MTGプレイヤーがMTGのパズルゲーム「Magic: Puzzle Quest」をプレイしてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
01

以前からマジック・ザ・ギャザリング(以下MTG)魅力をお伝えしてきていますが、今回はそのMTGのスマホ用パズルゲーム「Magic: Puzzle Quest」が配信されたのでプレイしてみたぞ!
スマホゲーマー、MTGプレイヤーのふたつの目線からこのゲームをチェックしてみよう。

パズルゲームとしては普通に楽しめるシンプルな内容

ゲーム画面
出典元:©2016 D3 GO!

基本ルールは同じ色のマナを3つ繋がるように入れ替えて消すことで、消えたマナの数に応じてデッキからクリーチャーや呪文を唱えて相手を倒す仕組み。
いろいろ覚えることはあるものの、丁寧なチュートリアルもある上序盤は何も考えずパズルだけでも進んでいけるので、MTGを知らない人でも十分楽しいと思う。
盤面が広く、連鎖しやすいので気持ちいいくらいコンボが決まる。

MTGのゲームとしては「?」となる点もあるが、世界観は伝わってくる

戸惑う点
出典元:©2016 D3 GO!

どこに疑問符がついたかというと、どの色のマナを消してもクリーチャーや呪文を唱えることができる点。
実際のMTGでは必須の色マナがあったりするので、なぜ緑のクリーチャーが青のマナを消しても召喚できるという不思議な現象が起こる。
実際には対応した色マナを消すとより早くクリーチャーを召喚できるようになっているので、慣れればなんてことはない。
それ以外の点はMTGらしさがちゃんと出ていて、TCGと一緒に遊べる印象。
使用されているイラストがカードと同じだったり、手札からクリーチャーや呪文を唱える順番を考えたりする要素は非常にイメージしやすく、カードの効果もTCGのものと似ているものが多いのも遊びやすいポイントのひとつ。

UIが国産ゲームと違うので操作には戸惑うかも?

グローバルUI
出典元:©2016 D3 GO!

あまり見慣れないメニュー構成や「インベントリ」「宝物庫」といった言葉が並ぶのでどこからその画面に飛ぶのかが慣れないとわかりにくい。
「デッキ編集」「パック購入」などならもっと親しみやすい気がするが、多分直訳のためこういった書き方になっているみたい。
海外ゲームを遊んだことのあるプレイヤーにはそこまで不便ではないと思うので、個人差の範囲ってところかな。

MTGを知っていても知らなくてもおすすめできる作品に仕上がっている!

遊んでいて思ったが、MTGを知っている必要がないなと。普通のファンタジーを題材にしたパズルゲームとして遊べちゃいます。
これにプラスの知識としてTCGを知っていると入り込みやすく楽しめるかなってところ。
これがTCGの興味に繋がるかはわからないが、少なくともMTGのストーリーや世界観、イラストの感じを掴むことはできそう。

MTGのゲームは本来のTCGのルールに沿ったゲームしかなかったが、今回こういったパズルゲームになるということで気になっていたわたし。
いざやってみると、TCGとは違う新たなMTGの遊び方を見ているような感じがした。
また、TCGだけだとわかりにくいストーリーや世界観を見ることができるのも新鮮。
TCGとは別ゲーですが、MTGのファンになるにはもってこいのゲームなのでおすすめしちゃいます!

■Magic: Puzzle Quest:https://d3go.com/games/magicthegatheringpuzzlequest/

アプリダウンロード
■Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.d3p.olympic&hl=ja
■iTunes app:https://itunes.apple.com/jp/app/magic-gathering-puzzle-quest/id1031755344?mt=8

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket