優勝賞金4,000$を賭けたマジック・ザ・ギャザリング(MTG)のグランプリ神戸開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アイキャッチ

2015年11月20日~22日に神戸国際展示場で行われたマジック・ザ・ギャザリング(以下MTG)の大会「グランプリ神戸」。
本戦の参加人数は2,500人ほどになり、多くの方が激戦を繰り広げていました。
今回はMTGの中でも大規模な競技大会になる、グランプリについて紹介したいと思います。

優勝賞金と副賞がすごい!

会場

MTGにおける「グランプリ」とは誰でも参加出来る賞金の用意された試合。
世界各国から腕試しをしたい人から自分の実力を知りたい人、そしてMTGで生計を立てるプロプレイヤーが集まります。

なんといっても優勝賞金が4,000$(約50万円)という大きな金額!
2位でも2,700$、3位以下でも一定の賞金がもらえます。

さらに、1位から8位までには副賞としてよりレベルの高い大会である「プロツアー」の参加権と旅費が進呈されます。
つまりMTGで強くなれば、賞金ももらえて海外にも行くことができるんです。
これを世界中のプレイヤーをグランプリに駆り立てる理由なのかも。

賞金を獲得するための道のり

会場様子

では実際に賞金を得るにはどんな道のりが待っているのか。
まずグランプリの開催期間は3日ですが、本戦は後半の2日構成になっており、初日を勝ち残らないと2日目には進めない仕組み。
初日が9回戦行い、7勝以上もしくは6勝3分けの成績が必須になります。
簡単に言うと3回負けたら可能性がなくなるので、ほぼ勝たなければいけません。
しかも、1回戦が1時間ほどかかるので、トータルで9時間の長丁場。
メンタル面でも体力面でも過酷な道のり。

これをクリアした上で、2日目でもほとんどの試合を勝ち抜き、上位8人によるシングルエリミネーション(トーナメント)を行い、勝ち進んでやっと頂点に立つことができます。

デッキが強ければ勝てるゲーム・・・ではないのがMTG

会場2

とにかくどんな状況でも勝つことが求められるMTG。

数多くのカードの中から最適な組み合わせのデッキを作ることも重要ですが、その他にも流行りのデッキの弱点を把握する情報収集や試合中のプレイングスキルの向上、最高の試合を持続させる体力、そして当日のカードの引きを左右する運も必要になってきます。
勝ち続けるということはそれだけ難しいということ。

勝ち負けだけでない、スキルアップにもつながる

MTGセット

場数を踏むことがどんなことでも必要ですが、MTGも例外なく当てはまります。
普段遊んでいる仲間やカードショップで強かったとしても、世界から集まった人を相手にすれば、自分の弱さや欠点を痛感します。
筆者自身も幾度となく全国、世界の壁の厚さを経験してきました。
こうした経験が、自分の知らない脅威への警戒や想像と対策を可能にしてくれます。

サブイベント

当日楽しめるのはグランプリ本戦参加者だけではありません。
サイドイベントとして、8人集まり次第続々と開催されるトーナメントや、ステージイベント、レア物に出会える物販と様々です。

記念写真

特に今回はMTGのコスプレで有名なChristine Sprankleさんをゲストに迎え撮影会やコスプレ大会が開催されていましたよ!
海外の美しいレイヤーさんと写真を撮れるなんて滅多にないチャンス。
多くの方が撮影していました。

おわりに

筆者も本戦プレイヤーとして参加していましたが、惜しくも初日6勝3敗で2日目出場はできませんでした。

事前に応募して参加費を支払うだけなので、誰でも参加が可能です。
是非MTGをやっている人は1度参加してみてください。
かなりいい刺激になると思います!

また、やってない人でも興味があれば会場へお祭り気分で遊びに行って、カードに触れてみるのもおすすめです!

(写真は筆者撮影)

【マジック・ザ・ギャザリングの競技大会等イベント情報はこちらから↓】
http://mtg-jp.com/event/

【こちらの記事もいかがですか?】
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)の世界規模の大会「グランプリ京都2015」リポートとフォーマットについての解説
世界で人気!TCG(カードゲーム)の元祖『マジック・ザ・ギャザリング(MTG)』で遊んでみよう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket