牌も詩も「よんで」みる?オンライン麻雀『Maru-Jan』が川柳募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
main

昔からあるテーブルゲーム代表作の一つが麻雀。
みなさんは麻雀をしたことがあるでしょうか?
どう役を作るか、今後どう引いてくるのか、いろいろ考えても思い通りにいかないゲームで、ついついハマってしまいます。
そう、「役満」が出来る日もあれば、引きも配牌も悪くてがっかりの日もあって、なかなかに「悲喜こもごも」なのです。
雀荘や家に集まって打つという方法もありますが、やはり便利なのはオンライン麻雀。
すぐ遊べる・点棒の計算が出来なくても大丈夫などメリットも多いんですよね。
かくいう筆者もよく「天鳳」というオンライン麻雀をたしなみます。(そしてよく負けて
しょんぼりします)
オンライン麻雀はたくさんリリースされていますが、その一つから、ちょっぴりクスっとする企画がリリースされていました。

ざっくり知る!オンライン麻雀の特徴などなど

まずはオンライン麻雀の種類から。
いくつかあり、ブラウザだけで遊べるものからダウンロード後展開をするものまでさまざまです。
しかし、大体どれもアカウントの取得を必要とします。(級判定を含めたデータのために必要なのですね)
前者の場合は、シンプルなデザインが多く、さっと遊べてさっと終了できるものが多数。
後者の場合は、アバターやボイスなど楽しめる要素が随時追加されるものが多く、実況や気に入ったキャラの着せ替えなども楽しめます。
作品によってはキャラボイスに声優さんを起用していますので、気になる声優さんのボイスを使いたくてうずうずしてしまう場合も。

さらに、前述した通り、点棒の計算が出来なくても安心出来る点も特徴。
自動でやってくれるため助かりますし、こういう風に計算するんだと少しずつ理解も出来ます。(この機能、本当に重宝しています!)

オンライン麻雀『Maru-Jan』が川柳を募集しています

main
出典元:「まあじゃん川柳2015」プレスリリースより

このようにたくさんあるオンライン麻雀の一つ『Maru-Jan』が「まあじゃん川柳2015」の募集しています。テーマは「麻雀に関する喜怒哀楽」。
昨年、最優秀賞に選ばれたのは、

『中と北 うまくさばいて こそ平和』
『外交で 切るに切れない 北(ペイ)と中(チュン)』

引用元:株式会社シグナルトークプレスリリースより

・・・読んだ瞬間「おおっ」と驚きの声をあげてしまいました。

他にはこんな作品も。
sub2
出典元:「まあじゃん川柳2015」プレスリリースより

元々この「まあじゃん川柳」は、牌の日(全国麻雀業組合総連合会が語呂合わせによって8月1日を牌の日と定めたそう)を記念して開かれたもの。
応募はPC・スマホ・タブレットから可能で、最終候補に残ると公式サイトにて公開されます。賞品は、JCBギフトカード(最高で10万円分、他には5万円や1万円など)などがあり募集は6月22日まで。詳細はオンライン麻雀『Maru-Jan』まあじゃん川柳2015紹介ページにて確認してくださいね!

さて、みなさんならどんな川柳を考えますか・・・?

オンライン麻雀『Maru-Jan』まあじゃん川柳2015紹介ページ:
http://www.maru-jan.com/event/2015/senryu/?prt=20150601
オンライン麻雀『Maru-Jan』公式サイト:
http://www.maru-jan.com/?prt=20150601

戦略と展開が楽しめる「麻雀」

麻雀には3人打ち(サンマと呼ばれ、「北」をドラとして使えます)と4人打ち(ヨンマと呼ばれます)がありますが、みなさんの好みはどちらですか?
筆者はスピーディさと展開のアクティブさからサンマが好みだったりします。
この辺り、人によって好みも変わるのが面白いところ。
それに、打ち方も人それぞれなので、「こんな戦略もあるんだなあ」と楽しめますし、「引き」や「配牌(最初に配られた牌がどのようにそろっているか)」の部分に若干の運も絡んできますから、展開が読めない部分を楽しむこともできます。
けれども、面白いからといって徹夜で麻雀をしすぎないように!(笑)

梅雨に入り、雨がいつ降るかわからないし、外に出たくても出られない!
そんな時はオンライン麻雀で、捨て牌から相手のアガリを「読み」つつ、川柳も「詠ん」でみるのはいかがでしょう?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket