2Dでも3D並みの臨場感!「ペーパーマインクラフト」の魅力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
2

3D画面に酔いやすい方でも安心してプレイできるという利点は、3D全盛の時代になお2Dゲームが根強く生き残っている理由のひとつではないでしょうか?
今回ご紹介する「ペーパーマインクラフト(以下:ペパクラ)」は、レシピや素材の種類など、世界の法則が本家「マインクラフト(以下:マイクラ)」と同じ、まさに「2D版マイクラ」です。

横視点でもキャラから見えない部分は謎

1

マイキャラから手が届かない場所は掘ったりアイテムを配置したりできないなど、3D的な処理がなされていて、臨場感を増しています。
同じく「2D版マイクラ」として知られる「マインブロックス(以下:マイブロ)」は、地層が断面図として見えていてブロックが光を遮断することなく、たいまつを立てれば石壁の向こうにある鉱石群の存在も確認できる・カーソルさえ届けば壁の向こうにアイテム配置もできる、といった難易度を下げる仕様がありました。
ところがペパクラは、光を遮断するブロックの向こう側は完全に暗闇になっていて、掘ってみるまでその先がどうなっているかわかりません。
本家マイクラさながらのスリルを味わえるのです。
「マイブロはヌルい」という上級ゲーマーの方には、ペパクラこそがおすすめといえるでしょう。

なつかしの!?パスワード制

3

ペパクラのセーブデータは数字のみで構成されたテキストデータで、メモ帳などに貼り付けて自分でテキストファイルを保存管理する必要があります。
「ぼうけんのしょ」時代のドラゴンクエストを知らずセーブ機能に慣れた方は、少し面倒と感じてしまうかもしれませんね。
しかし、このデータ形式には「他人とのデータの共有をしやすい」というメリットもあります。
文字を書き込める場所なら、インターネットの掲示板でも、ブログでも、SNSでも、メッセージアプリでも、メールでも、チャットでも!
ただ数字を貼り付けて送信するだけで、自分のワールドを共有できるのです。
データをアップロードしたり、ダウンロードしたデータを適用したり…… それが難しいパソコン初心者の方にも、安心しておすすめできるゲームといえるでしょう。

こんなデメリット……

4

本家マイクラに興味があって、あえてマイクラ風フリーゲームをチョイスする理由には「パソコンのスペック不足」をあげる方もいるでしょう。
ペパクラは見た目こそ2Dですが、Unityエンジンで作られていてオブジェクトはすべて3Dデータとして処理されています。
本格的な美麗グラフィックの3Dゲームほどではないとはいえ、それなりのスペックが必要となるのです。
筆者のサブマシンでは、連続して石を掘り続けたときや夢中で敵を殴り続けた後など、瞬間入力数が跳ね上がったときにラグを感じました。
「同じスペックを要求されるなら、最初から本家マイクラを選ぶわい」と思うかたも多いでしょうね。
そんな方へ向けてあえてペパクラのメリットをあげるとすれば「完全無料でプレイできる」ことと「導入の手間がなく、ブラウザ上ですぐに始められる」ことです。

おわりに

本文中で触れた「マインブロックス」は、過去記事『マイクラ風フリーゲームなら「マインブロックス」がイチオシ!
』にてご紹介しております。
今回ご紹介した「ペーパーマインクラフト」同様、2Dでマイクラ再現を目指したゲームです。
どちらもよくできていますが一長一短があるので、好みや環境に合わせて選んでみてください!
また、マイクラ風サンドボックスゲームの2D版といえば、有名なタイトルに「テラリア」がありますね。
当サイトでも過去記事『レトロで可愛いドット絵スマホゲームおすすめ13選
』にてご紹介いたしました。
テラリアは2D版マイクラというより、マイクラにインスピレーションを受けて「サンドボックスゲーム」ジャンルを2Dで追求したものです。
ジャンルそのものに興味がわいたら、こちらもぜひぜひチェックを!

■PaperMinecraft:http://www.gameflare.com/online-game/paper-minecraft/

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket