カワイイ脳トレ!Windows7内蔵ゲーム『Purble Place』(パーブルプレース)3種類まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
pp_1

Windows7に内蔵される『Purble Place』(パーブルプレース)には、脳トレゲームが収録されています。
ケーキを作る『Comfy Cakes』(パターン認識と処理)、キャラクターの顏パーツを考える『Purble Shop』(推理力)、神経衰弱の『Purble Pairs』(記憶力)の3種類。子ども向けのためルールもカンタンですが、大人も楽しめる脳トレです。


スポンサーリンク

カンタンで続けやすい脳トレ!

pp_1
前述した通り、子ども向けであるため、ルールもカンタン。それゆえ、とても取り組みやすく、続けやすいのです!

何かトレーニングをしようと思っても、「疲れやすい」「難しい」という印象が強いと、続けにくいですよね。しかし、『Purble Place』(パーブルプレース)は「基本」カンタンにできるため、続けやすいのです。それに、難易度の設定も可能ですから、「ちょっと厳しくしたい」ときも対応可能。(しかし、あまりに難しすぎると疲れてしまうのでほどほどに・・・!)

ケーキ作成でパターン認識と処理能力を鍛える~Comfy Cakes~

pp_2
このゲームで鍛えるのは、「パターン認識」と「処理能力」。

画面に出たケーキを正しく、そして決められた数だけ作成します。列ごとにできる作業(生地やフィリング、デコレーション)を把握し、下にある緑のボタンでシートを左右に動かして、正しいケーキを作りましょう。難易度によって、間違えられるケーキの数や次のシートの出現スピードが変わります。

pp_4
必要な数だけ正しくケーキを作成すると、成績表が現れます。間違えると、ペナルティになりスコアがマイナスに・・・。

最初は「練習」からはじめることをオススメ。「操作」や「どの列で何ができるか」に慣れれば慣れるほど、「画面に出たケーキ」の「情報認識」と「作成」がどんどんスムーズになります。つまり、「認識」と「処理」にかけられるリソースが増えるのです。「練習」で基本を掴んでから、中級や上級で応用するとより良いのでは?と感じました。

「キャラクターの顏パーツ」を考えて推理力を鍛える~Purble Shop~

pp_5
使うのは「推理能力」。「~ではないか?」と考える能力ですね。

「推理」と聞くと難しい印象を受けませんか?でも、このゲームは「キャラクターの顏パーツを予想する」というカワイイもの。それゆえ、気軽に「推理」を鍛えられるのです。

pp_8
©2009 Microsoft Corporation.
パーツを選ぶと、結果が伝えられます。今回は、「選んだパーツが違う」ことと「目は黄色ではない」ことが分かりました。すると、私たちはこう考えるでしょう。「黄色ではないなら、紫か赤だろう」と。このように、「~ではないか?」と考えて、結果と照合していくという「推理」を遊びながら身につけるゲームなのです。

カワイイ「神経衰弱」で記憶力を鍛える~Purble Pairs~

pp_10
ルールを端的に言えば、「神経衰弱」。どこに何があったかを覚えておいて、どんどんペアを作っていきましょう。左下にある3つのマークはヒントで、使うとわずかな時間、全てのカードが表向きになります。こちらは初級なので「5×5」ですが、中級では「6×6」上級では「8×8」に。

pp_11
スコアから、どのくらい「記憶」できていたか分かります。こちらは初級ゆえまだ何とか覚えていられましたが、中級や上級になるとなかなか厳しいと感じました。一気に難易度を上げるよりも、同じ難易度で日々取り組み、慣れてから難易度を上げると良さそうです。

見た目はカワイイ、中身はしっかり脳トレ!

『Purble Place』は、どれもカワイイため、非常に取り組みやすいです。そのため、苦しいと感じることなくトレーニングの継続が可能でしょう。それでいて、中身はしっかりしており、パターン認識や処理、推理や記憶と、さまざまなところで使う能力を鍛えることができます。「見た目はカワイイ、中身はしっかりしている」脳トレ、はじめてみませんか?

■『パーブルプレース』:http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/purble-place-how-to#1TC=windows-7

<画像出典元:©2009 Microsoft Corporation.>

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket