ペンタブが欲しくなっちゃう!お絵描き=攻略!?な誘導ゲーム7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
top image

今回ご紹介するのは、マウスでなぞって線を引き攻略するゲーム。
楽しいのですが、ハマるとだんだんペンタブレットが欲しくなる沼でもあり、注意が必要です!
ご紹介しているゲームの多くはFLASHゲームですから、FLASHが再生できる機器であればタブレット端末でプレイしてみてもいいかもしれませんね。

Disappearing Path

7

穴から落下してくるボールを受け止めて、ゴールのフラッグまで導く誘導系ゲームです。
プレイヤーが使えるのは、マウスでなぞったラインに現れるもろい橋のみ。
これは時間の経過とともに崩れ落ちてしまうので、ボールの進行速度を計算してマウスを引く速度を調整しなければいけません。
途中で落下させることなくゴールまでたどりつけばクリア!
慣れてきたらただゴールへ向かうだけではなく、ステージに配置された星を取得しながら進んでみましょう。

■Disappearing Path:http://www.notdoppler.com/disappearingpath.php

Chopix Adventure

6

スノーボードのコースを線で描いてゴールを目指す誘導系ゲーム。
障害物を回避するため、滑り降りるばかりではなく上昇しなければいけない場面も登場します。
スノーボード自体に推進力はありませんから、坂の手前にはスピードを上昇させるための急な下り坂を用意するなど、緻密な計算が必要です。
そしてこのゲーム、ドロー部分がよくできている点にも注目したいところ。
まず、マウスで引いたガタガタな線はキレイにスムージングされます。
さらに、消しゴムで消すときにはなぞった部分だけが消えるのではなく、一度に引いた線をひとかたまりとして認識しての選択削除となるのです。
つまり、ベクターデータのグラフィックソフト「Illustrator」のように、引いた線をオブジェクトとして扱っているということ。

■Chopix Adventure:http://www.games2girls.com/p/chopixadventure

Pixel Escape

5

ドットの世界がバグに飲み込まれていくなか、走って逃げる3人を誘導するゲームです。
画面左側からバグが迫ってきていて、3人は走って逃げますが段差を自力でこえることができません。
「これ以上進めない」状況にハマってしまうと、バグに追いつかれ飲み込まれてしまうのです。
ペンを操って線を引き、穴に落ちたり段差にハマったりすることのないよう、3人を誘導しましょう。
スピードの速い強制スクロールで、初見殺しアリ。
「ロジカルな誘導ゲームはヌルすぎる」「もっと刺激が欲しい」という上級ゲーマーにおすすめのタイトルです。

■Pixel Escape:http://www.bigdino.com/play/1071/Pixel-Escape

Doodle Blast

doodleblast

落下してくるボールを線で誘導し、ビーカーで受け止めるゲームです。
画面右側に表示されているインク残量の制限内で、線を引かなければいけません。
ボールは落下の勢いがつけば弾むので、跳ね返りも計算に入れたライン取りが必要となります。
ノートにボールペンで描いたようなグラフィックも独特で、このゲームの魅力のひとつといえるでしょう。
手書きの線で攻略するゲームの世界観によくマッチしています。

■Doodle Blast:http://www.i6.com/game/doodle-blast/

Orbol

orbol

お絵かきソフトの直線ツール操作で線を引き、障害物にバウンドしながら移動を続けるキャラクターをゴールまで誘導するゲームです。
このゲームの操作は自由曲線ではなく直線ツールなので、マウスでも操作が簡単!
画面の左端と右端、上辺と下辺は空間がつながっていて「画面外に飛び出てしまってのゲームオーバー」はありません。
トゲトゲに触れないかぎりは無限ループにも近い状態で移動を続けてくれるので、落ち着いて角度を考え攻略しましょう。

■Orbol:http://www.dedegames.com/orbol.html

Bouncy Draw

bouncydraw

上記「Orbol」と同じく、直線ツールで引いた線にバウンドさせることでタヌキをどんどん上昇させていく誘導ゲーム。
「Orbol」と違う点は、上へ上へとある程度の高さまで進むと「落下ミス」が発生すること、そして引いたラインはゴムのように柔軟にタヌキを跳ね返すことです。
「どれだけ高く上昇できたか」を競うゲームですが、上へ飛ぶことばかり意識していると突然の障害物にたたき落とされる危険が伴います。
「どれだけ長く浮遊していられるか」と考えたほうがスコアが伸びるかもしれません。

■Bouncy Draw:http://www.freeworldgroup.com/games8/gameindex/bouncydraw.htm

「Sugar, Sugar」シリーズ

sugar

画面上にある「Sugar, Sugar」ロゴの「,」から砂糖が舞い降りてくるので、これをカップへ誘導するゲームです。
カップは複数存在しているので、ひとつのカップへ誘導するために引いた線が障害となり、他のカップへの道が閉ざされてしまわないように、順番やルートをよく考えましょう。
レベルが進むにつれ、色のついたカップに対応するよう砂糖の色を変化させたり、舞い降りる砂糖の量に限りがあったり、重力の方向を変化させるボタンが登場したりと、多彩な攻略を要求されるようになります。

■Sugar, Sugar:http://armorgames.com/play/10638/sugar-sugar
■Sugar sugar 2:http://armorgames.com/play/13460/sugar-sugar-2
■Sugar, sugar 3:http://armorgames.com/play/17769/sugar-sugar-3
■Sugar Sugar the Christmas special:http://armorgames.com/play/12697/sugar-sugar-the-christmas-special

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket