おすすめ開拓系ソーシャルゲーム5選と共通する4つの攻略法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
看板

ソーシャルゲームのなかでも定番中の定番「農園系」というジャンルをご存じでしょうか? 農園系をさらに細分化すると「開拓系」と呼ばれるジャンルがあります。別名「箱庭系」や「街作り系」「島作り系」と呼ばれる場合も。
今回は、そんな開拓系ジャンルのソシャゲにスポットを当ててみましょう。

開拓系ってどんなジャンル?

木や雑草がうっそうと生い茂り、ゴロゴロと岩がそこかしこに散らかっている、そんな未開の地が舞台。プレイヤーは、まず未開の地のほんの一角の開拓から着手することとし、木を切って岩を砕き、建物を建てたり農地として使うことのできる平らな土地を広げます。クエストにしたがって作物や動物を育て、お金を稼いで、さらに次の土地の開拓へ手を伸ばしていくのです。
クラシカルな農園系との決定的な違いは、土地が最初から農地として用意されているわけではない点。ジャマなものを排除した平らな土地のすべてを自由に使えるので、好きな場所に種をまくと、そこが畑になるのです。

荒れた牧場の復興「新・ロマシコボ牧場」

ロマシコボ
出典元:©wizQ Interactive Inc.

忘れ去られ、すっかり荒れ果てた牧場を復興させることがゲームの目的です。
荒れた土地に最初から木や岩が散乱していますが、作業をして木材や石材を得るうちにいずれなくなってしまいます。このゲームでは自然に木が生えてくることはなく、開拓してキレイにした土地はずっとキレイなまま。といっても木材や石材を得る手段がなくなるわけではなく、ショップで木や岩を購入し配置できます。
ゲーム序盤はできることが少なく、新たな土地の開拓にかかる金額もやや高めに設定されているため、難易度が高く感じるかもしれません。でも、施設の建設でレシピが増えてきたら、だんだんと楽しくなってきますよ!

■Yahoo!モバゲー:http://yahoo-mbga.jp/game/12019643/detail

音声や効果音が気分を上げる「アストロガーデン」

アストロガーデン
出典元:©2013 6waves K.K.

DNA実験場を舞台とし、育てる作物や動物も「遺伝子組み換え」で生み出された不思議なものばかり。
英語音声による効果音が特徴的。ネイティブに「This is very rare!」なんて言われたらテンションも上がるというものです。フィールドをドラッグして画面に表示する位置を変えることができるのですが、川や海など水辺を表示すると水の音が聞こえるなど、情景描写が凝っています。

■Yahoo!モバゲー:http://yahoo-mbga.jp/game/12010216/detail

魔法世界で世界征服をたくらむ「マジックガーデン」

マジックガーデン
出典元:© BlueQuest Inc.

マイキャラは「ちょいワル」だったために魔法学校を追放されたという設定です。植えるものは作物ではなく、ポーションやトラップ。といっても、ゲーム上での扱いは農園系の作物と同様です。ポーションは一定時間の経過で熟成して回収でき、トラップも設置してから一定時間でワナにかかった英雄をこらしめるもの。
個人的に、今回ご紹介したゲームの中で最も、無課金で十分に遊べ、難易度のバランスが良いと思っているゲームです。

■Yahoo!モバゲー:http://yahoo-mbga.jp/game/12013169/detail

すべては夢か幻か「ファンタジーガーデン」

ファンタジーガーデン
出典元:©2013 6waves K.K.

幻想的で不思議な世界が舞台。
このゲームでは「行動力」を「想像力」と呼びます。想像力を消費してあらゆる行動をし、作物を植えたり動物を作り出すのも「想像のかたまり」というモヤから。すべてが想像の産物のようなフワフワした世界で、「たしかな実体」と呼べるものは、プレイヤーキャラとそのサポート役のクマのみ。
ジャムを与えなければ働いてくれないクマは、どこか、蜂蜜が大好きな黄色いクマを思わせます。

※2015年11月19(木)17:00 サービス提供終了
2015年10月19(月)19:00 課金サービスの終了

<2015年10月16日 追記>

■Yahoo!モバゲー:http://yahoo-mbga.jp/game/12016593/detail

点在する島を渡る「天空の王国ルメリア」

ルメリア
出典元:©BlueQuest Inc.

もともとは地上にあった「ルメリア王国」ですが、悪い魔法使いが国の土地をバラバラに引き裂いて天に浮き上がらせてしまいました。バラバラになった王国の土地の一部、天空に浮くひとつの島から始まります。
最初は小さな島の狭い範囲しか使えず、開拓をするにも生産をするにもとにかく手狭で、筆者も苦労させられました。しかし、ゲームを進めるにつれ、さまざまな島へ行き来できるようになり、それぞれの島で独立したクエが発生するようになり、ぐっとやりがいが増します。

■Yahoo!モバゲー:http://yahoo-mbga.jp/game/12021670/detail
■mixiゲーム:http://mixi.jp/view_appli.pl?id=40791

同じジャンルだから共通する攻略法

開拓系を含む農園系ゲームは、1プレイにかかる時間がほんの数分なので、複数のゲームをつまみ食いするような遊び方に向いています。他ゲームで培った経験をそのままいかすことができるのが、同ジャンルのゲームを同時進行でプレイするメリットのひとつ。
では、多くの開拓系ゲームに通用する、共通の攻略法をいくつかご紹介しましょう。

1.フレンドを作ろう
ソシャゲの多くは、母体となるソーシャルネットワーキングサービスとフレを共有しています。ゲーム公式のコミュニティには、ゲームを進めるためのフレを募集するトピックが立てられているかもしれません。
ただし、母体SNSによっては、コミュでゲームフレを募集する行為を禁止している場合もあります。コミュを使ったフレ募集を視野に入れてプレイを開始するのなら、利用規約をよく読んでプレイする場所を選びましょう。

2.欲しいものリストを活用しよう
フリープレゼントは複数の種類から選んで送れるゲームが多く、欲しいプレゼントを伝える「欲しいものリスト」があります。
クエのために特定のプレゼントが欲しい場合に役立ちますが、リストの活用法はそれだけではありません。フリプレを送るときリストしか見ないプレイヤーが多く、その場合リストに何も出していないと何ももらえない可能性があります。特に欲しいものがないときでも「行動力小回復」のような「とりあえずもらっておいて損はないもの」を常にリストに並べておきましょう。

3.初期の作物は永遠に
ゲーム序盤のレベルが低いうちは選べる作物が少なく、その多くは数分で実って収穫が可能となるものです。この初期の作物は、レベルが上がれば用事がなくなるわけではありません。売値は安くても、回転の良さは見逃せないメリットです。
ゲーム画面を開いたら、最初に初期作物を植えましょう。そして、他のお世話をしているうちにすぐ実るのでそれを回収! あらゆる行動のたびにランダムで出るトークンを集めることが有効なゲームも多く、また、そうでなくとも純粋に経験値稼ぎになります。

4.ゲームを開いていない時間も有効活用
ゲーム画面を閉じる前には、以下の点を確認しましょう。

・次のプレイ時に収穫するための作物を植えてあるか?
・ゲーム画面を閉じている間も作業をする施設に指示を出してあるか?
・レシピの制作をしているか?
・研究を進めているか?

レシピに必要な素材が足りなかったり、研究に必要な条件がそろっていないなどのケースもあるでしょう。できるかぎりでかまいませんから、これらの行動をセットしてからゲーム画面を閉じるようにしてみてください。

おわりに

開拓系ゲームはソシャゲのなかでも古典というべきジャンルです。さまざまなSNSでさまざまなメーカーからサービスが提供されているので、ぜひ一度体験してみてください。基本は同じですから、ひとつのゲームにハマれば次々と芋づる式にハマりこんでしまうこと間違いなし!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket