【シャドウバース】ネクロマンサーデッキの使い方・回し方【クラス別攻略】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
1

今回はかわいいリーダーキャラクターが人気のネクロマンサーです。
若干他のデッキに比べ、組みにくいですがそれだけできることも多いということです。


スポンサーリンク

ミッドレンジ型

2

通常のミッドレンジと同じ動きですが、後半はネクロマンスの効果でより効果的にカードを使えます。
このタイプは特に墓地を意識しない事が多いですが、終盤は《カースドソルジャー》や《オルクス》といったカードを使うことが多いです。
フィニッシャーとして《デスタイラント》と起用することもありますが、その場合は墓地の管理をしたほうがいいでしょう。

ドラゴンデッキには不利ですが、その他のデッキには構成次第で対等に渡り合えます。

シナジー型

3

ネクロマンサークラスのカードにはコンボやシナジーのある組み合わせが多くあります。

例:《デュエリスト・モルディカイ》《ウルズ》
《デュエリスト・モルディカイ》は破壊された時に同じカードをコピーして場に出します。
この性質を利用して《ウルズ》の効果で破壊します。《ウルズ》で破壊したカードはそのままもう一度場に出すので、結果的に《デュエリスト・モルディカイ》が1体増えることになります。
《デュエリスト・モルディカイ》は1体でも処理が厳しいカードなので複数枚並べば相手にとって脅威になることは間違いありません。

他には《ソウルコンバージョン》と《地獄の解放者》のようなラストワード効果を積極的に発動させていくパターンもよく見られます。

比較的後半に真価を発揮するのでロイヤルやエルフに弱く、消滅系のスペルを持つビショップには強いです。

ネクロマンス型

4

ネクロマンスを確実に行うためには《集団埋葬地》を使用するのが一番の近道。1コストで毎ターン墓地を増やしてくれます。
序盤から《スケルトンファイター》や《レッサーマミー》といったカードは、軽量ながらネクロマンスすることでコスト以上のスペックを発揮してくれます。
しかも後半でも《死の祝福》を使うことで、守りも攻めも強化できるため息切れしません。

5

問題はネクロマンスを多用しすぎると後半したいときに使えないこともあります。
ネクロマンスは使用しないかどうかを選べないのが難しいです。
ヴァンパイアには強いですが、ドラゴンが繰り出す後半の爆発力には耐え切れないかもしれません。

ゴースト特攻型

6

ネクロマンスの中には《ゴースト》を生み出すカードがいくつか含まれます。
《ゴースト》は疾走持ちの1/1で場に出たターンに消滅しますが、疾走持ちであることと数が多く出てくるので奇襲攻撃になります。
守護持ちのフォロワーを相手にするのが苦手ですので、できるだけ確定除去となる《深淵への誘い》などは守護持ちフォロワーの為にとっておきましょう。

ゴーストを出せるカード
《悪戯なネクロマンサー》《ファントムハウル》《悪霊の饗宴》
などがあります。

前述のとおり守護持ちに弱いのでビショップに弱く、ドラゴンにも弱いです。
自分のライフを常に削るヴァンパイアには強いです。

ネクロマンサーのデッキ全体に言えることですが、《ケルベロス》が必須カードです。
ミッドレンジにはもちろんのこと、墓地を肥やすこともゴーストを強化することも可能です。
かなりテクニカルなクラスで、カード1枚1枚の能力を把握して最高のパフォーマンスを発揮できるようにしなければいけません。
一気に攻めこむのではなく、コツコツ堅実に戦うタイプの人に向いていると思います!

■SHADOWVERSE:https://shadowverse.jp/

<画像出典元:©Cygames, Inc.>

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket