パズルアクションゲーム「ムラサキ」に見る「カタテマ」らしさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
20150223171617

2014年12月24日、フリゲ2014の結果が発表されました。フリゲ2014とは、1年の間に公開されたフリーゲームの人気投票サイトです。

2008年から毎年行われており、結果を見ればその年に人気のあったフリーゲームを知ることができるのです。

そんな中、今年のフリゲ2014で熱烈な人気を誇ったのが、フリーゲーム制作サークルのカタテマが公開する「ムラサキ」です。
「ムラサキ」は、カタテマらしさがとても表現されているゲームです。

今回は、そんな”カタテマらしさとは何なのか”についてご紹介します。


スポンサーリンク

爆発パズル物理アクション「ムラサキ」とは

「ムラサキ」は、シンプルで楽しい爆発パズル物理アクションゲームです。

ムラサキ

敵を攻撃で倒したり、必殺技を使ったりとさまざまな方法でゲームを進めていきます。
爆発するブロックを利用し、パズルのように連鎖させ大爆発を狙うことも可能です。

また、少しずつ見えてくるストーリーも魅力の1つとなっています。
スタート画面から選べる「コレクション」では、条件を満たすことで多くの情報を見ることができます。

ムラサキ

「コレクション」には「ムラサキ」の世界背景やキャラクター情報、音楽などが用意されています。一つ一つの情報は断片的ですが、つなぎ合わせればストーリーが見えてきます。
プレイヤー自身がストーリーを繋げ、「ムラサキ」を読み解いていくことで1つの物語が完成するのです。

「カタテマ」過去作品の影響

「ムラサキ」では、過去作品からの「カタテマ」らしさを感じることができます。

「いりす症候群」や「愛と勇気とかしわもち」をはじめ、「カタテマ」では多くの名作フリーゲームが公開されていますが、「ムラサキ」で用いられているブロック同士をぶつけるという発想は、パズルゲーム「いりす症候群」で見られたシステムです。
また、ストーリー面で「カタテマ」らしさの元となっているのが、「魔王物語物語」でしょう。

魔王物語物語

「魔王物語物語」は多くのRPGとは異なっており、一般的なRPG作品のように登場人物同士のやりとりによってストーリーが作られるのではありません。
登場人物同士のやり取りが少ない代わりに、ゲーム内の「魔王物語」という本を集め、主人公を通したプレイヤーが読み解くことで、ストーリーが解かれていくのです。
「ムラサキ」も「魔王物語物語」と同じく、プレイヤーが物語の断片からストーリーを想像することで、初めて物語が完成します。

過去の作品で培った構造を今作「ムラサキ」にも取り入れることで「カタテマ」らしさを感じられる作品となっており、以前からのファンには嬉しい作品になっています。
また、初めて「カタテマ」作品をプレイするユーザーにも、より新しいものに感じられるゲームとなっているのです。
このようにして、「カタテマ」作品は今も進化を続けています。

最後に

「カタテマ」作品はどれも想像しなかった展開で、プレイヤーを驚かせてくれます。
今回の「ムラサキ」もやりこみ要素が満載のようですので、一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

【画像出典&参考URL】
カタテマ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket