1日目を生き残れるか!?シビアなサバイバル「Wayward」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
1

『Wayward』とは、上から見下ろした視点の2Dマインクラフト風であり、また、ローグライクでもあるサバイバルゲームです。
このゲームはたったひとつの攻略法などはありません。
プレイヤーは、あらゆるものを利用し工夫をして、生きるすべを自分で考えなければいけないのです。


スポンサーリンク

絶望だけじゃない!夢もある!

2

主人公は、気が付くとこの島に漂着していて、粗悪な道具以外たいした荷物も持っておらず、しかし「財宝」について何か覚えがあった、ということのようです。
つまり、『Wayward』の最終目的は「財宝」を入手すること、そしてこの島を脱出すること。
島を出るためには当然泳いでいくわけにはいかないので、船を作る必要があるでしょう。
しかし、ともかく当面の最大の目標は「生きること」です。
なにしろ、わけもわからずたった独りで無人島に投げ出されているのですから。

何が起きても落ち着いて対応できる!

『Wayward』はローグライクの基本的なシステム、ターン制を採用しています。
マイキャラがひとつ行動を起こせば、世界で1ターン分の時間が経過するのです。
つまり、行動を起こさなければ時間は経過しないということ。
マインクラフトなどで、スケルトンにどんどん射抜かれたり、不用意に掘った穴から溶岩が流れ出てきてあわてて穴をふさいだり……
そんな経験、ありませんか?
このゲームでは、まったく焦る必要はありません。
じっくりと考えて次の一手を決められるので「反射神経には自信がない」「瞬間判断力がない」という方に、特にオススメのゲームなのです!

画面レイアウトは自由自在!

3

ゲーム画面の左下には、メニューの一覧があります。
「Actions」はさらに画面の真ん中に小メニューが現れるので、ここから行動指示が可能。
そして「Main Menu」「Help」以外はすべて、クリックするとダイアログ表示のオンオフを切り替えられます。
各ダイアログはサイズや位置を自由に調整できるので、ブラウザウィンドウの広さに応じて、自分なりのゲーム画面をレイアウトしてみましょう。
また、インベントリー(Inventory)欄は「I」キー、製作(Crafting)欄は[C]キーなど、頭文字をキーボードからタイプすることでもダイアログ表示のオンオフを切り替えられます。
いつでも1キー操作で表示できるのですから、普段はすべて閉じて画面を広~く使うのも良いかもしれませんね!

持っているだけじゃ意味がないぞ! ちゃんと装備しないとな!

4

初期所持アイテムはゲーム開始ごとにランダムに変化するようです。
最初に持っているのはどれも心もとない装備ですが、もしも武器や道具を持っていたなら身に着けておきましょう。
骨のような、道具とは思えないアイテムを装備できるケースもあります。
「棒状のものはとりあえず持ってみる」つもりでいると良いですね。
アイテムアイコンを装備(Equipment)欄の適切な位置へドラッグ&ドロップしましょう。
手の装備欄は、右手欄と左手欄があります。
どうやらこの主人公は右利きらしく、右手に装着した装備品のほうが早く劣化するとのことなので、盾やたいまつなどを左手に持つことがセオリーのようです。

おわりに

5

フィールドから素材を得て道具を作る「クラフト」要素がある点はマイクラとも共通していますが、生き残りのシビアさはまさに初代ローグそのもの! 初心者の壁となるのが「1日目を無事に生き残り、2日目の朝を迎えられるかどうか」であることからも、サバイバルの厳しさがうかがえます。
最新のバージョンは有料となり、現在バージョン2.0.5がSteamで購入可能です。ブラウザ上でプレイできる無料版も公開は続行されているので、まずはこちらを試してみることをオススメします。無料版は以後、意欲的なバージョンアップはないことが制作者から発表されているので、体験してみて気に入ったら最新バージョンの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

■無料版(1.9.3):http://www.unlok.ca/wayward/
■有料版(2.0.5):http://store.steampowered.com/app/379210

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket