STGとパズルで披露された圧巻の神技!「わっしょい!闘会議2016Edition」レポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
CIMG0453

2016年1月30~31日に開催された「闘会議2016 ~ゲーム実況とゲーム大会の祭典~」。
31日のアーケードエリアでは、ビデオゲームの神技が見られる「わっしょい!闘会議2016Edition」が行われました。
演目は、『ガンバード2』『ぷよぷよ通』『虫姫さま』です!

 

 

わっしょい1 わっしょい2

わっしょい3

【アーカイブ】ニコニコ生放送「アーケードステージ@闘会議2016[DAY2]

 

『ガンバード2』~ノーミスクリア!高速弾をさばく美しいパターンと稼ぎの神技~

 

ガンバード2-1 ガンバード2-2

プレイヤー:「三茶鮫(さんちゃざめ)」さん

解説:「SYO(ショウ)」さん

1998年、「高速弾」を特徴とする彩京がリリースした縦スクロールシューティング。構成は全7面(2周END)、60万点で1機増えます。また、ボムを最大まで取った後さらに重ね取りすると10万点アップ!その他、チェイン(コインを特定条件下で取得すると発生する)をつなげることでもスコアが増えます。

今回、三茶鮫さんが使うキャラクターは「バルピロ」(移動が遅い・攻撃力が高い・当たり判定が大きい)です。

1周目からスムーズな進行。しかしラスボスに到達するとざわつきが・・・。どこかで見たようなデザインのため、笑いが起こったのです。そして2周目。敵弾が速くなる上に撃ち返し弾(壊した敵から弾が出る)が出現します。バルピロは足が遅いゆえ急回避は難しいキャラ。ですから、「避ける・壊す」などのパターンは、1周目よりも煮詰める必要があり、それを実行するための丁寧な動きも必要です。これをきちんと行い、何と2-4時点でノーミスノーボム。ステージをクリアする度に、場内から拍手が鳴り響きました!

2-5ボスの第二形態では、高速の上を行く最高速レベルで左右に弾がばらまかれました。しかし、パターンをきっちり組んでいる三茶鮫さん。丁寧な自機操作で隙間を綺麗に避けてボスを倒しました。そして2-7。開幕、砲台から高速弾が撃たれます。これを避けるために組まれた動きを華麗に行いつつコインも取得。ラスボスも安定した動きで撃破し、ノーミスクリアを成し遂げたのです!

『ぷよぷよ通』(アーケード版)~熱い戦い!細かな技術と大連鎖の神技!~

ぷよぷよ

プレイヤー:「drapom(ドラポン)」さん、「HIRO(ヒロ)」さん

解説:「くまちょむ」さん

1994年、コンパイルからリリースされたパズルゲーム。1時間を使ってスコアを競います。
おじゃまぷよ(敵の攻撃によって降ってくる)を消しつつ連鎖につながるラインを残したり、連鎖部分を残しつつ相手の攻撃を相殺したり、敵を上手に生かしたり(敵が途中で死ぬと連鎖が発動できないことが)。また、大連鎖が組みやすい前半面でできるだけスコアを稼いでおくという、随所に技が見られる熱い試合でした!

最初、調子が出ないdrapomさん。それに対しHIROさんは、1面から17連鎖及び全消しと飛ばし、最終的に104万点を叩き出します。しかし巻き返すdrapomさん。何と3ステージを残し94万、さらにそこから脅威の113万点に到達したのです!

解説のくまちょむさんによると、110万はスコアに挑む人が100回やって1回出るか出ないかとのこと。その後、二人ともにチャレンジを繰り返し、勝ったのは113万点を取ったdrapomさんでした!

『虫姫さま』~「どこを避けるの!?」をドット単位で避けていく神技~

虫姫さま1 虫姫さま2

プレイヤー:「ダメシューターK.K」さん

解説:「kanaechaniidx(かなえちゃん)」さん

2004年、CAVEからリリースされた弾幕シューティング。プレイするモードはウルトラで、全5面です。KKさんいわく9年ぶりのプレイとのこと。そもそも現在ゴルフに夢中で、レバー自体3年ほど触れていなかったそうです。

1面からまさに「弾幕STG」のウルトラ。面を追うごとにその密度と速さは凄いものになります。しかし、1-3も1-4も難なく進行していくKKさん。最終面にあたる5面からは、さらに圧倒的なプレイを魅せました。

そしてついに、真ボス(ウルトラのみ出現)に到達。真ボス最終形態の光点(弾を撃つ弾)が放つ弾幕は、「隙間があるの?」と言いたくなるほどです。これを、光点をずらすワザで弾を少しでも減らし、その間に撃っては逃げ・・・と整ったパターンを披露したのです。

しかし、ボムが尽き、残念ながらボスのゲージ残り数センチで死んでしまいます。残機が無くなり痛恨のコンティニュー。その後、きっちり撃破したもののとても悔しそうなK.Kさんでした。けれども、見事なプレイに大きな拍手が巻き起こりました!

 

―――本当にどのプレイヤーさんも素晴らしい神技でした・・・。次回、またどこかで「わっしょい」が開催されることを願ってやみません!

それから最後、司会のえび店長さんから「ビデオゲームに熱意を持っている人もそれを守っている環境もまだまだあります。ゲームセンターに寄って熱を感じて頂ければ!」という話が。私自身もビデオゲーム好きなので、コインを入れて帰りました。皆さんも是非、ビデオゲームに触れてみてください!

 

「わっしょい!闘会議2016Edition」ページ:http://tokaigi.jp/2016/booth/arcade.html

 

(写真は筆者撮影)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket