サイコロを投げるだけで、盛り上がるゲーム『ストライク』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
thumnai

単純なサイコロだよりのゲームは、運任せになってしまうことが多々あり、 その結果、ゲーム進行が流れていくばかりで時に面白さに欠けてしまう時がある。
しかし、場合によっては思いがけない展開が起こり、遊んでいる人も見ている人たちを魅了する時もある。
今回はそんなサイコロのゲームの一つとして『ストライク』を紹介しようと思う。


スポンサーリンク

ホントに、サイコロを振るだけ!?

まず、このゲームを開けると箱の中には、数多くのサイコロとダイスアリーナと呼ばれている闘技場がある。
ちなみに、サイコロは全て「1」の目が無い代わりに「×」が描いてある。

IMG_5830

必要な物はこれだけ。シンプルイズザベスト。
各プレーヤーはサイコロを持ってスタート。

ちなみに、手持ちのサイコロをすべて無くすとゲームからリタイアしてしまう。
手持ちのサイコロ一つ一つを自分の命だと思うのが、ゲームが盛り上がるコツだ。

手番では、手持ちのサイコロ最低一つを競技場に振って入れる。
そして、闘技場内に同じ目が二つ以上あると、揃っている目のサイコロ全てを自分の手元に加えることができるのだ。

IMG_5832

しかし、同じ目がなかった時は選択肢がふたつある。

このまま、次の手番に移すか。

IMG_5833

もう一つサイコロを振って挑戦するかの2択だ。
たくさん降れば、そりゃ数字は揃いやすくなるので、入れたくなるのはしょうがない。
もちろん、揃わない限り、いくらでもサイコロを振ることができる。

基本的なゲーム進行は、それだけ。
しかし、いくつかのルールがあることでこのゲームは格段に盛り上がるのである。

闘技場にサイコロがなくなると?

闘技場に振った際に、「×」の目が出ると、即座にそのサイコロを闘技場の外に取り除かなくてはならない。
取り除いたサイコロは以降、このゲームでは使うことが無くなる。

IMG_5835

つまりは、ゲームが進行するにつれ、ゲームで使われるサイコロの合計数は減っていく。

そして、たまに、この闘技場にサイコロが無くなってしまう時がある。
そうすると、次の手番プレーヤーは闘技場内にサイコロを全て同時に振らなくてはならない!

IMG_5836

いままで、一つ一つを振っていただけに、同時に多くのサイコロを振るというのは見応えがある。
これにより、揃ったサイコロは全て手元に戻ってくるのだが、大半は揃うことなどないので、手持ちが減るのがほとんどだ。

このルールにより、サイコロの手持ちが少ないプレーヤーが大逆転をする展開なんてのもある。
素晴らしい。

闘技場の意味?

いままで、話したルールではこの箱が闘技場である由縁はわからないだろう。
何故、わざわざサイコロを入れる場所がるのか?なんで、囲いがあるのか?

その最大の理由は、実はこのゲーム・・・
サイコロ同士をぶつけて、サイコロの目を変えることが許されている。
あえて端的にいうなら、サイコロ投げてぶつけていいのだ。

IMG_5881

IMG_5885

二つある内、片方を上手くぶつけて、三つ同時に揃えるということもできる。
もちろん、そう甘くはありませんが。

IMG_5887

そんな、サイコロを振るだけで盛り上がっちゃうゲーム『ストライク』、ぜひ一度、遊んでみてはいかがだろうか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket