普段から現実のバッグでやってるから楽勝!?詰め込みパズル5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
thumnail

さまざまな形をしたピースを、重ならないようにうまく指定の場所に詰め込むパズルゲームを集めてみました。
このジャンルのパズルゲームは、コンピューターゲームが登場する以前から存在する歴史のあるものです。
きっちりとマスにそって配置しなければいけないテトリスタイプから、さまざまな角度やときには曲線なども使って形成されているピースを、回転も駆使して配置するアナログタイプなど、それぞれに特徴があるのでお好きなゲームを見つけてみてください!


スポンサーリンク

Attache

1

リアルなグラフィックが特徴の詰め込みパズルです。
本当にかばんの中に荷物を詰め込んでいる雰囲気を味わえます。
詰め込むピースの形は、実際にケース内にドラッグしてみるまでわかりにくい点が難易度を上げているかも。
ヒントボタンを押すと一部のピースの正しいはめ込み場所を教えてもらえますが、正解は1パターンとは限らないのが詰め込みパズルの特徴でもあるので、あくまでも参考に留めるのが良いでしょう。

http://gorillaz.com/g-player/games/attache

FitITシリーズ

2z

指定された形・大きさのピースを、指定された数だけはめ込むパズルです。
ピースは回転が可能ですが、一度配置したものをズラすことができないので、計画的に詰め込まなければいけません。
2作目まで登場していますが操作感は変わらないので、単純にステージ数が増えた認識で続けてプレイできるでしょう。

■FitIT:http://www.2play.com/games/247/fitit.html
■FitIT 2:http://www.2play.com/games/457/fitit-2.html

Canufit

3

黒板にチョークで描いたようなグラフィックが特徴の詰め込みパズルです。
上記の「FitIT」シリーズ同様ピースの回転が可能なうえ、こちらは何度でも配置を直せます。
ただし、その分詰め込みのピースとケースの関係はシビア!
ピースのデザインはステージによりさまざまですが、共通する特徴はアルファベットや数字など、文字であることです。
E同士を向かい合わせにして組み合わせたり、Aの下側のスキマに何がハマるのかを考えたりといった攻略が楽しいゲーム。

http://www.kongregate.com/games/rogerup/canufit

Phit

4

詰め込みパズル+スライドパズルといった雰囲気のパズルゲームです。
ピース同士は互いに干渉しあうので、単純に詰め込み方を考えるだけではなく、ピースの運び方にも工夫が必要になります。
動ける範囲が狭いので「詰め込み方の正解はわかるのに、ピースをそこまで運べない!」といったジレンマも。

http://armorgames.com/play/21/phit

FANCY CONSTRUCTOR

5

こちらも詰め込みパズル+スライドパズル。
上記「Phit」は画面下部の範囲に四角形に詰め込むことが課題でしたが、こちらはステージごとに詰め込む場所が指定されます。
ピース同士が干渉しあう以外に、移動を阻害する障害物が設置されているので、どう運ぶかがポイント。

http://www.gazo.com/game/fancy-constructor

おわりに

多彩なナゾ解きが楽しい3DSソフト「レイトン教授」シリーズでも、荷物をかばんに詰め込むという設定のパズルがありました。
個人的に、レイトン教授に採用されているジャンルのパズルにはハズレがないと思っています。
ゲーム製作の練習にももってこいの題材ですから、個人製作のゲームを探してみるともっとたくさん見つかるはずです。
あなたも、お気に入りの一作を探してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket