ニコニコアプリにてタイピングゲーム「北斗の拳 百裂MAX」登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
working-690680_1280

ニコニコアプリ「北斗の拳 百裂MAX ~1億人のタイピング伝説~(以下:百裂MAX)」の事前登録受付が始まっています。この百裂MAXは、Yahoo!モバゲーでプレイできる「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~(以下:激打MAX)」をニコニコアプリ専用に特化させたタイピングゲーム。さらに、激打MAXはもともとパソコン用ソフトであった「激打」シリーズをソーシャルゲーム化したもので、シリーズの歴史は1999年から始まっています。まさに19xx年……!
主人公である「ケンシロウ」の必殺技「北斗百裂拳」が100発もの突きを高速で繰り出すことと、キーボードを高速で打ち込むことの共通点から、北斗の拳とタイピングゲームの相性はバツグンと言って良いでしょう。

※「北斗の拳 百裂MAX ~1億人のタイピング伝説~」10月26日(月)正式サービススタート!!

激打MAXとは?

激打
出典元:©武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証GE-502 ©PLANEX CARS INC. ©MiCROViSiON Inc.

ゲーム画面を開くとまず流れるテーマソングが、ちまたにあふれる多くのソーシャルゲームとは一味違うことを感じさせます。ゲーム中にも、おなじみの豪華声優陣によるセリフの効果音がふんだんに盛り込まれていて、アニメファンをもうならせることでしょう。
ゲーム画面の下部には、北斗の拳に登場する悪役「モヒカン」が解説をするコーナーもあり、世界観そのままに遊び方を覚えられます。もちろんゲーム中にも遊び方を解説するチュートリアルがあり、こちらを担当するのは、ケンシロウと行動をともにするキャラクター「バット」です。

ゲーム内容は、ソーシャルゲームに多くあるカード収集ゲームによく似ています。
・本編では進行するエリアを選び、一歩ずつ進行する。
・進行度が100%になるとエリアボスと対決。
・エリアボスに勝利すると次のエリアへ進めるようになる。
・進行中は、雑魚敵との戦闘あり、アイテムやカードを拾うイベントあり。
・入手したキャラクターカードや技カードでデッキを組む。
・本編以外には、他プレイヤーとの対戦・レイドボス・期間限定イベントなど。
違うのは、雑魚敵やエリアボスとの戦闘がタイピングで行われるという点です。

■「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」Yahoo!モバゲー:http://yahoo-mbga.jp/game/12015888/detail

百裂MAXとは?

現在はまだサービスを開始しておらず「事前登録受付中」状態。
解説を見るかぎり、基本的には激打MAXとほとんど同じ内容を継承しているようです。タイトルを変更し同じゲームとして出していないのは、ニコニコアプリというプラットフォームに特化した改良が加えられているためでしょう。
このバージョンで新たに登場したモードが「生主之間」です。ニコニコアプリには、ニコ生主と視聴者がゲームを通じて交流できる「生放送対応」ゲームがあり、この百裂MAXも該当ゲームのひとつ。ソーシャルゲームのプラットフォームと、インターネットライブ配信サービス…… 両方を併せ持つ「ニコニコ」だからこそ可能なモードと言えます。ユーザー同士の対戦モードは激打MAXから存在していますが、生主之間にはどのような違いがあるのか、今から楽しみですね。

※「北斗の拳 百裂MAX ~1億人のタイピング伝説~」10月26日(月)正式サービスがスタート!

他にもこんなタイピングゲーム

北斗の拳タイピングゲームに興味が沸いた方は、まずはYahoo!モバゲーで激打MAXをプレイしてみてください。また、Yahoo!モバゲーには、他にも以下のタイピングゲームが存在しています。基本無料でプレイできるので「会員登録をしたついでに、ちょっと試してみる」だけでもいかがですか?

進撃の巨人~盤打~(以下:盤打)

進撃
出典元:©諫山創・講談社 /「進撃の巨人」製作委員会 ©MiCROViSiON Inc.

人気アニメ「進撃の巨人」をモチーフにしたタイピングゲームです。
サービス提供会社が激打MAXと同じなので、両者には多くの共通点があります。豪華声優陣によるセリフの効果音をふんだんに使い、出題文も作中名場面からの発言やキャラクターの名前などが多く「進撃の巨人」の世界観が好きな方に特にオススメ!

■「進撃の巨人~盤打~」Yahoo!モバゲー:http://yahoo-mbga.jp/game/12023287/detail

ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド(以下:TOD)

TOD
出典元:©SEGA

人気ガンシューティングゲーム「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」をモチーフにしたタイピングゲームです。アーケードゲームとして初登場後は、ドリームキャストやプレイステーション2などにも移植されています。Yahoo!モバゲー版は1ステージのみの構成で、成績のランキングを競う以外にソーシャル要素はありません。
なぜか出題文が「内定取り消し」や「筆記だけは負け無し」など、就活生の心をえぐるものばかりに偏っているのが謎。

■「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド」Yahoo!モバゲー:http://yahoo-mbga.jp/game/12004062/detail

おわりに

「タイピングを練習するだけの学習ソフト」に留まらず、ゲーム性の高いタイピングゲームが増えていますね。今回ご紹介した激打MAXや盤打などは、1文の出題1回ごとに戦闘や進行の結果判定を行うので、タイピングに不慣れな方でも落ち着いてプレイできるでしょう。一方TODは、アーケード版同様、同時に複数の敵が出題文を持って現れるので焦ってしまいますが、本格派を求めるプレイヤーにオススメです。
過去記事「楽しく学べる!おすすめの無料タイピングゲーム8選」でも多彩なタイピングゲームをご紹介している他、「日本人もお寿司は大好き!おすすめ寿司系フリーゲーム特集第2弾」ではお寿司をモチーフとしたタイピングゲームが登場します。
興味のある方は、合わせてチェックしてみてくださいね。
ただし、やりすぎには注意!
筆者のキーボードは既に「K」「N」「M」「エンター」キーに穴が開き、ホームポジションを示す「F」と「J」についているはずの突起はツルツルになってしまいました。

<2015年10月29日(木)追加編集>

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket