育成&シューティング!やりこみ要素たっぷりの『ウィズ メルクリウス -perficio-』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
wm_1

『ウィズ メルクリウス -perficio-』は、とても可愛いメルクリウス(人工精霊)を育てながら古代の遺産「イニティウムの書」の断片を集め、復元と解読を目指していくゲーム。錬金術がモチーフゆえ、ファンタジー世界にどっぷり入りこめます。しかも、育成パート以外にもうひとつ要素が。それがシューティング。
そう、育成に必要なアイテムを取得したりストーリーを進めるには、シューティングをするのです。
やりこみ要素たっぷりの『ウィズ メルクリウス -perficio-』をご紹介します。


スポンサーリンク

メルクリウスを育てよう!

wm_2
出典元:©MASAMUNE
メルクリウスのご飯とも言える「エレメント」。これを与えてステータスを上げていきましょう。種類ごとに、上昇するステータスが異なります。

wm_3
出典元:©MASAMUNE
セットされたエレメントは、左上に!
見えにくいのですが、セットすると「キラキラ」が降ってきます。それがとてもキレイで見ているだけでも癒やされるという!

wm_4
出典元:©MASAMUNE
「エレメント」だけなら、「元素錬金」で作成可能!
純度と精製量に応じて使うスタミナが変わるので、きちんと確認しておきましょう。純度を上げることで高ランクのエレメントを作成することが可能です。

「自由錬金」で、武器になるマテリアとエレメントが手に入ります

wm_9
出典元:©MASAMUNE
マテリアはこちら。食料や武器、いろいろあります。
よく見ると、カードの上に何か書いてあります。これは「シューティングパートでどのような武器になるか」を表しているのです。「レーザー」や「オプション」、「エイミング(追尾)」などなど・・・。でも使ってみないと、どういった形や範囲なのか分かりません。この点、ドキドキです。

wm_5
出典元:©MASAMUNE
さあ「自由錬金」に進みましょう!
シューティングパートの「自由錬金」はクリアするとたび、ひとつ上のレベルに挑戦が可能になります。

wm_6
出典元:©MASAMUNE
操作は、オプションからマウス・キーボード、好きなものを選べます。やりやすい方で遊びましょう。そして右側にあるのがマテリア。装備によって攻撃が変わるので、なかなか楽しいです。
しかし、ふたつしか装備できません。何と何を組み会わせるか、悩みどころです・・・。

wm_7
出典元:©MASAMUNE
無事にクリア!
スコアは、ノーミスやチェインなど要素を満たすと伸びていきます。人によってはこの点が燃えるポイントかも?

wm_8
出典元:©MASAMUNE
こうしてマテリアとエレメントができました。マテリアは、この画面で取り替えが可能です。後でも交換できますが、ショップで売っているアイテムを使わなければなりません。今か後か、いつ取り替えようか悩ましいところです!

また、「自由錬金」とは別に「遺失錬金」はストーリーパートになっていて、ストーリーを進めることでメルクリウスも成長していきます。
マテリアやエレメントを「自由錬金」で集め、「遺失錬金」でストーリーを進めていきましょう!

たまに現れるカワイイ謎の生き物

wm_10
出典元:©MASAMUNE
画面を開いておくと、たまに謎の生き物が現れます。クリックするとちょっとしたいいことが・・・!(スタミナの回復やステータスアップなどなど・・・)
見つけた際はかならずクリックしておきましょう!

楽しめる要素はたくさんありますが、やはり一番は・・・

私は、シューティングと育成、どちらも好きです。それゆえ、最初はジャンルに惹かれたようなものでした。しかし、プレイしているうちに、やりこみ要素に気づいてしまったのです。謎解きもありますし、マテリアの種類もそうですし・・・。

でも、なんといっても一番はメルクリウスがカワイイ!
ここでした。なんだか妹ができたようで、ほのぼのしてしまったのです。

『ウィズ メルクリウス -perficio-』には「育成」「シューティング」を軸としてさまざまな長く楽しめる要素があります。皆さんはどの要素がお好きですか?

■『ウィズ メルクリウス -perficio-』ゲームページ:http://masamune-games.net/With-Mercurius/play.html
■『ウィズ メルクリウス -perficio-』クレジットページ:http://masamune-games.net/With-Mercurius/credit.html
■『マサムネゲエムス』公式サイト:http://masamune-games.net/index.html

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket