタイルが「パズル」形式なだけで複雑な要素はひとつもなく遊びやすい。それでいて、やりこみ要素が豊富なので、遊び出すと止まらない。

遊び方は「仲間と一緒に水色の地下を探索し、集めたアイテムを配合して強化、図鑑のコンプリートも目指そう!」というもの。

※ダウンロード版とパッケージ版があり、どれも価格は1,000円(税抜)。

早速ダンジョンに潜ってみよう!!

OP
出典元:©2015 犬と猫

こちらがゲームのオープニング画面。綺麗な空に映る宝石にワクワクする。

メニュー
出典元:©2015 犬と猫

メニュー画面には、行動を選べるコマンドが並んでいる。下に展開されているのは今装備しているアイテムだ。右側には持っているお金や鍵(ダンジョン内で宝箱を開ける際に使う)などが表示されている。

ダンジョン内部
出典元:©2015 犬と猫

ダンジョン内部に潜入。中央にあるのがパネルで、それぞれに効果が有る。(詳細は後述)基本的に、多く消すとより高い効果が得られるので、なるべくつながっているパネルを消すとよい。また、消すと上から新しいパネルが登場する。

ときおり、階段のパネルがあり、クリックすると下の階へ降りていく。

クエストクリア
出典元:©2015 犬と猫

右下にはクエストが表示され、クリアすると鍵を入手する。鍵がないと宝箱が開けられないので、出来るだけクリアしておきたいところ。
クエストの例:「攻撃パネルを30個消す」「横並びで3回消す」「5個つながったパネルを5回消す」など。

ボス
出典元:©2015 犬と猫

規定の階に達するとボスが登場。通常の敵よりも強いので、攻撃パネルをまとめて消していこう。長引くと、通常敵もくわわり、どんどんつらくなってしまう。

出口
出典元:©2015 犬と猫

区切りの良い階ごとに出口が用意されており、そこから脱出できる。さらに潜りたい場合は帰られなくてもよいが、下にいくほど敵も強くなるし、途中で死ぬと集めた素材などは失われる。「少し厳しいかな」と思うくらいで脱出をするとちょうどよいのでは?(余裕を持つ意味でも)

これだけ覚えればすぐ遊べる!「パネル効果とパズルの基本」

パズル基本
出典元:©2015 犬と猫

基本的なパネルには攻撃、探索、採掘、回復があり、パネルは、上下左右つながっていればまとめて消え、つながっている数が多いほど効果が高い。
また、「横一列」で消すと特殊な効果が発動する。

パネル効果
出典元:©2015 犬と猫

特殊パネルには、宝箱や素材、道具やメンタル回復がある。

中には店も!店では体力やメンタルの全回復、パネルを全て変換(攻撃や採掘など、そのときどきで変わる)などを行える。(もちろんお金がかかる)
それと、「帰還後のボーナス」。購入後、死なずに無事に戻るとうれしい効果があるため、購入の際は「安全」を心がけよう。

その他、アイテムの配合や強化も可能なので、探索して素材を集めたら、どんどんアイテムを強くしていこう。やはり、地下に潜れば潜るほど、敵も強くなり、HPやメンタルも減りやすくなる。回復や攻撃を強化して、ボスや敵に備えておこう。

キャラや世界をさらに知りたかったら「ワールドガイド」へ

「犬と猫」が制作するゲームの世界は全て共通なので、以前の作品キャラクターも多く登場する。遊ぶうちに、「仲間や世界についてもっと知りたい!」と思ったら、こちらを見るとよいだろう。

「犬と猫」ワールドガイド:http://inutoneko.jp/guide.html

1,000階まであるボリュームなのにこの価格

筆者は最大でまだ30階であり、1000階到達にはまだまだ時間がかかりそうだ。しかしこのゲーム、最初にお話した通り、やりこみ要素が豊富でルールもシンプル。そのため、「作業」的な苦痛を感じることなく進められるのだ。それでこの価格(1,000円)となると、正直「いいのだろうか」とすら思ってしまった。そのくらい、遊びやすくて楽しくハマれるゲームだった。

■『ダンジョン少女』公式サイト:http://inutoneko.jp/game/d_syoujyo/syoujyo_top.html

【こちらの記事もいかがですか?】
やりこみ系シミュレーションゲーム好きに!同人ゲームサークル「犬と猫」の魅力
「犬と猫」のシミュレーションゲーム(フリー・シェアウェア)5選

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket