敵は野生動物だけじゃない!飢えや乾きに耐え「Wayward」体験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
thumnail

無人島でたったひとり、生存をかけたシビアなサバイバル「Wayward」。
できること・やるべきことがわかってきたら、だんだんと面白くなってくる……スルメのようなゲームです。
しかし、面白さがわかるまえにふるいにかけられ「何もできない」「わけのわからないゲーム」と認識したまま去ってしまうプレイヤーがいることも事実。
生き延びるコツなどを伝授する記事を引っ提げてさっそうと登場したいところですが、筆者自身もあまり生き延びられてはいない状況です。
そこで今回は、このゲームの面白さがわかってきた筆者がニューゲームでサバイバルしてみた様子をご覧ください。


スポンサーリンク

初期所持品は候補からランダムに決定されるので、ゲームが始まったらまずはインベントリを開いて所持品を確認しましょう。
このゲームは「最初に何を持っているかで、その後の難易度が変化する」といっても過言ではありません。
採集道具や武器として手に装備できるアイテムがありません……!
地面に埋まったものを掘り出す、とがった道具もなし。
3

さらに、クラフト欄を開いてみても、手持ちの素材で道具は作れそうにありません。
これは手ごわい回になりそうです。
4

なにはなくとも、手に装備する棒状の道具と地面を掘るとがった道具。
島で生きるために必要なものを集めるには、不可欠です。
右下のミニマップを頼りに、木と岩を探しますが…… ク、クモが現れました!
強い敵ではありませんが、丸腰の状態では命取りになりかねません。
ゲーム内時間が経過するので無駄な移動は避けたいのですが、ここは逃げるとしましょう。
5

逃げた先で偶然木の枝を拾いました。
早速装備欄を開いて手に持ちましょう!
6

武器を手に入れたので、しつこく追ってくるクモと戦闘を試みます!
でも木の枝はあっけなく壊れてしまい、素手で戦うハメに……
からくも勝利しましたが、体力は半分近く削られてしまいました。
7

さらにフィールドを歩いていると、とがった石を拾いました。
これを使えば、地面に埋まっているアイテムや、倒した敵の死がいから切り出し可能な素材を得られます。
頻繁に使う道具は右下のスロットにセットしましょう。
これでキーボードから該当の数字キーを押すだけで使えます。
8

先ほどの戦闘場所まで戻り、クモの死がいに向かって[1]キーを押します。
回収しておけば、後々貴重な食料となるでしょう。
9

では、とがった石を手に入れたので、島を散策してみましょう。
浅い海の中に見える海藻も同じ方法で採集できます。
10

今度はネズミの登場です。
やはり弱めの敵ではありますが、先ほどのクモよりも強いので、丸腰のうえ先ほどの戦闘で体力が削られている状態で戦いたくはありません。
ここは逃げることにしましょう。
11

なんとかネズミはまいたようです。
そして逃げ惑ううち、良い土地を発見しました。
生きるために欠かせないものが、食料と飲み水。
特に無人島では飲用にできる真水を確保するのはなかなか難しいので、このゲームで池や水たまりを発見できれば運が良いといえるでしょう。
12

このあたりに拠点を作ることに決めました!
道具も素材も豊富とはいいがたいので、なるべく地形を利用して安全地帯を作りたいところです。
良い地形はないものかと探っていたら…… ネズミが追いついてきたばかりか、2匹に増えました!
ヒエーッ逃げろ!
13

途中、つるが巻き付いた木を発見しました。
外側のつるは比較的容易に得られるうえ、ムチに加工すれば序盤では心強い武器となります。
先ほど逃げながら拾った木の枝を装備して、ネズミの追跡に気を付けながら慎重にはがしていきましょう。
14

何度か木に体当たりをして草のつるを入手し、狙いどおり、クラフト欄でムチのレシピが製作可能状態になりました!
道具には耐久力があり、ゼロになると失われてしまいます。
予備を作っておいたほうがいいので、木のグラフィックが変わるまでさらに体当たりを繰り返してつるを集めましたが、2本目のムチを作るには至りませんでした。
15

さて、逃げてきた先ではありますが、この地形なら拠点を作れそうです。
自分だけが通過でき野生動物は遮断するドアを作って、岩山にできた通路の両端を封鎖しましょう。
17

ドアを作る素材を集めるのに良い木を探していたところへ、またネズミが現れました!
でも、先ほど作ったムチを装備しているので、もう怖くありません。
18

少し負傷しましたが、余裕の勝利です!
これが武器のちから……!
では、ネズミの死がいにも[1]キーでとがった石を突き立てて、取れる素材をすべて取っておきましょう。
19

ここでとがった石が壊れてしまいましたが、拾った素材でとがった石を作れるレシピが製作可能状態になっています。
こちらのアイテムもなるべく予備を作っておいたほうがいいですね。
作れるだけ作っておきました!
5個もあればしばらく困らないでしょう。
20

さて、あらためて原木を探し…… もう1匹のネズミが現れました!
でも大丈夫、ネズミなら余裕で倒せることが既にわかっています。
21

倒しました! そしてまた後ろからネズミ!
この島ネズミいすぎでしょ! どうなってんの!
22

調子に乗って殴り掛かったら、武器が壊れてしまいました。
でも、ネズミは逃げ出したので深追いはしません。
こちらの体力も危険な状態です。
23

出血状態が続いて、歩くたびにダメージが蓄積しています。
これはドアを作るとか言う前にとにかく休まなければ……
24

先ほど発見した拠点候補地まで戻って、ひと眠りしましょう。
危険ですが、このままではどちらにせよ死んでしまいます。
25

出血状態のため睡眠状態を維持できないみたいで、すぐに目覚めてしまいました。
でも、傷の手当てができるアイテムを持っていない以上、安静にしているしかありません。
さらに寝袋から睡眠を選択。
そしてそのまま二度と目覚めることはありませんでした……
27

さて、今回の筆者のサバイバルはあっけなく終了してしまいました。
言い訳になりますが、ほ、ほら、初期所持品があまりよくなかったので……
初期所持品運や地形運に恵まれれば、日が落ちる前に火を起こして、ぐっすり眠れる安全な拠点を作ることだって難しくないはずなんですよ!
28

厳しさばかりが浮き彫りになってしまった気もしますが、このゲームの楽しさも感じていただけたでしょうか?
死ぬと「なんだよこのゲーム!」と思うのですが、なぜだか繰り返しプレイしてしまう不思議な魅力があります。

■無料版(1.9.3):http://www.unlok.ca/wayward/
■有料版(2.0.5):http://store.steampowered.com/app/379210

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket