まるでペイントソフト?ドラッグで範囲指定するおすすめパズルゲーム4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アイキャッチ

パズルゲームの操作方法にはさまざまなスタイルがあります。
ゲームのコマとなるブロックや宝石といったキャラクターを、クリックやドラッグなどで操作するもの、キーボードの方向キーなどを使うもの……
そして今回ご紹介するのは、ペイントソフトのように、マウスドラッグで四角形に範囲指定するという操作方法を採用したパズルゲームです。

三色玉

三色玉トップ
出典元:©2007 GameSaien.com

赤・青・黄色の3色の玉が入るように、範囲指定をしていくゲームです。囲って良いのは3色の玉が各1個のみ!
それ以外の不純物が混ざっていたら消すことはできません。一列でもL字に曲がっていても、点在する遠く離れたものを大きく囲ってもOKです。玉を取った数を純粋に競うというシンプルなルールなので、スコアを伸ばすコツなどは一切ありません。
小細工なしの正攻法で勝負!

三色玉play
出典元:©2007 GameSaien.com

■ゲーム菜園:http://www.gamesaien.com/game/sansyokudama/

フルーツボックス

フルーツボックス
出典元:©2007 GameSaien.com

四角形の中に含まれる数字の合計が10になるように、範囲指定するゲームです。
基本は「合計が10になるように」ですが、タイトル画面で合計値の設定を変えることも可能。ただし、出現する数字がこの設定によって変化することはないようで、例えば「5」と設定しても、5以上の数字が登場してしまうので、注意が必要です。制限時間もデフォルトの120秒のほかに180秒を選ぶこともできるので、じっくりと取り組みたい方は試してみましょう。
足し算を覚え始めたお子様を遊ばせるにも良い教材になりそうです。

フルーツボックス-play
出典元:©2007 GameSaien.com

■ゲーム菜園:http://www.gamesaien.com/game/fruit_box_a/

マモノディガー

マモノディガー
出典元:©Hojamaka Games

同じ色のブロックだけが入るように範囲指定して消していくゲームです。
ブロック崩しのように、消したブロックの下からは「マモノ」の絵が出現します。マモノに重なるブロックをすべて消すと掘り出し完了となるので、すべてのマモノを掘り出しましょう。制限時間がなく回数制限のないヒントボタンがあるので、ゲームオーバーは手詰まりのケースのみ。指定範囲内に別の色のブロック、つまり不純物が含まれていると、ブロックを消すことができません。ジャマになりそうなブロックの排除や、一度に大量消しができそうでも別の場所のブロックと組み合わせるためにあえて一部残す、といった「先を見据えた戦略」が必要です。

マモノディガー-play
出典元:©Hojamaka Games

■HOJAMAKA GAMES:http://www.hojamaka.com/game/mamono_digger/

Invert Selection

Invert Selection
©2014. Elio Landa/Armor Games

ドラッグによる範囲指定で、目標の形になるように塗りつぶしましょう。範囲指定の効果は「加算」「減算」「乗算」の3種類があり、使う種類と順番が画面右に指定されています。
「少ない手数でクリアしましょう」というよりは「正解の手順を見つけましょう」といったゲーム。
序盤のステージは操作方法を覚える目的のため簡単な構成ですが、10面を超えたあたりからパズルゲームらしい難易度が顔を出します。

Invert Selection-play
©2014. Elio Landa/Armor Games

■ARMOR GAMES:http://armorgames.com/play/16003/invert-selection

おわりに

似たような操作方法を採用していても、さまざまなスタイルのパズルゲームがありましたね。今回ご紹介したのは、ゲームとしての攻略性はあまり高くないですが、脳にエンジンをかけるといった役割に向いています。
頭を使う作業の前や休憩中の息抜きに、頭の回転を促すシンプルな脳トレゲームはいかがですか?

【こちらも合わせていかがですか?】
SameGameルールに独自ルールをMIXしたフリーゲーム4選
パズル好きなら絶対おさえておきたい!おすすめのパズル系スマホゲーム8選
単純なのに奥が深い!おすすめマッチ3パズルゲーム4+1選

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket