英単語がその意味を発揮する世界!「Onomastica」シリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
title

今回ご紹介する「Onomastica」シリーズは、文字がそのままの意味として存在する世界のジャンプアクションゲームです。
この世界では、文字列の上を走れたり、文字列が壁のように立ちふさがる障害として存在しています。
この一風変わった独特な世界観をお楽しみください!

文字と人だけの空間「Onomastica」

title

1作目の「Onomastica」は本当に何もない空間に、マイキャラと文字が存在するだけ。
文字の延長で見えない床を走れることもあります。
このゲームでは落下ミスがあってもやり直しは直前からになるので、文字が途切れても気にせずどんどん進んでいきましょう。
精密な操作が求められるシーンもなく、アクションが苦手な方でも大丈夫!

カラフルな背景が加わった「Onomastica 2」

13

2作目「Onomastica 2」では、背景に鮮やかなグラフィックが加わり、棒人間の延長のようだったマイキャラも服を着るようになりました。
でも、基本的な「文字が質量を持つ」という世界観は同じ。
もちろん、文字が持つ意味がそのまま攻略の糸口となる、ゲームの本質も変わりません。
ただし、1作目と比べると踏み切り位置がややシビアなジャンプを強いられるなど、アクション要素が強くなっています。

不思議な文字の世界を少しだけご紹介しましょう

スタート直後には、障害物をジャンプで越える操作感を覚えるための、チュートリアルのような簡単な文字が続きます。しばらく走っていくと、ジャンプでは届かない障害物が現れました。
2

画面には「1つか2つの文字なら押せる」と説明があるので、先ほど1文字だけあった「S」を押しに戻りましょう。
3

押してきた「S」を踏み台にすることで「T」にジャンプで届くようになりました。
4

さらにしばらく進むと、今度は「WALL」の単語が。文字通り壁のようで、後ろにある「ER」を踏み台にした程度では届きそうもありません。
5

これ以上右には進めない…… ということで「ER」を左方向に押してみます。
6

「ER」を接続すると、カチカチという音とともに「LADD」が大きくなりました。これで、左方向へ進む道が開けたというわけですね。「進行方向が必ずしも右方向だけではない」点も、このゲームの特徴のひとつです。
7

さて、左方向へしばらく進むと「DOWN」という文字がジャマでそれ以上進めない状態です。届かないとは知りつつも一応ジャンプを試みたところ…… 赤い「F」の字が傾きました!
8

画面をよく見ると「赤い文字は上でジャンプをすれば壊せる」とありますね。何度かジャンプを試したら衝撃で「F」は壊れて、下方向へ進むことができました。落ちた先には大きな「WALL」の文字。もちろんここから左へは行けそうもないので、右方向へ進みましょう。
9

進めるところまで進むと、大きすぎて「RO」しか見えませんが、ここまで見てきた文字から察するに「ROCK」という岩が立ちふさがりました。
10

先ほど「赤い文字はジャンプで壊せる」と覚えたので「LET’S」のうち赤い部分を壊してみましょう。すると「ET」だけになりました。「1つか2つの文字なら押せる」ルールを覚えていますか?
11

右側の大きな「ROCK」は、この「ET」を踏み台にしても届かない高さですから、これは左方向に押してみましょう。先ほど見かけた、右端に登場する「RO」しか見えない大きさの文字を岩であると予測させるためだけに存在する、単なる障害物のひとつ…… そう思っていた「ROCK」。押した文字を接続することで、なんと「ROCKET」となりました。
12

「ROCKET」の上に乗ると、文字通りロケットのように飛ばされて次のステージへ!
ここから先は、ぜひあなたの手で道を切り開いてみてください。

おわりに

文字通りの効果を得られる点こそが「Onomastica」の魅力のすべて、といっても過言ではありません。
英単語を覚えるのにも役立つかもしれませんね。
内容は短く難易度もそれほど高くはないこのゲーム、単純に「ジャンプアクションのゲーム」としては「おもしろいゲーム」とは言いがたいところではあります。
しかし、今回の記事で少しだけご紹介したように、単語がそのままの意味を持ち、文字を接続することで単語が変化し、その性質も変化する…… こういった「言葉遊び」が好きな方には楽しんでいただけるはずです!

■Onomastica:http://armorgames.com/play/15222/onomastica
■Onomastica 2:http://armorgames.com/play/16102/onomastica-2

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket