【前編】クイズと乙女ゲーが合体!?「クイズ恋愛★LOVE:QUIZ」体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
1

クイズゲームに恋愛要素をプラスする試みは意外と古くからあり、有名なものではカプコンの「クイズなないろDREAMS 虹色町の奇跡」やナムコ(現在はバンダイナムコゲームス)の「青春クイズカラフルハイスクール」などが思い出されます。
しかしその時代のゲーマーはまだ男性の割合が多かったことから、恋愛ゲームの多くは男性向けに作られていたことは否めません。
女性ゲーマーが増えたことや、ゲーム機以外でもゲームをプレイできるようになったことで「ゲーマー」ではなくてもゲームを気軽にプレイする層が増えたなど、時代の流れとともにゲームをとりまく環境は変化してきましたね。
そして、女性向けゲームのニーズが増えた現在、女性向け恋愛ゲームがついにクイズゲームと合体したようです!


スポンサーリンク

それでは「クイズ恋愛★LOVE:QUIZ」をプレイしてみましょう。
筆者が体験したのはパソコンブラウザ版ですが、もともとMobageやGREEといったモバイル版ソーシャルゲームとして開発されたもので、パソコンブラウザ版へ移植するときに、本来ならばメニューを開くボタンを押さなければ見られない部分を最初から左側に並べるなど、ブラウザの広さを生かした画面構成がなされているようです。
1

ある日主人公のもとへ送られてきた、差出人不明の荷物。
乙女ゲーのシナリオライターさんが一番頭を悩ませるのは「突然イケメンと出会う」までをどのように持っていくか、だと思います。
乙女ゲーをプレイするには、ある程度の唐突さを許容する心が大切です。
2

どう考えても怪しい、と警戒心を強める主人公でしたが「一方的に送りつけられたドレスを所持し続けるだけでも、何らかの請求があるかもしれない。ドレスは返却しなければ」と考え、招待日当日に会場へ向かいました。

いやいや、場所わかってるんだから郵送しましょうよ、怖いよ!
若い女性の皆さん、もし現実でこんな招待があっても軽率に会場に行ったりしないでくださいね!
4

会場へついたはいいものの、中に入る勇気はなく、入り口でまごまごしていました。
そりゃそうですよね、中ではどんな怪しげな会合が繰り広げられているかわかりませんもの。
そこへ、第1イケメン登場!
5

彼の口ぶりから、主人公とはどうやら面識があるようです。
ただ、主人公のほうは覚えていない様子ですが……。
6

そして早くもふたりめのイケメンが登場しました。
8

第2イケメンの名は「ハヅキ」さん。
どうやら有名人のようです。
10

スタッフと押し問答していると、先ほどの第1イケメンがまたやってきました。
そして唐突に名乗ってくれたので、やっと名前が判明。「ミカゲ」さんですね。
12

なんやかんやで結局、ドレスに着替えて会場入りすることになりました。
女性向けのソーシャル恋愛ゲームによくある、アバターつきゲームです。ここではまだ髪形と顔つきを2種類ずつ所持しているのみですが、ゲームを進めると所持アイテムが増えて、アバターのドレスアップを楽しむことができるようになるでしょう。
1日1回無料で回せるガチャの存在もお忘れなく!
13

※アバター操作のシーンでは、右画面の表示範囲が縦に長くなります。パソコンでプレイする場合、ブラウザの仕様によっては画面右側にスクロールバーが現れない場合がありますが、そんなときには、ブラウザの「表示」から「ズーム」を選んで縮小するか、CTRLキーを押しながらマウスホイールでスクロールバーが現れるまで調整してみてください。

第3のイケメンが現れました。
ちょっと口が悪いですね…… いわゆる「俺様系」でしょうか?
14

名前を尋ねられて、ここで初めて主人公の名前を入力することになります。
第3イケメンが勝手に名前をつけてくれましたから、名前にこだわりがなければそのまま「そうです」を押してもいいですね。ここで「いいえ」を選ぶと、自由入力も可能です。
15

口の悪いイケメンは「トワダ」さんだそうです。
ただ、直前に「こんな怪しげなイベントで本名を名乗るヤツなんていない」と言っていたので、偽名としか思えませんが。
16

トワダさんと話している途中で、ファンファーレが鳴り響き、ついにイベントが始まるようです。
イベントは男女ペアになって参加する形式、つまりここで恋愛ゲームとしての攻略相手を選択するということ。
18

司会者から「男女ペアを作るように」という発表があったときにたまたま会話の最中だったため、目の前にいるトワダさんからペアのお誘いがありました。
しかしそこへ第1・第2イケメンが乱入し、火花を散らし始めます。出ました!
乙女ゲーム名物、イケメンによる主人公の取り合い!
19

20

21

パソコンゲームや据え置きゲーム機で発売されている恋愛ゲームはたいてい、ゲームの進行によってどの相手と恋愛関係になるかの「ルート」が内部的に決まるシステムになっているものでした。
しかし、最近のソーシャル恋愛ゲームでは、最初に攻略対象をひとり選択してルートを絞り込んでから、そのなかでバッドエンド・ノーマルエンド・ハッピーエンドといった分岐になる形式が多いようです。
このゲームも、ここで攻略対象をひとり選んで、どのイケメンのルートに入るかを決定することになります。

おわりに

今回は「クイズ恋愛★LOVE:QUIZ」の攻略対象選択までを体験してみました。
チュートリアルはもう少し残っています。

ということで、後編へ続く!

関連記事
【後編】クイズと乙女ゲーが合体!?「クイズ恋愛★LOVE:QUIZ」体験

■パソコンブラウザ版
Yahoo!モバゲー:http://yahoo-mbga.jp/game/12022572/detail

■モバイル版
Mobage:http://www.mbga.jp/_game_intro?game_id=12022572
GREE:http://jp.apps.gree.net/ja/66016
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id924781365
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.emiq.quiz

<画像出典元:© EMIQ Inc.>

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket