大人だからこそ熱くなる!『ミニ四駆』の魅力とゲーム性に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ミニ四駆

小学生のころ『ミニ四駆』にハマった方は多いのではないでしょうか。
その頃は「かっこいいから」「速いから」という理由で購入していたように思いますが、大人になってからハマる人もたくさんいます。
大人になってから、大人だからこそハマるその魅力を検証してみましょう!

「速さ」の理屈がわかる面白さ

子供のころはなんとなく作っていたミニ四駆も、大人になると計算や物理の知識を用いて速さを追求できるようになります。

「このコースはストレートが長いから、最高速を重視しよう」「コーナーが多いから立ち上がりを早くしよう」といったように、コースの分析をしてそれに合わせたセットアップが可能です。
ミニ四駆に使うパーツも、グリップ性を重視するのか摩擦を減らすべきなのかを、今まで学んできた知識を応用して選定する必要があります。

これらのことは大人だからこそできる「速さの理屈を考えること」ではないでしょうか。

高級なパーツも大人なら購入できる!

パーツ組み立て

子供のころはお小遣いをやりくりして買っていたパーツも、大人になれば自分のベストチョイスでパーツを購入できます。
たとえば、速くなる為に効果のなる「ボールベアリング」は4つで700円ほどします。
ミニ四駆本体と変わらない価格なので、子供のころはなかなか購入できなかった思い出もあるかもしれません。

しかし大人になった今なら、購入する意味や価値がわかった上でこういったパーツを購入できるのではないでしょうか。

日常の中に「速さを競う」という刺激を取り入れる

イベントインフォメーション

ミニ四駆はただ組み立てるだけでなく、走らせることにこそ真価を発揮します。
ミニ四駆を趣味にすれば、平日は会社から帰ってコツコツミニ四駆を組み立て、週末にレースへ出場する。といった日常への刺激を味わうことができます。
ミニ四駆にハマっている大人もたくさんいるので、レース会場での繋がりやコミュニケーションも楽しくなってくると思います。

毎日コツコツ組み立てたミニ四駆をレースに出場させて、他人と競うことは「リアルなレースゲーム」と言っても過言ではありません。
デジタルゲームのようなすべてのステータスが数値化できない点は、最適解を求めるのに苦労する所だと思いますが、それを乗り越えて勝利を手にしたときの達成感は大きいのではないでしょうか。

エアロアバンテ

今のミニ四駆のデザインは子供向けのものばかりではなく、実車に近いデザインやスーパーカーのようなものまで多種多様です。もちろん、昔から人気のアバンテシリーズなども新シャーシで発売されています。
昔ハマっていた人は一度、ミニ四駆のパーツを見に行ってはいかがでしょうか。
きっと昔を思い出して、また始めたくなること間違いありません。
そして、ミニ四駆本体からパーツまでを、一気に大人買いしてしまいたくなると思います。

(写真は筆者撮影、画像は公式HPより)
公式ホームページ:http://www.tamiya.com/japan/index.htm

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket