15日で世界を救え!名作RPG「シルフェイド幻想譚」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
20150305170008

危機が迫る世界を勇者が救うストーリーはRPGの王道ですが、それに日数制限が加わったゲームは珍しいのではないでしょうか。

シルフェイド幻想譚」は限られた時間の中で冒険するRPGフリーゲームです。


スポンサーリンク

世界救済の期限は15日

物語の舞台となるのは空中に浮かぶ謎の大陸。
災いを予知した女神は、他の次元から呼び寄せた主人公に願いを託します。
「15日後に起こる”災い”の正体を確かめ、それを阻止してほしいのです」
女神の願いをかなえるため、大陸中を駆け回る冒険が幕を開けるのでした。

silfade

主人公が一歩進むごとに1分が経過するのですが、時間によって町や人の様子も変わってきます。
例えば、敵の城に囚われた人物がいます。
彼は牢獄で監禁生活を送っていて、一定期間内に救出しなければ死亡してしまいます。
他にも廃墟となった町や、薬を必要とする病人など、主人公の行動によって未来が変わるイベントがいくつも散りばめられています。

旅が楽しくなる! 愉快な仲間たち

まずスタート時点で旅の同行者となる「トーテム」を選ぶことができます。
トーテムによって戦闘スタイルや難易度が変わるため、慎重に選ぶ必要があるでしょう。
選べるのは戦士型の「クロウ」、速さ重視の「フェザー」、魔法使い型の「スケイル」の三種類です。

中でも初心者向けなのがクロウ。戦士型ということもあり、通常攻撃だけで雑魚を蹴散らすことができます。
トーテムとは会話もできるのですが、一番常識人かつ苦労人なのもクロウです。
数少ないツッコミ役として道中を賑やかにしてくれます。

silfade

冒険の途中で仲間になるキャラクターもいます。
最も簡単に仲間になってくれるのは、大賢者サリムの孫・イシュテナでしょうか。
彼女は攻守の魔法を使いこなし、ワープのできる「転移」も会得できます。
魔法の使えないクロウでプレイしている場合、強力な味方になってくれるでしょう。

仲間になれるのは基本的に6人です。
キャラクターによっては条件が厳しいものもあり、全員を仲間にするにはかなりの難易度になっています。
やりこみとして全制覇を目指すのも楽しいかもしれません。

クスッとくる小ネタも満載

やりこみ系フリーゲームの記事では「タンスを漁るのではなく、タンスごと持って行くのがelona式」と紹介しましたが、今作もタンスごと持って行くことができる仕様になっています。
それだけでなく「タンスごと持って行き、タンスを漁り、物理で殴るのがシルフェイド式」と言えるでしょう。

ある街に「部屋にあるものなら何でも使ってくれ」と言う親切なおじさんがいるのですが、お言葉に甘えてタンスごと持っていくことができます。
silfade
実はこのタンス、武器として装備することができます。しかもかなり高性能で、物理攻撃だけでいえばトップクラスの武器だったりします。

同じ場所で手に入る防具「テーブル」、仲間に着せようとすると反応する「バカには見えない服」など、細かいネタがちりばめられています。
また、タンスを使用することでトーテムとの会話が見られたりと、ただ回収するだけには留まらないほどになっています。
日数は限られていますが、小ネタを回収するためにも世界の隅々まで冒険しつくしたいですね。

繰り返すたびに強くなる

「シルフェイド幻想譚」は細かい部分のバリエーションがとにかく豊富なため、何度もプレイしたいと言う方も多いはず。
そのためもあって、本編クリア後には強くてニューゲームも用意されています。
スタート時点でどれだけ強くできるかは、プレイの成績によって変わってきます。

その成績表となるのがプレイ評価でしょう。
経過日数・戦闘評価・仲間の数・冒険履歴で評価され、総合の値まで出ます。
トーテムたちの講評が聞けるため、じっくり見ておきたい項目になっています。

初めて2周目をプレイする時には、引き継ぎの効果に驚く方も多いのではないでしょうか。
なるべくいい成績でプレイし、次周に持ち越し、さらに強化する……と、何度も楽しむことができるゲームです。

期待を裏切らないシリーズ

作者であるSmorkingWolf氏は「モノリスフィア」「シルフェイド見聞録」「片道勇者」など有名なタイトルをいくつも制作しており、そのたびに絶妙なギャグと顔芸でプレイヤーを笑わせてきました。

しかしギャグテイストの雰囲気にもかかわらず、ゲーム自体の完成はかなりのもの。
今回紹介した「シルフェイド幻想譚」も、「Smorking Wolfらしい」要素を引き継いでいます。

仲間の一人であるアルバートも、過去作「シルフェイド見聞録」から続投の人気キャラクターです。
彼の我が道を行く性格や常識外れの言動も、登場するさまざまな作品で発揮されています。
また、「バカには見えない服」システムも、「片道勇者」の中で「ゼヌーラの魔法」として再び登場しています。

「シルフェイド幻想譚」にグッと来たのなら、Smorking Wolf氏の他の作品もプレイしてみてはいかがでしょうか。

公式サイト:Silver Second

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket