ガンホーと情熱大陸のコラボ!?スマホパズルゲーム『モジポップン』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
mojipoppun

「パズル&ドラゴンズ」というスマホゲームの歴史を大きく変えたタイトルがあります。
やったことがある人はもちろんのこと、やったことのない人もCMなどで1度は見たことがあるかもしれません。
そのタイトルを運営しているガンホー・オンライン・エンターテイメントがMBS/TBS系列で放映中のドキュメンタリー番組『情熱大陸』とのコラボレーション企画としてゲームが1年の年月をかけて制作されたゲームがあります。

今回はその、スマホパズルゲーム『モジポップン~100の海と情熱の大陸~』をご紹介します!

慣れ親しんだしりとりのようなパズルゲーム!

IMG_1803

『モジポップン』は、限られた文字をつなげ“ことば”を作って、財宝を目指し深海へ潜っていくパズルゲームです。
画面には6つの泡がありその中に文字を1文字ずつつなげて入れていきます。
意味のある”ことば”が作れるとその分プレイヤーは深海へと進んでいきます。
しりとりのように後ろの文字で意味のある言葉を作る「チェーン」や文字を加えることで複数の言葉をつくる「コンボ」を決めると、より深く進むことができます。

IMG_1806

また画面下にある骨のゲージが貯まると愛犬の「パッション」が指定した文字をとってきてくれます。
ただし、ゲージが途中だとちょっと違う文字をとってきてしまうことも・・・
コンボを狙うならタイミングを狙って使う必要がありますね。

思いもつかない単語がどんどん出てきて面白い!

このゲームで言葉として認められている言葉は三省堂の協力により中型国語辞典の「大辞林」から2〜6文字の言葉を19万語も収録されています。
「イカ」というありきたりな言葉を作っても「烏賊」「紙鳶」「五十日」「衣架」など、作る度に何種類もの言葉が出てくるのです。
あなたがままで知らなかったたくさんの言葉との出会いがあるかもしれません。

IMG_1802

もっとやり込みたいならエンドレスモード!

『モジポップン』にはステージが100個も用意されていてます。
それぞれに”3文字の言葉は3つ作れ”などのミッションや、10ステージごとに登場するボスとの対戦などがありますが、クリアまでに体力(ハート)を使いきらずに終わります。
そこでハートを使いきってどこまで深く潜れるかを試したい、という人にはマップ右下に用意されているエンドレスモードが熱いです!
ミッションもないのでただひたすらにコンボやチェーンを決めつつ長い言葉を作ることに専念できます。
やりこみたい人にはこちらがオススメです!

最後に

番組とのコラボとして生まれたこのゲーム。
実は課金も広告もなく完全に無料となっています。それでも面白くやりこみ要素も十分です。
このようなゲームは他にないので、普段ゲームをやったことがない方も是非一度遊んでみてはいかがでしょうか。

公式サイト
iTunes Store Apps
Google Play

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket