もっと!あなたの色覚は!?「RGB診断」アプリでトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
thumnail

今回ご紹介する「RGB診断」は、色覚診断アプリです。
パソコンのブラウザでプレイできる他、Android版アプリも登場しているので、お好きなほうでお楽しみください!
ゲーム説明文によると、平均点は90~95点とのこと。
でも、コメント欄には80点台の人の書き込みもチラホラ目につくので、90点を切ってしまっても大丈夫ですよ。
獲得した得点をTwitterでつぶやくボタンが用意されているので、お友達と競い合うのもおもしろそうですね。


スポンサーリンク

診断の名に偽りナシ!

2

この診断アプリは「ゲーム」というよりまさに「テスト」といった感じで、進め方が少し特殊です。
このタイプの診断アプリは、選択肢をクリックすると次の問題へ移行するのがセオリーですが、RGB診断では解答を選択したあとに自分でページめくりをして、次の問題へ移ります。
全問解答し終わってから、答え合わせ&結果発表となるのです。
自分の解答が正解だったのかどうかリアルタイムではわからないので、気になってソワソワして次の問題への集中力を失ってしまうかも!
次の問題へ進んでしまってから「やっぱりさっきの違ったかな?」と思ったときに、逆方向をクリックしてページを戻ることができる、便利な一面もあります。

満点を狙うコツは……!?

4

RGB診断が「まさにテスト」と言える理由はほかにもあります。
例えば、時間経過の概念がないので、制限時間を過ぎてタイムオーバーになったり、解答までの時間が早いほど得点が高くなるといった要素は一切ありません。
純粋に「解答がどれだけ正解に近かったか」のみで判断し、10問中100点満点で計算されます。
つまり、時間を気にせずじっくり見比べて取り組めるということですね。
ずっとモニターを凝視して目が疲れてしまっては、正しい判断ができないかもしれません。
一気に最後まで解答を進めてしまわずに、ときどき休憩をはさんで目を休めるのが、100点満点を取るコツです。

後半のシークバー問題に注目!

3

色覚診断といえば一時期Twitterを中心に大流行した、並んだパネルからひとつだけ違う色を選んだり、見本と同じ色を選んだりといったアプリが思い出されますよね。
RGB診断も、前半はそれらのゲームと同じくパネルから選択する形式です。
でも、この診断が真の姿を現すのは、後半に差し掛かってから!
R(赤)G(緑)B(青)3つのシークバーを動かして、お手本と同じ色を作る問題が登場するのです。

RGBのシークバーは、ゲームキャラクターの髪色メイキングなどで使ったことがある方もいるかもしれませんね。
また「いつもパソコンで色を作ってお絵かきをしているから余裕!」なんて方も……!?
本当に余裕だと思いますか?
普段からシークバーを使い慣れているつもりでも、虹色の円形や四角形・三角形の範囲からスポイトでおおまかな色を吸い取る手段を封じられていては、なかなか思うようにいかないものです。
通常のお絵描きソフトなどで使われるシークバーとは少し違い、この診断アプリでは15刻みで動くようになっています。
それでも、ツマミをひとつたった1度動かしたとき、元とどれだけ変化しているのかハッキリと見分けられるでしょうか?

おわりに

個人差はありますが、女性と男性では平均的に女性のほうが色を見分ける能力が優れているという説があります。
このような診断アプリを繰り返しプレイすることで、感覚が鍛えられることもあるのかもしれません。
優れたソムリエも生まれつきワインの味や香りを区別できたわけではありませんからね。
過去記事「あなたの色覚は?色覚診断ゲームと色に関するミニゲーム7選」でご紹介したアプリと合わせて、ぜひ極めてみてください!

■RGB診断:http://soratobooton.com/minigame/rgbgame.html

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket