手紙から始まる謎解き!アイテム探しゲーム「ミステリーレター」の魅力とコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ミステリーレター ローディング画面

「ミステリーレター」とは、基本無料でプレイできる「アイテム探し」ジャンルのブラウザーゲームです。

今回は、ミステリーレターの魅力と、初心者は少し戸惑ってしまうかもしれない特徴的な仕様、それにそったプレイのコツなどご紹介します。

謎解きはキャラクターの役目

「ミステリーレター」は、1通の手紙をきっかけに壮大な事件の謎を解いていくストーリーです。
「謎を解く」といっても、プレイヤーがやることは「アイテム探し」。謎解きそのものは、プレイヤーが事件のカギを握るアイテムを発見することで、登場キャラクターが行うことになります。
ミステリーもののアドベンチャーゲームを想像していると、少し肩透かしをくらってしまうかもしれませんね。

コミック形式ですんなり読めるストーリー

ミステリーレターのストーリー進行は、コミック形式。
1コマ1コマをクリックで読み進めていくので、文章をクリックで送り読み進めるノベルゲーム形式のストーリー進行と操作感に差はありません。マンガを読みなれたわれわれ日本人にはとてもなじみやすい表示形式なので、すんなりとストーリーが頭に入ってきます。

星の総数による通過チェック

次のエピソードに進むためには、ストーリー進行と同時に、星の要求があります。
以前ご紹介したミステリージャーナルでは、要求される星は消費制でしたが、ミステリーレターでは、星を消費することはなく「星の総数が一定以上でなければ進めない」という条件が各エピソードにあるのです。
3DSソフト「レイトン教授」シリーズにある、一定の問題数を解いていなければ先に進めないチェックポイントと似ていますね。

独特な星の仕様

ミステリーレター ゲーム画面
出典元:© wizQ Interactive Inc./Y!Mobage

星の仕様は、前述のミステリージャーナルのように、繰り返しプレイで蓄積する熟練度とは違うので、戸惑いがあるかもしれません。ミステリーレターでは、ひとつのエリアでアイテム探しを終了するごとに、成績が星の数で表示されます。エリア選択画面で各エリアに表示されている星の数は、そのエリアのハイスコアというわけです。
エリアのハイスコアを更新しなければ、星の総数はそれ以上増やせません。ミステリーレターにおける星とは、全体のアイテム探しの成績を示すものなのです。

星ゲットのコツ

星を集めるコツのひとつは、過去にプレイしたエリアのうち、既に得た星が少ない場所を選ぶこと。
もうひとつのコツは、同じエリアを繰り返しプレイをして、配置を覚えコンボをつなげることです。
アイテム探しプレイ中、アイテムの発見から次の発見まで一定時間内でつなげることができれば「コンボ」となります。コンボをつなげるためには、アイテムを見つけ次第クリックするのではなく、目視で発見アイテム数を増やしてから行動に移すといったペース配分が必要です。

驚きのストーリー展開

全体エピソードは27まであることが予測される画面構成になっていて、現在実装されているのはエピソード26まで。最後のひとつ、エピソード27の開放が待たれる状態です。実は、エピソード27の開放待ちの状態になってから、かなり長い期間が経過していて「このまま実装されずにサービスが終了してしまうのでは?」という雰囲気も漂っています……。

しかし、少しネタバレになってしまいますが、現在実装されているエピソード26までの間に、追っていた事件は解決します。終盤の数エピソードは、事件が解決してからさらに数年後の後日談。
事件解決までをプレイするだけでもかなりのボリュームがあり、解決までには意外な人物の登場や「今まで登場していたアレはそうだったのか!」という展開に驚かされます。
ぜひこの驚きを味わってみてください!

■Yahoo!モバゲー:http://yahoo-mbga.jp/game/12014401/detail
※サービス終了

【参考】人気拡大中!無料でも楽しめる「アイテム探し(ものさがし)ゲーム」5選

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket