驚きの発想!診断メーカーで作られたゲーム「ゾンビサバイバル」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
top

「診断メーカー」というサービスをご存じでしょうか?
日常的にTwitterを利用している方なら、一度は見たことがあるかもしれません。
ランダムに結果が表示される、占いや鑑定・診断コンテンツを誰でも簡単に作れるサービス。
今回ご紹介するのは、この診断メーカーを使って作られたゲーム「ゾンビサバイバル」です。

単なるおみくじ? いいえ、練りこまれたゲームです!

診断メーカーは、名前を入力して「診断する」のボタンを押すと「山田さんを動物に例えるとライオン!」といった鑑定・診断や「今日の山田さんは大吉!」といった占いを作るためのサービスです。
この出力結果は、設定で「同じ名前ならいつも同じ結果が出る」「日替わりで出力結果が変わる」から選ぶことができ、前者なら鑑定・診断を作るのに向いていて、後者ならおみくじ・占いを作るのにピッタリ。
ここで占い結果ではなく「プレイヤーの行動とその結果」を出力したのが、ゾンビサバイバルなのです。

もちろんゲームですから「クリア」に相当するゴールも存在しています。
「ランダムに行動と結果を表示するだけのおみくじなら、一発でゴールしちゃうことがあるんじゃないの?」そう思いましたか? わたしも最初はそう思いました。
しかしこのゲームの目的は、単純なゴール地点への到達だけではありません。
ゴール地点から街を脱出する「エンディング」にたどり着くためのフラグがいくつか必要なのです。
フラグを手に入れるまでランダムの結果出力を繰り返し、さらにその後にゴールに着くまでまたランダムの結果出力を繰り返す…… 日数をかけて、街をさまよう必要があるということ。
ラッキーなだけの出目でクリアはできません。

ゲームブックを思い出させる仕様

昔「ゲームブック」という本が流行した時代がありました。
小説のように物語を読み進めていくと途中で分岐があり、行動を選んで指定された番号にジャンプして続きを読むという、アドベンチャーゲームをアナログ化したものです。
文中でさまざまなトラブルが発生し、ときにはサイコロを使ったモンスターとの戦闘もあり、自分自身のパラメーターや所持アイテムは用意されたシートに記入しながら進めます。
ゾンビサバイバルは、このゲームブックの進め方を思い出さずにはいられません。
自分の体力数値があり、手持ちの食糧があり、そして行動結果にしたがって体力の数値を変動させ、所持アイテムを書き加えたり削除したり……。
ゲームブックとゾンビサバイバルが違う点は、「行動を自分で選ぶ」か「ランダムに決まってしまう」かの点のみです。

ゴルフのような紳士のゲーム

突然ですが、ゴルフは「紳士のスポーツ」と呼ばれているそうです。
それは、紳士の国イギリスが発祥だからとも言われていますが、プレイヤー本人が自分のスコアをつけていくことが当然とされている風潮からくる部分が大きいでしょう。
スコアを自己申告するということは、ズルをしようと思えばいくらでもできるということ。
プレイヤー全員が正しく申告しなければゲームは成り立たない場で、それを見張って取り締まる審判は存在しません。
すべて自己責任の世界、それがゴルフなのです。

ゾンビサバイバルのパラメーター記録も同様です。
ズルをしてもバレないであろうという環境のなかで、どんなに不利な状況でもそれを受け入れ、正確に反映させてゲームを進めていく。
この「紳士の振る舞い」ができなければ、ゾンビサバイバルの世界を本当に楽しむことはできないのです。

Twitterアカウントがなくても遊べます!

play

診断メーカーはTwitterで有名なサービスですが、他サイトでの利用も可能です。
mixiつぶやき・はてなハイク・Facebookなど、ツイートボタンを含めて6カ所への投稿ボタンが用意されています。
また、診断結果が「コピペ用」枠に表示されるので、後述する仲間との助け合いは味わえませんが、究極的には「メモ帳で日々記録をつけて、ローカルでソロ攻略を目指す」といった遊び方も!
もちろん、ボタンの用意されていないSNSやブログなどでも利用可能です。

でもやっぱりTwitterで遊ぶのがおすすめ!

ゾンビサバイバルでは、仲間の助けを得られれば回避できる危機があります。
また、持ちきれなくなったアイテムを他人に受け渡したり、自分が持っているものと物々交換で欲しいものを手に入れるといったことも可能です。
そんな交流ができるのは、利用者の多いサイトならでは。
診断メーカーは他のサービスにも対応してはいますが、ツイートボタンが最も大きく表示されていることからもわかるように、Twitterでの利用が最も推奨されています。
ゾンビサバイバルもまた、Twitterでプレイする方が多いのです。

助けを求めるプレイヤーを見つけやすい仕様や、助け合いの活動が行われている点も、Twitterでのプレイを推奨したい要因のひとつです。
Twitterでゾンビサバイバルをプレイするにあたってチェックしておきたいのは、以下の4つ

1.ハッシュタグ「#ゾンビサバイバル」

診断結果をつぶやくときにつける、基本のハッシュタグです。
このタグを検索すると、他プレイヤーを容易に見つけることができます。
フォロワーが少なく、助けを求めても反応が得られない場合、このタグから仲間を見つけてみてはいかがですか?

2.リプライ専用アカウント「ゾンサバTimeline」

「ツイート主をフォローしていても、リプライ先のアカウントをフォローしていなければつぶやきがタイムラインに表示されない」というTwitterの仕様を利用したものです。
Twitterを日常的に利用していて「フォロワーにゾンビサバイバルのプレイログを見せ、そのタイムラインを無駄に流してしまうのは申し訳ない」という方は、このアカウントに向かってリプライするかたちでつぶやきましょう。

【ゾンサバTimeline】
https://twitter.com/ZS_tl

3.ハッシュタグ「#ZS命の輪」

助け合いを目的とした連盟活動の目印となるハッシュタグです。
自分が助けて欲しいときにはこのタグをつけてつぶやきましょう。
一方的な助けを要求するばかりではなく、タグを検索して手を差し伸べ名前のとおり命をつないでいく輪の一員になれば、ゲームの世界も広がりそうです。

【ゾンビサバイバル『命の輪』解説】
http://togetter.com/li/334544

4.ハッシュタグ「#ゾンサバHELP」

ゾンビサバイバルのゲーム内で、募集を行うためのハッシュタグです。
持ちきれないアイテムを入手してしまった場合、通常ならばどれかを捨てていかなければいけません。
その捨てられるはずのもったいないアイテムを「これ欲しい人いませんか~?」とできる場が、このハッシュタグ。
この世界では通貨がなく、必然的に手持ちの食糧を取引に使うケースが多いようです。

■ゾンビサバイバル! あなたは何日生き残れるか!?:https://shindanmaker.com/235938

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket