TCG(カードゲーム)をやっていると、そのうち出てくる悩み「収納場所や方法」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードの整頓

みなさんはカードゲームなどの大量のカード、どうしていますか?
ちゃんと仕分けしようと思った時にはすでに時遅し。大量のカードが散乱していることもしばしば。

そこで今回はTCG(カードゲーム)などの大量のカードを簡単に仕分けできるおすすめの方法と、収納場所の作り方を紹介します。是非参考にしてみてください!


スポンサーリンク

仕分けは3つにする

まず、カードを3つに分けます。

・使うカード
・たぶん使うカード
・絶対使わないカード

という感じです。
ポイントは「たぶん使うカード」も分けておいておくこと。

「使ってないけど、使いそうだから」と使うカードにしてしまうと、使うカード置き場がいっぱいになってしまいます。
「たぶん使うカード」置き場を作ることで、今は使わないカードを別においておけます。また、ある程度選別されたカードが集まっているので、探すのが比較的楽になります。

次に使うカードだけ、ジャンル分けします。
全部やろうと思うとそれだけでやる気がなくなるので、ここは最小限でいいと思います。

収納スペース拡張アイテム「デスクテーブル」を使おう!

カード収納例1

カードを収納するためにわざわざ棚などを購入するのは、なんだか大げさですよね。
そこで、パソコンのディスプレーなどを嵩上げできる「デスクテーブル」を使ってみます。
これの高さが意外にカードの高さにマッチしていて、ケースに入れて収納するのにぴったりなのです。
ガラス製のものを使えば、上からも見えるのでちょっと便利。そしておしゃれ。
2,500円ほどで購入したので、わざわざ棚を購入するよりもリーズナブルではないでしょうか。

100均で買える組み立てラックも活用!

ラックで簡単収納

100円均一の大型店などで販売されていることがある組み立てラックもおすすめ。
小型でテーブルの上におくのにちょうどいい大きさで、デッキケースやストレージを並べるのに適しています。
ポールや段ごとにバラ売りされているので、写真のもので500円くらいしますが、カスタマイズ製が高く、自分の好きな形にできるのでおすすめ。
あれこれ考えながら組み立てるのも楽しいですよ。

使わないカードは専用のカラーボックスにまとめる

カラーボックス収納

その他使わないカードは、収納用のカラーボックスを買って入れています。
そして、ここに入らないカードは処分するようにしています。
いらないカードは処分しないと、TCG(カードゲーム)をやっている限り貯まり続けるので、処分する基準を決めておきましょう。

処分の仕方はそれぞれですが、筆者の場合は初心者の方に譲るようにしています。
カードゲームを始めて最初の壁は「カード資産の少なさ」です。
たくさん持っていて余っているカードや、どう考えても使えないカードでも、初心者の人にとっては助かります。

カードの整理は日頃から!

日頃から整理しておかないと、大会前や大事な試合の時に困ってしまいます。
一度自分のカード在庫の棚卸しをしてみてはいかがでしょうか。
ちなみに、自分は「使うカード」はデスクテーブルの下、「たぶん使うカード」はデスク足元のスペース、「使わないカード」は物置のカラーボックスに入れています。

【こちらの記事もいかがですか?】
2大TCG(カードゲーム)!マジック・ザ・ギャザリング(MTG)と遊戯王の始め方と予算比較
大人になってから始める「遊戯王カード」の魅力
世界で人気!TCG(カードゲーム)の元祖『マジック・ザ・ギャザリング(MTG)』を始めよう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket