ゲームサークル「犬と猫」の始まりはココから!シンプル探索RPG『水色の塔』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
TOP

最上階は30階!上を目指して登りつつ、やりこみ要素も存在する、そんなシンプル探索RPGが『水色の塔』だ。
そして、数々のシミュレーションなどを制作してきたゲームサークル「犬と猫」さんの最初の作品でもある。どんな風に探索していくのか、実際に塔を登りながら見ていこう!

『水色の塔』~シンプルタイプの探索RPG~

『水色の塔』はとてもシンプルな探索RPG!
タイプはフリーウェアで、使うのはマウスのみだ。
街と塔の中を行ったり来たりしながら、塔の上(最上階は30階)を目指していく。基本的には、コマンド選択及びスロットによる結果で決まっていくため、複雑な要素はほとんどない。

どうして塔に登るの?ストーリーをざっくりと知ろう!

海洋都市イシュワルドにやってきた冒険者シオ。
彼女は、町外れにあるカルヴァーンの塔、通称「水色の塔」の話を耳にします。さらに、ギルドで「水色の塔にすむ魔物退治」の仕事を見かけました・・・。そしてシオは、「よーし!」と塔に登ることを決めたのです。
【関連記事:「犬と猫」のシミュレーションゲーム(フリー・シェアウェア)5選

オープニングを見つつ、塔に登ってみよう!!!

OP1
出典元:©2003 犬と猫

元気よくギルドを訪れる冒険者シオ。何と、「音符」マークまで付いている。

OP2
出典元:©2003 犬と猫

シオは、ギルドで仕事を探すうち、「カルヴァーンの塔(この塔の通称が「水色の塔」なのだ)に住み着いた魔物を退治」という仕事を発見する。すると、このようにテンションが上がってしまった。何だか見ているこちらまで気持ちよくなるほど、シオはワクワクしている!
シオは、早速引き受けることを決めて、早々とギルドを後にしたのだ。

OP3
出典元:©2003 犬と猫

街をうろうろしているとティコ(『レミュオールの錬金術師』などにも登場するキャラ)に遭遇。
初期の作品だからなのか、イラストが随分と妖しい。かなりオトナのお姉さんになっている!(作品と作品を見比べて、変化を見てみるのもなかなか楽しいのだ)

ステータス
出典元:©2003 犬と猫

一通り落ち着いたので、早速塔に登る準備をしてみよう。
まず、把握しておきたいのがステータス。「剣の精度」は攻撃力、「鎧の強度」は防御力だ。まだ序盤なので「5」と心許ない・・・。大丈夫、これからこれから!

「購買」では、ライフや満腹度を回復するアイテムを購入できるので、塔に入る前にいろいろと買って揃えておこう!準備は万端くらいがちょうど良いのだ。

なお、セーブができるのは街の中だけ!冒険に出る前に必ずセーブを!

塔1
出典元:©2003 犬と猫

さてさて、早速塔に入ってみよう!
塔には管理人さんがおり、入ると挨拶を受ける。うう、何だか気合いが入る・・・!

塔2
出典元:©2003 犬と猫

魔物が出現!
戦闘では、「バトル」「アイテム」「エスケープ」の3種類のコマンドから選んでいく。基本的には、「バトル」を選べばよいのだが、その際きちんと「ライフゲージ」も気にしよう。

ライフが危うくなったら「アイテム」で回復したり、「エスケープ」で逃げたりするのも忘れないように。とはいえ、序盤だとなかなか「逃げられない」ため、回復アイテムを多めに持っているのが良いだろう。

塔3
出典元:©2003 犬と猫

前述した通り、塔内では基本「探索」コマンドを使用する。ミニスロットでの結果で、イベントが発生していくのだ。
なお、上の階に進むための階段を見つけるのも「探索」コマンド!しかし、早々に上の階に登ってしまうと、強い魔物に負けてしまうことも・・・。自分のゲージやレベルと相談しながら進んでいこう。

「休憩」コマンドを使えば、体力の回復ができるので、アイテムを使いたくないときは有効だ。(ただし、満腹度が減るので注意!)
また、塔内ではコインを拾うことも。こちらは街で換金できるので集めておこう。

そして、どうやって脱出するのか?出口は「5の倍数の階」にあるのだ!筆者は、脱出可能な階をうろうろして経験値を積み、タイミング(アイテムの所持個数やライフゲージの減り方)を見て、さっと退却するという手法をよく取っている。

帰還
出典元:©2003 犬と猫

一通りの冒険を終え、街に戻ってきた。街では、「休憩」を選ぶことでさまざまな場所に移動できる。
先ほど塔内で拾ったコインの換金所や宿屋に行ってみるもよし、冒険で使ってしまったアイテムの補給をするもよし!

ぜひぜひ!30階まで塔を冒険してみて!

シンプルな探索型RPGとうたわれているが、やはり「犬と猫」さんのゲームだけあって、やりこみ要素も感じられる・・・!(街から行ける「イシュワルド国営美術館」で、イベントやモンスターのグラフィックが見られる上にイラストレーターさんのクレジットもある)

30階とさっくり遊べるボリュームなので、初めて「犬と猫」さんのゲームを遊ぶ場合には、良いかもしれない。
気になったら他のゲームもぜひぜひ!シミュレーションからRPGまでいろいろありますぞ!

■『水色の塔』ページ:http://inutoneko.jp/game/mizuiro/mizuiro_top.html

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket